に投稿

シャキネバ、オクラたけのこひき肉丼。【まゆげごはん】

まゆげ凛々しめの人が作るから、まゆげごはん。
料理歴20年。作るのも食べるのも楽しく、そして、美味しく。そんな献立のヒントになれば嬉しいです。

一年中スーパーに並んでいるイメージのあるオクラですが、旬は夏です。
オクラのネバネバは水溶性の食物繊維だそうで、腸に良いとのこと。夏バテなどで弱った時にはぴったりです。その時期にはその時期にあった野菜ができる。旬には旬なりの意味があるんですね。

材料

2人分の材料です。

  • オクラ:4〜5本
  • たけのこ(水煮):1/2本分
  • 玉ねぎ:1/2個
  • えのき:1/2束
  • 生姜:1片
  • 合いびき肉:50g
  • ごま油:小さじ1
  • 塩こしょう:適量
  • ご飯:お茶碗2〜3杯分

作り方

1.オクラを触って、少し硬いと感じたら湯通しします。

スーパーに売っているものならば、このあと炒めるので湯通しはほとんど必要ありません。家庭菜園などで大きく育ってしまったものなどは湯通しすると食べやすくなります。

オクラと言うと「板ずり」と言う塩をまぶしてまな板で転がしてうぶ毛を取る作業が有名かもしれませんが気にならなければ必要ありません。

2.(湯通し後は粗熱をとって)オクラは輪切り、たけのこは千切り、玉ねぎは串切り、えのきはざく切り、生姜は細千切りまたはみじん切りに、それぞれします。
3.ごま油を熱したフライパンに合いびき肉を入れ、ほぐすように炒めます。
4.合いびき肉の油が出たら、玉ねぎを入れなじませるように炒めます。
5.玉ねぎの色が透明になってきたら、たけのこ・えのきと入れていきます。
6.全部がなじんだ頃にオクラを入れ、塩コショウで味を整えます。

オクラは色がくすんでしまいますので長く炒めないほうが良いです。生でも食べられる食材ですので、ふたをして予熱で柔らかくするイメージです。

盛り付け

  • ご飯を器の半分に盛ります。
  • もう半分に炒めた物を乗せます。

盛る時には砂浜を思い浮かべるといいかもしれません。ご飯の砂浜、炒め物の海。ご飯がゆるく傾斜していて、そこに炒め物を乗せる感じです。そうすると、ボリュームが多く見えますし、安定して盛りやすくなりますよ。

  • 今回はご飯にあおさを少しかけています。
  • 酢の物やピクルスなどがあれば添えます。

完成!

プラスアルファで納豆を加えてもいいですね。味付けは納豆のタレに少し酢を加えてください。一緒に炒めるのではなく、乗せます。半分食べた頃に豪快に混ぜて食べると、酢でサッパリとした味に変わります。納豆にも食物繊維が含まれていますから、ダブルネバネバでさらに腸にいいですね。

おまけ

最後にちょっとしたオクラ雑学です。オクラは、英語で”okra”と書きます。実は「オクラ」は英語なんですね。和名は「陸蓮根(おかれんこん)」「(アメリカ)ネリ」だそうで、逆に聞いたことがあまりないですね。オクラは馴染み深いので日本の野菜かと思いきや、原産はアフリカなんです。そりゃ、暑い時期に食べるといいわけです。

それでは、ごちそうさまゆげ!

に投稿

イワシと酢飯、簡単ちらし。【まゆげごはん】

まゆげ凛々しめの人が作るから、まゆげごはん。
料理歴20年。日々の暮らしがちょっと楽しく楽になるような、そんな献立のヒントになれば嬉しいです。

そろそろ旬で美味しくなり、値段もお手頃なイワシを使ったレシピです。
魚料理は面倒なイメージがありますが、今回は簡単な方法でやってみましょう。

材料

2人分の材料です。

  • ご飯:お茶碗2〜3杯分
  • イワシ:2~3尾
  • お湯:適量
  • お酒:少々
  • 枝豆:25~30粒(10さや程度)今回は冷凍を使いました。
  • お好きなピクルス:適量
  • 大葉:1~2枚
  • 白ごま:適量

◯すし酢

  • リンゴ酢:大さじ2
  • 砂糖:小さじ1
  • 塩:小さじ1/2

作り方

1.イワシの頭と尻尾を切り落として、ぶつ切りにします。
2.イワシの腹側を包丁で切り、内臓を取ります。

内臓を取る時は骨に気をつけてください。スプーンを使うと取りやすいです。

3.お湯を沸かしてお酒を入れ、イワシを入れます。
4.3分くらいするとまた温度が上がってきますので、沸騰する直前で火を止めて2分ほど放置します。

3・4の工程がいわゆる「湯煮(ゆに)」といわれるものです。フライパンや片手鍋でかまいません。グツグツ煮るのではなく、ゆっくり火を通すイメージです。お酒で臭みが取れて、食感がふわふわになります。これにポン酢をかけるだけでも立派な料理になりますね。

5.イワシはお湯からあげたら、キッチンペーパーなどでしっかり水気を取ります。
6.耐熱カップにリンゴ酢・砂糖・塩を入れてよく混ぜて、レンジで30秒熱し、すし酢を作ります。
7.ご飯に6で作ったすし酢をかけよく混ぜ、ふきんなどをかぶせて粗熱を取ります。

盛り付け

  • まず酢飯を盛ります。
  • 解凍した枝豆と適当な大きさに切ったピクルスを盛り付けます。

枝豆のかわりに、ブロッコリーやパプリカなども使えます。ピクルスはお好みで。今回は黒豆のピクルスと、カリフラワーのピクルスを使いました。

  • 中央にイワシを盛ります。
  • みじん切りにした大葉、白ごまの順にふりかけます。

完成!

一般的なちらし寿司とはなんとなく違いますが、酢飯を敷いて具をちらしていますからこれも立派な?ちらし寿司です。イワシはとくに味付けをしていませんが、酢飯やピクルスと食べると丁度いいと思います。塩気が足りない場合は調節してください。

おまけ

生のイワシで新鮮なものが手に入らなかったり、イワシの湯煮は少し面倒だなと思ったら缶詰のイワシのかば焼きを使うのもいいですよ。甘辛のかば焼きのたれにさっぱり酢飯も合います。すし酢がおいしく作れるかなと少し不安ならば、お酢にピクルス液を少し足してレンジでチンすると大きく失敗はしません。

と、いうことは…?

冷凍ご飯と、イワシやサバの缶詰、ピクルスがあればこの料理をアレンジしたものがすぐ作れます。
ピクルスもピクルス液も一緒に、レンジで温めたごはんと混ぜます。そこに缶詰のお魚を乗せて、ゴマをパラパラ。10分もあれば完成です。忙しい時には簡単にできる方法で、時間や手間をかける余裕があったらじっくりていねいに。自分の体調などと相談して、うまく使い分けてみてください。

それでは、ごちそうさまゆげ!

に投稿

スッパ甘辛い、手羽元のサッパリ煮。【まゆげごはん】

まゆげごはん_手羽元

まゆげ凛々しめの人が作るから、まゆげごはん。
料理歴20年。楽しく美味しく、料理をエンジョイできるような。そんな献立のヒントになれば嬉しいです。

お酢を使った簡単な料理を紹介します。
蒸し暑くてジメジメしたこの時期、サッパリしたものなら食べやすいかもしれません。

工程は至ってシンプル。お酢で材料を煮ていきます。
今回は夏に向けてスタミナがつくように、にんにくも使ってみました。

材料

2人分の材料です。

  • ご飯:お茶碗2〜3杯分
  • 手羽元:6本程度
  • 玉ねぎ:1個
  • にんにく:8片
  • グリーンピース:適量
  • しょうが:少々
  • コーン:適量
  • 酢:200cc
  • 醤油:50cc
  • 水:100cc
  • 砂糖:大さじ2
  • サラダ油:適量

作り方

1.手羽元をササッと水に流してよく水気を拭き取ります。
2.玉ねぎを串切りに、にんにくは皮をむきます。
3.熱したフライパンにサラダ油を入れ、玉ねぎとにんにくを軽く炒めます。

香ばしさを出したい場合はここで手羽元をフライパンで少し焼きます。焼くと味がしみにくいので焼いたあとに竹串で何ヶ所か刺します。

4.玉ねぎがなじんできたら、酢・醤油・水・砂糖を入れて軽くかき混ぜます。
5.しょうがを入れて落としぶたをして煮ていきます。

しょうがは臭みを消すために入れます。千切りでもみじん切りでもいいです。チューブのものでもかまいません。我が家では臭み消しに使うしょうがは皮を厚めにむいてみじん切りにして、お茶パックに入れて使っています。

6.はじめは強火で。煮立ってきたら中火にしてコトコトと煮ていきます。
7.20分ほどで煮汁が半分くらいになるので、火を消します。

熱がさめていく過程で味はしみていきます。乾燥しないため落としぶたをしたまま放置して、食べる直前に温めると美味しいです。

盛り付け

  • 丼の半分にご飯を盛る

ご飯は盛り付ける直前にコーンと和えます。はじめからコーンの炊き込みご飯でもいいですし、いつもどおり炊いたご飯に冷凍コーンを混ぜてもいいですね。

  • 具をもう半分に盛る

手羽元は盛り付けにくいです。崩れないように1本を下に置き、土台にするとうまくいきます。ちょっとパズルみたいですけれど。

  • グリーンピースを具にパラパラと盛り付けます。

今回はグリーンピースですが、茹でブロッコリーやインゲンなど緑の野菜があると彩り良くなります。


完成!

甘辛くてご飯に合いますし、お酢でサッパリとして食も進みます。にんにくは煮込むとじゃがいものような食感になって面白いですね。
30分ほどで完成する割には「ザ・料理」という感じで料理をしたという気になります。こういう小さな達成感は大事ですよね。モチベーションになります。

おまけ

煮汁は盛りつけした後に具の上からかけて食べるのが普通ですが、もし残ってしまったりしたら炊き込みご飯の素として使っても美味しいですよ。手羽元のエキスが出ていますから、捨てたらもったいないですよね。刻んだ油揚げなんかと炊き込んで、おにぎりにして次の日のランチにいかがでしょう。

それでは、ごちそうさまゆげ!

に投稿

ちょっとでタイ風、野菜ひき肉丼。【まゆげごはん】

まゆげ凛々しめの人が作るから、まゆげごはん。
料理歴20年。楽しく作って、美味しく食べたい。毎日が楽しめる献立のヒントになれば嬉しいです。

今回はタイ風野菜ひき肉丼をご紹介します。
いつもどおりも美味しいけれど、調味料を少し変えてエスニック風にしてみましょう。

緑の葉物野菜、にんじん、あとはかさ増しのもやしを入れてひき肉と炒めます。
普段作っている野菜ひき肉炒めです。
でも、塩こしょうをナンプラーにするだけで印象がガラッと変わるんですよ。


材料

2人分の材料です。

  • ご飯:お茶碗2〜3杯分
  • 玉ねぎ:1/2個
  • 小松菜:1束
  • ぶなしめじ:1/4袋
  • にんじん:1/4本
  • あまってた野菜:ちょこちょこ
  • 合い挽肉:50g
  • サラダ油:小さじ1
  • ナンプラー:小さじ2
  • 卵黄:2個

作り方

1.玉ねぎ、小松菜、にんじん、ぶなしめじはだいたい同じ大きさに切っておく
2.フライパンにサラダ油を少しひいて熱したら玉ねぎを入れて炒める
3.ひき肉を入れてほぐすように炒める

木ベラがあったら先のとがったところで軽くほぐすとうまくいきます。

4.にんじんを入れて炒める
5.玉ねぎが少し透明になってきた頃に小松菜とぶなしめじを入れて炒める
6.ナンプラーを加えて混ぜる

フライパンを軽くあおる感じで大丈夫です。

7.ナンプラーと油がなじんだくらい炒めたら火を止めてフタをする

玉ねぎとにんじんは火をきちんと通したいから先に、小松菜とぶなしめじは後から入れて予熱で火を通します。もちろんお好みで調節して大丈夫です。

盛り付け

  • 丼の半分にご飯を盛る
  • 具をもう半分に盛る
  • 具に卵黄を乗せる

卵黄を乗せるところはスプーンを押し付けて凹みをつけると乗っかりやすいです。

  • ピクルスや野菜などをサイドに盛る
  • 写真は酢漬け黒豆、小鉢はトマト

完成!

自炊しているといつも同じ味になっちゃうなぁと言うときもあります。その人の味のくせみたいなものもあるし、むしろそれが個性なんですけれど。少し飽きを感じたら調味料のバリエーションをもっておくと便利です。

ナンプラーの他にも、ドライバジルやカレー粉など、ちょっと調味料を変えるだけで別の国の料理みたいになることもあります。最近は色んな調味料が手軽に手に入るようになったのでこれを使うとどんな味になるだろうと想像してみるのも楽しいですね。

ごちそうさまゆげ!

に投稿

ちょっと元気を、オムライス。【まゆげごはん】

まゆげ凛々しめの人が作るから、まゆげごはん。
料理歴20年。「楽しく美味しく食べたいし、楽しく美味しく食べてもらいたい」をモットーに料理を作っています。日々の献立のヒントになれば嬉しいです。


すこし疲れたからスタミナをつけたい。でもお肉ガッツリな気分じゃない。
そういう時にぴったりなご飯を紹介します。

ひき肉とにんにくの芽でスタミナ補充。
ひき肉が野菜とよく馴染めばお肉をたくさん食べたような満足感を得られます。


材料

2人分の材料です。

◯ ケチャップライス

  • ご飯:お茶碗2〜3杯
  • ケチャップ:大さじ2

◯ オム部分

  • 卵:3個
  • サラダ油:大さじ3

◯ 具

  • 玉ねぎ:1/2
  • にんにくの芽:2〜3本
  • ぶなしめじ:1/4
  • あまってた野菜:ちょこちょこ
  • 豚ひき肉:50g
  • サラダ油:小さじ1
  • 塩こしょう:適量

作り方

まずは具を、次にケチャップライスを作って、最後にオム部分を作ります。

1.玉ねぎ、にんにくの芽、ぶなしめじはだいたい同じ大きさに切っておく
2.フライパンにサラダ油を少き、熱した後玉ねぎを入れて炒める
3.ひき肉を入れてほぐすように炒める

ひき肉は、木べらがあったら先のとがった方を使うとほぐしやすいです。

4.玉ねぎが少し透明になってきた頃ににんにくの芽とぶなしめじを入れて炒める
5.油がなじんだくらい炒めたら火を止めてフタをする

このあとにケチャップライスや卵を作るので、その間に予熱で完成するつもりで、そんなに炒めてなくても大丈夫です。

6.ご飯にケチャップを混ぜる

炒めた方が好きな方はそれもよしです。

7.卵をよく溶いておく
8.多めのサラダ油をフライパンで熱する
9.十分にフライパンが熱くなったら卵を入れてすぐにかき混ぜる

スクランブル!と言いながらかき混ぜると美味しくできます。

盛り付け

  • ケチャップライス・オム部分・具の順に盛る

段々丸が小さくなるように盛り付けます。赤・黄・緑がそろうときれいです。

  • ピクルスやサラダなどをサイドに盛る

写真は茹でたカリフラワーとりんごと酢漬け黒豆をマヨネーズにからめたものです。


完成!

ふわふわ卵にケチャップの酸味とご飯の甘味、幸せの相性です。子どもの頃の休みの日の昼ごはんを思い出します。そう、オムライスはランチのイメージがありますが、一緒に食べる具や付け合せでちゃんと夕ご飯にもなります。

ごちそうさまゆげ!