に投稿

パクチーたっぷり!エスニックまぜそば【簡単レシピ|まゆげごはん】

パクチーませそば

まゆげ凛々しめの人が作るから、まゆげごはん。
料理歴20年。楽しく作って、美味しく食べたい。毎日が楽しめる献立のヒントになれば嬉しいです。

今回は“おうちで旅気分”になるレシピをご紹介。手軽な焼きそば麺を使って、ナンプラーとたっぷりのパクチーで東南アジア風に味付けしたまぜそばを作ります。のせる具材はさつま揚げ。意外に感じるかもしれませんが、魚のすり身で作られたさつま揚げは魚醤(魚を発酵させた調味料)のナンプラーと相性抜群です。

材料(2〜3人分)

  • 焼きそば用蒸し麺:2袋
  • さつま揚げ:4枚(1枚25g程度として)
  • 玉ねぎ:1/2個
  • にんじん:1/2本
  • パクチー:2〜3束(お好きなだけ)
  • にんにく:2〜3片
  • しょうが:1片程度
  • ナンプラー:大さじ1
  • ごま油:適量
  • 塩:少々
  • コショウ:少々
  • すりごま:適量
  • 水:適量

下準備

1.にんじん・玉ねぎの皮をむく。
2.さつま揚げとにんじんはやや細めの千切り・玉ねぎは細めのくし切りにする。

具材を細めに揃えておくと、まぜた時に麺とよく絡みます。
具材に食べごたえが欲しい場合は、大きめに切るとよいです。

3.にんにく・しょうがはみじん切りにする。
4.パクチーは茎と葉に分け、茎をみじん切りにする。
5.ナンプラーに同量の水を加えておく。

具材の調理

1.フライパンにごま油をひきにんにく・しょうがを炒め、 玉ねぎを加えて炒める 。

2.1に油がなじんだらさつま揚げとにんじんを加えて炒める。
3.水を加えたナンプラーを回し入れ、全体に行き渡るように混ぜながら炒める。

ナンプラーは味が濃いため、水で薄めて回し入れることで味の偏りが出ないようにします。

麺の調理

1.蒸し麺は袋に入ったまま600Wのレンジで30秒程度加熱する。

レンジで加熱しておくと麺がほぐれやすくなり調理しやすいです。

2.フライパンにごま油をひき、麺を炒める。
3.スプーン1杯分の水を入れ、フライパンにフタをして蒸し焼きにする。

蒸し焼きにする時間はお好みで。やや長めにして麺に少し焦げ目がつけても美味しいです。

4.パクチーの茎を加えサッと混ぜ合わせて火を止める。

盛り付け

1.麺を皿に盛り、炒めた具材をのせる。
2.パクチーの葉を盛る。
3.お好みですりごまをちらします。

食べるときは麺と具材を 思いっきり混ぜるのがおすすめですが、徐々に混ぜながら味の変化を楽しむのもいいですね。

さつま揚げは煮物やおでんなど和食に使うイメージがありますが、アレンジ次第でエスニックにも使えます。さつま揚げのほかにも、かまぼこやはんぺん、じゃこ天など魚のすり身はナンプラーに合うのでぜひ試してみてください。

それでは、ごちそうさまゆげ!