に投稿

七五三のあとにも楽しめる!千歳飴リメイクレシピ他(幼児食)

七五三にぴったりの離乳食レシピを、栄養士の岡島さんが教えてくれました。

「千歳飴」に込められた長寿の願い

  • 千歳飴の細長い形は、親が自らの子に末長く生きて欲しいという、長寿の願いの表れです。
  • 色は、縁起の良い紅白です。
  • 『寿』や『鶴亀』など縁起の良い図案が描かれた千歳飴袋に入っています。
  • 節分の豆と同じく年の数だけ袋に入れると良いとされています。

千歳飴は、子供に食べさせると共に、内祝いとして親戚・近隣などに贈って「福」を分ける習慣があります。

とは言え、千歳飴って一本食べきれない…
冷蔵庫にずっと余ってしまいがちな千歳飴を、おめでたくいただいてしまいましょう!


てまり寿司

材料(一人分)

  • きゅうり 1/4本
  • 卵 1/3個
  • 人参 10g
  • 干しシイタケ 1個
  • エビ 1尾
  • 白いりごま 少量
  • ☆お酢 5㏄
  • ☆塩 0.1g
  • ☆砂糖 5g
  • 白米 100g

作り方

  1. きゅうりは薄切りにして、塩もみしておく。
  2. 卵は、溶いてフライパンで薄焼きにする。
  3. 干しシイタケは、柔らかくなるまで水戻しをしておく。
  4. エビは、半分にスライスしゆでておく。
  5. ごはんは粗熱を取り、混ぜ合わせた☆の調味料を少しずつ加えながら切るように混ぜ、酢飯を作る。
  6. ⑤の酢飯を4等分にして丸く握る。
  7. 1つ目の⑤に薄切りにしたきゅうりを、お花の形に並べて握る。真ん中に人参を添える。
  8. 2つ目の⑤に薄焼きした卵をかぶせ、丸く握る。中心に写真のようにごまを添える。
  9. 3つ目に⑤に薄切りしたきゅうり、シイタケを写真のように並べ、中心にごまを添える。
  10. 4つ目の⑤に薄切りしたきゅうり、エビを写真のように並べ、中心にごまを添える。

コーンフレークから揚げ

材料(一人分)

  • 鶏肉 60g
  • 塩 0.1g
  • コーンフレーク 10g
  • ☆卵 1/2個
  • ☆牛乳 10cc
  • ☆片栗粉 5g
  • 揚げ油 適量

作り方

  1. 鶏肉に塩で味付けをする。
  2. ポリ袋に①と☆をいれ、揉みこむ。
  3. ②にコーンフレークをまぶし油で揚げる。

ふわふわかきたま汁

材料(一人分)

  • 卵 10g
  • 干しシイタケ1/2個
  • 三つ葉 5g
  • 豆腐 10g
  • だし汁 120㏄
  • ☆醤油 2㏄
  • ☆砂糖 0.5g
  • ☆みりん 2㏄
  • 片栗粉 適量

作り方

  1. 干しシイタケは、水でもどしてスライスしておく。
  2. 三つ葉はさっと茹でて、食べやすい大きさに切る。
  3. だし汁を沸かし、サイコロ大に切った豆腐をいれる。
  4. ③に☆を入れ味付けをし、味を調え片栗粉でとろみをつける。
  5. 器に④を盛り付け、三つ葉とシイタケを飾り付ける。

ちとせあめプリン(余った千歳飴のリメイク)

材料(小さいカップ4個分)

  • 牛乳 300ml
  • 千歳飴 30g
  • 粉寒天 2g
  • 白桃缶 適量

作り方

  1. 余った千歳飴をビニールに入れて、麺棒でたたく。
  2. 牛乳に粉寒天を入れ混ぜたら、火にかけ千歳飴と一緒に溶かす。
    沸騰してから1~2分ほどしたら火を止める。
  3. 甘味が足りない場合は砂糖を足す。
  4. カップにフルーツを入れ、③を流し冷やし固める。

お子さんの好きな食べ物でお祝いしてあげましょう

この記事を書いてくれたのは

KBCほいくえん大井町 管理栄養士

岡島 万智(おかじま まち)さん