に投稿

【東急沿線のプラネタリウム特集vol.1】遊びも学びも大満喫!「世田谷区立教育センタープラネタリウム」

今回ご紹介する世田谷区立教育センタープラネタリウムは1988年にオープン、2010年にリニューアルされた教育施設です。平日は区立小学校・中学校等の教育の場として学習投影が行なわれており、休日は一般の方に向けたプログラムが上映されています。

プラネタリウムドームはバリアフリーになっており、車椅子での入場も可能。補聴支援システムも導入されているので、対応する補聴器をお持ちの方はどなたでもご利用になれます。こうした「やさしいつくり」も教育センタープラネタリウムの大きな魅力の一つですね。

そしてこちらの投影機はなんと世界最高クラス!1億4000万個もの星をドームいっぱいに映し出すことが可能なんです。肉眼では見ることのできない星たちが鮮明にキラキラと映し出される様子は圧巻ですよ。普段はぼんやりとしか見ることのできない天の川も、小さな星の集まりとして綺麗に見ることができます。

休日のプログラムは午前に子ども向けの番組、午後に一般向けの番組、そして月2回の特別投影が行なわれています。子ども向けの番組では当日の星空の様子や時季に合わせた星のお話を、一般向けの番組では天体現象の紹介や星や宇宙をテーマにしたものを、最新鋭のデジタル映像とダイナミックな音響でお楽しみいただけます。

夜に投影される特別なプログラムは大人の方にもお勧めです。一番人気の「星空CDコンサート」は満天の星を眺めながら音楽が聴けるというなんとも贅沢なプログラムなんです。

年に2回は生演奏を聴きながら星空を楽しめるコンサートも行われており、毎回楽しみにしている方々がたくさんいらっしゃるそう。こちらは曜日や時間帯が異なるので、気になる方はホームページをチェックしてみてくださいね。目も耳も心も満たされて大満足できること間違いなしです。

さて、プラネタリウムと言えば解説が気になるところですが、こちらのプログラムは専門の解説員さんが生解説をしてくれます。ドームいっぱいに広がる満天の星空とゆったりしたリクライニングのシート、そして穏やかで優しい解説員さんの声にすっかり癒されてしまいます。星っていいな。夜空っていいな。そんなことをゆるりと感じながら幸せな気持ちになってしまいました。

教育センターには世田谷区立中央図書館が併設されています。鑑賞後には気になった星のことを調べたり、お子さまと勉強できるのも教育センターならではの素晴らしさです。

「遊ぶ」だけではなく「学び」もしっかりと。
「学び」だけでなく「遊び」も存分に。

どちらも世界最高クラスのプラネタリウムで満喫してくださいね。

 


世田谷区立教育センタープラネタリウム

住所 東京都世田谷区世田谷4丁目21番27号
電話番号 03-3429-0780
URL 世田谷区立教育センタープラネタリウム WEBサイト
交通アクセス ■電車の場合
世田谷線 上町駅下車・徒歩10分
田園都市線 桜新町駅下車・徒歩10分

■バスの場合
弦巻営業所下車・徒歩1分
東急バス「渋05」系統(渋谷駅~弦巻営業所)
東急バス「黒07」系統(目黒駅~弦巻営業所)

※本記事の内容は公開時点での情報です。公開後の時間経過により名称や情報等が異なる可能性がございます。
あらかじめご了承ください。

 

に投稿

日本初!マイクロブタと触れ合える「mipig cafe」

動物と触れ合えるカフェは色々とありますが、今回は日本初となるマイクロブタカフェ「mipig cafe(マイピッグカフェ)」さんに行ってきました。

こちらはカフェでくつろぎながらブタさんと触れ合うことができるだけでなく、ブタさんを家族として迎えたい人の相談や引き渡しも行っています。
場所は目黒駅からバスで3つ目の停留所「元競馬場前」を降りてすぐそこ。 

マイクロブタというのは品種の名前ではなく40kg以下のブタさんを指します。
畜産用のブタが100kg以上なので、比べてみるとかなり小さなブタさんですね。

日本ではほとんど見かけないマイクロブタですが、イギリスではペットとして一般的になってきています。 

mipig cafe(マイピッグカフェ)

目黒通り沿いにある4階建ての建物の入り口に入ると、早速一匹のブタさんの姿が。
小さくてコロコロしていて可愛らしい!体長25cmほどの愛らしいブタさんです。

1階には受付と手洗い場がありますので、ブタさんと触れ合う前にしっかりと手を洗いましょう。
2階と4階がブタさんと触れ合えるスペースになります。スリッパを貸してくれるので、スリッパに履き替えたらそのままスペースに入ります。 

お出迎えしてくれたブタさんたちの印象は「なんて人懐っこいんだろう!」ということ。
筆者がお邪魔したときには4匹のブタさんがお出迎えしてくれたのですが、みんなが愛らしい姿で駆け寄ってきてくれました。

そしてあっという間に生後3ヶ月だというゴマちゃんが膝の上に乗ってくれ「ぼくも!ぼくも!」と他のブタさんたちも膝に乗りたがります。なんて愛らしいの! 

ブタさんはとても賢く、みんなトイレもしっかりと覚えていました。

匂いもなくキレイ好きで撫でてもらうことが大好きなようです。
お腹の下あたりを撫でてあげると、うっとりとした表情でごろんと横たわってくれました。

鳴き声は「ブー」ではなく「ぐっぐっ」といった感じ。 

ペットとしての愛らしさを知ってもらいたい

さて、広報の方にこのカフェが出来た経緯を聞いてみました。

元々は「マイクロブタを飼いたい」という創業メンバーの思いからスタートしたそうで、マイクロブタの発祥地であるイギリスまで足を運んだり、国内ファームを建設するためにクラウドファンディングを行ったりしたそうです。

無事に山梨県にファームを建設し運営するところまでは辿り着いたのですが、昨年(2018年)豚コレラの流行により、ファームは関係者以外立入禁止の厳戒体制に。当初はファームでのふれあいを予定していたのですが、形態を代えて目黒にカフェをオープンさせたそうです。

「小さなころからブタさんに触れ合うことで、ペットとしての可愛らしさを知ってもらいたい」との意向から、小学生以下は無料。まだ日本では食用のイメージが強いブタさんですが、直接触れ合うことで彼らの魅力を知る機会になると良いですね。 

無垢な目をした愛らしいブタさんたちと「ブタさんが健康で、幸せでいられるように」と目を細めてお話してくださったスタッフさんがとても印象的なカフェでした。

mipig cafe(マイピッグカフェ)

mipig cafe

mipig cafe(マイピッグカフェ)目黒店 外観

■住所
東京都目黒区目黒4-11-3

■URL
https://mipig.cafe/locations/meguro/

■アクセス
・東急目黒線 目黒駅から徒歩15分
・東急目黒線 目黒駅より東急バス「元競馬場前」徒歩1分

※本記事の内容は公開時点での情報です。公開後の時間経過により名称や情報等が異なる可能性がございます。
あらかじめご了承ください。

に投稿

レッサーパンダやペンギンも!無料で動物たちと過ごせる「夢見ヶ崎動物公園」

いよいよ秋の行楽シーズンがやってきましたね。
今回はそんな行楽シーズンにおすすめの夢見ヶ崎動物公園をご紹介します。

川崎駅からバスで20分、バス停を降りて10分程歩いたところにある夢見ヶ崎動物公園は、川崎市が運営している自然豊かな動物公園です。

小動物を中心に57種類の動物が飼育されており、なんと入園も駐車場も無料、年中無休です。
家族連れにはとっても嬉しいお出かけスポットですね。

ペットを連れての入園も可能なので、わんちゃんと一緒にお出かけするのも楽しそう。

夢見ヶ崎動物公園 入り口

最寄りのバス停からは上り坂。
ちょっとした運動を兼ねて登り切ると、緑豊かな動物公園の入り口に到着します。

この辺りは貴重な貝塚が発見されたり、大小さまざまな古墳が見つかるなど歴史の深い場所だそうです。
園内にはお寺や神社もあり、ソメイヨシノなど桜の木もたくさん植えられていました。
また加瀬山の山頂付近に位置しているので景色も良く、心地よい風が通り抜けます。

夢見ヶ崎動物公園 レッサーパンダ

さて、園内に入ってすぐのところには3頭のレッサーパンダがいます。
この日は暑かったからか、みんなガラス貼りの室内でお昼寝をしていました。

普段亜高山帯で暮らしているレッサーパンダはどうやら暑さが苦手のよう。
のんびり穏やかなお昼寝姿はいつまでも見ていられそうでした。

その先にはゆったりと草を食べているシマウマや、すいすいと気持ち良さそうに泳ぐペンギンがいます。

ペンギンは上から眺めることもできますが、大きな水槽の側面からも見られるようになっているので、タイミングが良ければ泳いでいるペンギンと一緒に写真が撮れるかもしれませんね。

他にもフラミンゴやプレーリードッグなど小動物を中心にかわいい動物たちがいます。

キツネザルがいるレムール舎には手描きの説明文もあり、イラストもとってもお上手。
飼育員さんたちの愛情がたっぷり伝わってくる作りになっていました。

園内は30分ほどで一回りできたので、ゆっくり回るなら一時間くらいでしょうか。
至る所にベンチがあるので休憩に困ることはなさそうです。

売店はありませんが、売店跡地前など園内4ヶ所に飲み物やアイスクリームなどの自動販売機がありました。一番奥には遊具もあるので、お弁当を持参して一日ゆっくりするのも良さそうですね。

この秋は動物たちと過ごす穏やかな一日を楽しんでみてくださいね。

夢見ヶ崎動物公園

■住所
川崎市幸区南加瀬1-2-1

■電話番号
044-588-4030

■ホームページ
夢見ヶ崎動物公園

■アクセス
<バスの場合>
JR「川崎駅」西口・しあわせひろばより乗車約20分、「夢見ヶ崎動物公園前」バス停から徒歩約7分

<電車の場合>
JR南武線 鹿島田駅 徒歩 約20分

ほか

※本記事の内容は公開時点での情報です。公開後の時間経過により名称や情報等が異なる可能性がございます。
あらかじめご了承ください。

に投稿

夏の終わりに!残暑を乗り切る田園都市線沿線のかき氷特集

暦の上では秋になりましたが、まだまだ蒸し暑い日が続きますね。今回はそんな残暑にぴったりのかき氷屋さんを3件ご紹介します。

柔らかな酸味が癖になる!「Knopf(クノップゥ)」のミルクバルサミコ

「Knopf(クノップゥ)」のミルクバルサミコ かき氷

1軒目はあざみ野駅から徒歩7分の場所にあるカフェ「Knopf(クノップゥ)」さんにお邪魔しました。ご夫婦で経営しているというこちらのお店は、ウッディで温かくほっこりとした雰囲気です。

旬のフルーツをたっぷり使ったかき氷は季節ごとに限定メニューとして提供されているそうで、秋には『シャインマスカットアールグレー』や『和栗』のかき氷も登場するそうですよ。毎年たくさんの方が楽しみにしているという人気のお品だそうです。

通年で提供されている定番メニューには「たっぷりミルク」や「ほうじ茶」などが並ぶ中、「ミルクバルサミコ」という珍しいかき氷が。
お話を伺うと、イタリア料理がお好きだという奥様が何種類ものバルサミコ酢で試作し、ようやく見つけたという有機バルサミコ酢を使用しているそうです。

お店で提供してみたところお客さんの反響が大きかったことから定番メニューへと昇格。
コクのあるミルクの上にかかったまろやかな酸味のバルサミコ酢がなんとも美味しく、ペロリといただいてしまいました。

癖になってしまう柔らかな酸味は、さっぱりした味が恋しくなるこの季節におすすめのお味です。

Knopf(クノップゥ)

■住所
横浜市青葉区あざみ野2丁目28-10 エステービル1F

■電話番号
045–532–9795

■URL
http://www.cafeknopf.com/

■アクセス
東急田園都市線 あざみ野駅から徒歩7分

ほくほくした紫芋がかき氷に!「和kitchenかんな」の濃厚紫いも牛乳

和kitchenかんな」の濃厚紫いも牛乳 かき氷

2件目に訪れたのは、世田谷公園に程近い「和kitchenかんな」さん。
三軒茶屋駅から12分ほど歩き、風情のある階段を二階へ上ると広々とした店内が広がっています。壁一面の大きな窓から射し込む光も心地良く、ゆったりとした作りで思わず長居してしまいそう。

こちらのかき氷は日光「松月氷室」の天然氷と48時間以上かけて作られた純氷の二種類から選ぶことができます。

メニューは「かんなの氷しるこ」といった和のものから、「ティラミス」「BC(マスカルポーネいちごミルキッシュヨーグルト)」など洋のものまで合わせて20種類ほど。どのお品も美味しそうで目移りしてしまいます。

そして今回いただいたのは沖縄の紅芋タルトをヒントに作られたという「濃厚紫いも牛乳」。

とろりとした紫色のソースは本格的なお料理を連想させる濃厚さで、紫芋の味が活かされたほっこり優しい甘さです。上に降りかかったカラフルなゴマのトッピングは、紫芋のほくほくした味わいに香ばしさを加えていて何とも素敵なアクセント。

最後まで美味しく食べられるようにかき氷の上層と下層で氷の削り方を変えているそうで、上はふわふわ、下はシャリシャリとした優しい口当たりでした。

和kitchenかんな

■住所
東京都世田谷区下馬2-43-11 COMS SHIMOUMA 2F

■電話番号
03-6453-2737

■URL
https://kanna-kakigori.jp/

■アクセス
東急田園都市線 三軒茶屋駅から徒歩12分

紅茶専門店の極上かき氷!「ティーハウスマユール宮崎台店」のタピオカミルクティー

「ティーハウスマユール宮崎台店」のタピオカミルクティー  かき氷

最後に向かったのは、宮崎台駅から徒歩3分の場所にある「ティーハウスマユール宮崎台店」さん。
こちらは厳選した一流の茶葉を販売している紅茶専門店です。

夏季は紅茶とかき氷を提供しているそうですが、ほとんどのお客さんはかき氷を注文されるそう。

常時メニューの半分は「ミルクティ」や「マサラチャイ」などこだわりの紅茶シロップを使用したもので、中でも「特選ダージリン」は最高のクオリティとなるファーストフラッシュ(春摘み茶)とセカンドフラッシュ(夏摘み茶)の茶葉を使用しているそうです。

紅茶シロップ以外にも季節限定のフルーツを使ったメニューもありますよ。

さて、今回筆者がいただいた「タピオカミルクティー」のかき氷は濃厚なミルクティのシロップにふんわりした食感の氷が何とも美味!別の器で提供されたタピオカは大きくてもちもちとした弾力があり、冷たいかき氷にトッピングすると極上の美味しさに。

お茶目で可愛らしい店主さんのお話も楽しく、幸せな時間を過ごさせていただきました。

ティーハウスマユール宮崎台店

■住所
神奈川県川崎市宮前区宮崎2-3-12 宮崎台ルビナス103

■電話番号
044-854-2430

■URL
http://www.mayoor-tea.com/

■アクセス
 東急田園都市線 宮崎台駅から徒歩2分

以上、ひんやり美味しいかき氷を食べて、残暑を軽やかに乗り切ってくださいね。

※本記事の内容は公開時点での情報です。公開後の時間経過により名称や情報等が異なる可能性がございます。
あらかじめご了承ください。