に投稿

【初期〜中期離乳食レシピ】バナナときな粉のパンがゆ

バナナときな粉のパンがゆ

バナナは食物繊維が豊富で糖質もしっかり摂れるため、子どもが大好きな食材のひとつです。
甘くて栄養豊富なバナナとパンを使った離乳食をご紹介します。

<初期〜中期離乳食>バナナときな粉のパンがゆ

材料(1人分)

  • 食パン(サンドイッチ用):1/6枚
  • バナナ:10g
  • 牛乳:10cc
  • きな粉:少々

作り方

  1. 食パンは小さく切り、温めた牛乳で溶かす。
  2. バナナをすりつぶし①に混ぜる。
  3. ②を器に盛り付けてきな粉を少量振りかけて完成!

きな粉にも食物繊維やタンパク質が含まれていて、バナナとの相性もばつぐん!
おいしくて栄養たっぷりなのでぜひお試しください。

に投稿

【初期離乳食レシピ】かぼちゃと豆腐のトロトロうどん

かぼちゃと豆腐のトロトロうどん

かぼちゃはビタミンが豊富な緑黄色野菜です。甘くて口当たりも優しいので赤ちゃんが大好きな食材です。

離乳食を始めたばかりの赤ちゃんがおいしく食べてくれること間違いなしの、かぼちゃを使ったうどんレシピをご紹介します。

<初期離乳食> かぼちゃと豆腐のトロトロうどん

材料(1人分)

  • かぼちゃ:15g
  • うどん(ゆでうどん):15g
  • 豆腐:15g
  • だし汁:15cc

作り方

  1. かぼちゃは皮をむき柔らかく蒸して潰しておく。
  2. うどんを電子レンジで1分温め、0.5㎝大に細かくしておく。
  3. だし汁を温め、かぼちゃ・豆腐・うどんをくたくたになるまで煮る。
  4. ③を滑らかに潰して、器に盛り付けたら完成!

離乳食を始めたばかりの時期は手探りだと思いますが、
赤ちゃん人気の高い食材を使っていっぱい食べてもらいましょう!

に投稿

【中期離乳食レシピ】レバーと野菜煮・ベビーフードアレンジ

中期離乳食レシピ_レバーとじゃがいものトマト煮

レバーは離乳食期に不足しやすい鉄分が豊富に含まれています。
またレバーに含まれる鉄分は動物性の鉄分のため、体にとても吸収されやすいです。

子どもに食べさせたい食材ではありますが、クセが強く処理も面倒…と敬遠している方もいるのではないでしょうか。そんな時はお手軽にベビーフードに頼ってしまいましょう!

野菜と一緒に調理することで栄養価もアップし、ベビーフードには無い食感を出すこともできます。

今回ご紹介するレシピはとても食べやすいので、お子さまもたくさん食べてくれますよ。

<中期離乳食>レバーと野菜煮・ベビーフードアレンジ

材料(1人分)

  • 「鶏レバーと緑黄色野菜」(ベビーフード):1包
  • じゃがいも:10g
  • トマト:10g

※今回は和光堂さんの「鶏レバーと緑黄色野菜」を使用しました。

作り方

  1. レバーのベビーフードを水で溶かす。
  2. じゃがいもは0.5㎝角に切って水にさらし、柔らかくなるまで茹でる。
  3. トマトは皮と種を取り除き、サッと茹でる。
  4. ①~③を混ぜ、器に盛り付けて完成!

処理が難しいレバーもベビーフードを利用することで手軽に献立入りできますね。
ベビーフードも上手に活用しながら離乳食も乗り切りましょう!

に投稿

【初期離乳食レシピ】人参とさつまいものとろとろポタージュ

離乳食レシピ_にんじんのポタージュ

人参はビタミンA、Bがたっぷり含まれています。とくに不足しがちなビタミンBを多く含むので、子どもに食べさせたい食材です。

茹でたりすり下ろしたりすると、茹でたお湯に栄養が流れてしまったり、人参の細胞が壊れて効率よく栄養が摂れなくなってしまったりします。

効率よく人参の栄養を生かすためには蒸すのが一番です。
少し手間ではありますが、甘みも凝縮されるため子どももおやつ感覚でたくさん食べてくれますよ。

<初期離乳食>人参とさつまいものとろとろポタージュ

材料(1人分)

  • 人参:10g
  • さつまいも:10g
  • 豆乳:10cc

作り方

  1. 人参とさつまいもは柔らかく蒸して、なめらかになるまで潰す。
  2. 豆乳と①を鍋にかけてひと煮立ちさせて完成!

人参の栄養をたっぷり摂れて、自然の甘さが優しいポタージュ。
ぜひお試しください。

に投稿

【後期離乳食レシピ】かぼちゃのおやき

後期離乳食レシピ_かぼちゃのおやき

子どもが食べやすく、大人も一緒に食べられるおやき。
おやきは様々な野菜を使って、バリエーション豊富に簡単に作れるのでおすすめです。

今回はかぼちゃを使ったおやきのレシピをご紹介します。

かぼちゃのおやき

材料(1人分)

  • かぼちゃ:70g
  • 小麦粉:100g
  • 豆乳 :50cc(様子を見ながら加える)
  • 砂糖:5g
  • 黒ゴマ:5g
  • プロセスチーズ:15g

作り方

  1. 皮をむいたかぼちゃを蒸して柔らかくし、なめらかになるまで潰す。
  2. ①に豆乳を少しずつ加え混ぜ合わせる。
  3. ②に小麦粉、砂糖を入れさっくりと粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
  4. ③に黒ゴマと0.5㎝角に切ったプロセスチーズを②に混ぜる。
  5. 少量のサラダ油を引いたフライパンで、両面を焼く。
  6. 食べやすい大きさに切り分けて完成。

大人はメイプルシロップをかけてもおいしいですよ。

いかがでしたか?
シンプルな材料と工程でとってもおいしく出来上がります。
ぜひ様々な材料で試してくださいね。

に投稿

【中期離乳食レシピ】ヨーグルトとりんごのコンポート

中期離乳食レシピ_ヨーグルトとりんごのコンポート

ヨーグルトはタンパク質とカルシウムが豊富で整腸作用もあるため、 子どもに食べさせたい食材のひとつです。

今回は、デザート感覚で食べられるさっぱりとしたレシピをご紹介します。

<中期離乳食>ヨーグルトとりんごのコンポート

材料(1人分)

  • プレーンヨーグルト:10g
  • りんご:15g

作り方

  1. ヨーグルトを水切りしておく。
  2. りんごを1cm角に切り、大さじ1杯の水と一緒に耐熱のお皿に入れ、ラップをして柔らかくなるまでレンジで温める。
  3. ②のりんごを盛り付け、①のヨーグルトを添えて完成!

おいしくて体にいい、良いこと尽くしのヨーグルト。
シンプルで簡単に作れるのでぜひ試してくださいね。

に投稿

【中期離乳食レシピ】ツナとトマトのリゾット風うどん

うどんを使った中期離乳食レシピ

うどんは離乳食にとって欠かせない、子どもの大好きな食材のひとつです。
生麺、乾麺それぞれにいいところがあり、その長所を用途によって使い分けられると調理がとても楽になります。

・生麺…すぐに柔らかくなるため、煮込み料理や低月齢におすすめ。
・乾麺…ぽきぽき折れるため、食べやすい大きさにカットしやすい。

今回は生麺を使った離乳食レシピをご紹介します。

<中期離乳食>ツナとトマトのうどんリゾット風

材料(1人分)

  • ツナ缶(水煮):5g
  • ブロッコリー:10g
  • トマト(水煮缶カットタイプ):10g
  • うどん(ゆでうどん) 1/4玉 :45g
  • だし汁 :50cc
  • 粉チーズ :5g

作り方

  1. うどんを茹でてからみじん切りにする。
  2. ブロッコリーをみじん切りにする。
  3. だし汁を鍋に入れ煮立たせ、ツナ缶をほぐし入れる。
  4. ブロッコリーとトマト缶、うどんをくたくたになるまで煮る。
  5. 盛り付け時に粉チーズをふりかけて完成!

ツナや野菜も入って、栄養もばっちり!
リゾット風にトロトロに仕上げているのでお子さまも食べやすいですね。

に投稿

【後期離乳食レシピ】トマトを使ったデザートレシピ

トマトを使った後期離乳食レシピ

トマトは緑黄色野菜で、免疫力を整えるビタミンCやβ-カロテン、丈夫な骨や歯を作るためのカルシウム等、 お子さまの成長に必要な栄養素が含まれています。

また、トマトが最も美味しい旬の季節は春から初夏と言われています。
旬で美味しいことに加え、トマトは抗酸化作用のあるリコピンを含んでいるので、紫外線が強くなってくる今の時期にオススメの食材です。

<後期離乳食>トマトシャーベット

後期離乳食レシピ_トマトシャーベット

材料 (大人1人 、子ども1人分)

  • トマト:中1個(約130g)
  • りんごジュース:15cc

作り方

  1. トマトは湯剥きをして1cm角に切り、種を取りのぞき、冷凍する。
  2. ①をフードプロセッサーにかけ、りんごジュースを加えシャーベット状にして完成!

<後期離乳食>トマトクッキー

中期離乳食レシピ_トマトクッキー

材料(約6枚分)

  • トマト:20g
  • 小麦粉:50g
  • 牛乳:10cc
  • 砂糖:10g
  • オリーブオイル:適量

作り方

  1. トマトは皮と種を取り除き、1㎝角に切る。
  2. ①を100℃のオーブンで30分程乾燥させる。
  3. 小麦粉・砂糖・②・牛乳を加え混ぜ、硬さを見ながらオリーブオイルを足していく。
  4. ③を6等分にし、丸めて平らにする。
  5. 170℃で予熱したオーブンで15分加熱して完成!

トマトは苦手なお子さまも多いかもしれません。
おやつにすることでも食べやすくなるので、ぜひお試しください。

に投稿

【中期離乳食レシピ】初めての卵にぴったり、ポテたまご

初めての卵料理_MV

栄養満点の卵は離乳食でも人気ですが、アレルゲンを心配される方も多いのではないでしょうか。

卵は、黄身よりも白身にアレルゲンが多く含まれていると言われています。
まずは小さじ1の黄身からチャレンジをして、大丈夫であれば量を増やします。

月齢を見て体力がついてきたら、全卵をしっかり加熱をして少量ずつチャレンジするようにしましょう。

今回は、中期( 7~8ヶ月頃 )離乳食にぴったりの卵料理をご紹介します。

ポテたまご

材料(1人分)

  • ゆで卵:黄身の部分
  • じゃがいも: 大さじ1
  • だし汁 :小さじ1

作り方

  1. じゃがいもを蒸して柔らかくする。
  2. じゃがいもの皮を剥き、だし汁を合わせてつぶす。
  3. ゆで卵の黄身を茶こしにかけ裏ごしを行い、②にまぶして完成。

いかがでしたか?
簡単に作れるので、初めての卵料理に作ってみてくださいね。

に投稿

【後期離乳食レシピ】いちごミルク蒸しパン

離乳食レシピ_いちごミルク蒸しパン

今が旬のいちごを使った、春にぴったりの離乳食おやつレシピをご紹介します。

<後期離乳食>いちごミルク蒸しパン

材料(2個分)

  • いちご:3粒
  • 薄力粉:60g
  • ベーキングパウダー :2g
  • 砂糖:25g
  • 牛乳:25cc

作り方

  1. いちごをフォークで潰しペースト状にする。
  2. 薄力粉とベーキングパウダーをふるい、砂糖と①、牛乳を加えて混ぜる。
  3. 型に②を流し入れ、蒸し器で13分程蒸して完成!

かわいくてジューシーないちごは子どもにも大人気!
ふんわり柔らかい蒸しパンは、離乳食期の手作りおやつにおすすめです。

に投稿

【初期離乳食レシピ】春キャベツとポテトのトロトロ

離乳食レシピ_春キャベツとポテトのトロトロ

春のキャベツは水分が多く、色も鮮やかなので初期離乳食にとてもおすすめです。
また、旬の食材の栄養価はとても高いのでぜひお試しください。

春キャベツとポテトのトロトロ

材料(1人分)

  • 食パン:15g(6枚切りの食パン 1/6量 )
  • 春キャベツ:10g
  • じゃがいも :10g
  • 昆布だし :15g

作り方

  1. キャベツを柔らかく茹で、細かく刻み、裏ごしをする。
  2. キャベツにだし5gを加えなめらかにのばす。
  3. じゃがいもを柔らかく蒸して潰す。
  4. じゃがいにだし5gを加え食べやすくのばす。
  5. 食パンは細かくちぎり、温かくしただし5gを加え、とろとろになるまでのばす。
  6. 見た目が鮮やかになるように盛り付けて完成!

いかがでしたか?
旬のおいしい春キャベツで、栄養もたっぷり摂りましょう♪

KBCほいくえん大井町管理栄養士 岡島さん

この記事を書いてくれたのは

KBCほいくえん大井町 管理栄養士

岡島 万智(おかじま まち)さん

に投稿

赤ちゃんでも楽しめるバレンタインレシピ さつまいもトリュフ【離乳食中期~完了期】

子どもも楽しめるバレンタイン

もうすぐバレンタイン!
赤ちゃんも一緒に楽しめるバレンタイン離乳食レシピが栄養士の岡島さんから届きました。

さつまいもと粉ミルクを使った、安心でやさしいデザートです。
お子さまの月齢に合わせて、使用する材料を変えてください。

さつまいもトリュフ

材料(作りやすい分量)

  • さつまいも:50g
  • 粉ミルク : 大さじ1
  • ★(中期):きな粉5g
  • ☆(後期以上):純ココア5g
  • ☆(後期以上):砂糖1g

作り方

  1. さつまいもを蒸して、粉ミルクを入れて滑らかにする。
  2. ①を一口大に丸く丸めて、きな粉をまぶす。
  3. 後期は②ではなく、ココアと砂糖を混ぜて、一口大に丸めたさつまいもにまぶす。

いかがでしたか?
簡単でおいしいバレンタインレシシピ、ぜひ作ってみてくださいね。

KBCほいくえん大井町管理栄養士 岡島さん

この記事を書いてくれたのは

KBCほいくえん大井町 管理栄養士

岡島 万智(おかじま まち)さん