に投稿

名前を考えるということ

「女の子なんだって?うわぁ、しゅとちゃんメロメロだろうなぁー。もう名前は考えたのー?」
「いや、まだ考えてないんだぁ。どーしょーかなぁ?」

そうだ。名前を考えなくちゃいけない。
名前は大事だもんな。どういった名前がいいかな?
かわいい名前がいいな。
といってもキラキラネームは嫌だしなぁ。
今まで娘の名前なんて考えたこともないんで、いざ考えてみると難しいもんだ。

個性が出てて、かわいくて呼びやすい名前。
僕の感覚的には漢字一文字がいいなぁと思ってる。

名前を決めるにあたって画数というものがネックだ。
気にしない人は気にしないらしいけど、僕はやっぱり気になるし、どうせなら画数がいい方がいい。

『首藤』という名字がまた珍しいので、僕なんか人に名前で呼ばれることはまずないんだけど、娘は名前で呼ばれるといいなぁという願望。
なので、ある程度のインパクトも大事。

いろいろと書き出してみて画数をみたり、名前検索サイトで読み仮名から漢字を調べたり。
まぁ大変だけど楽しい大仕事だ。

こうやって時間をかけて調べてると、僕の両親もこうやって考えたんだろうなぁと思ったりして、何かと感慨深い。
僕はまだまだだけど、こうやって少しずつ親になっていくんだろうな。

何日も名前を考えてると、脳内が名前検索モードになってるようだ。
ある時、ドラマを観ていて、「あっ!」という漢字が目の前に飛び込んできた。

急いで画数を数えて調べてみると、いい画数だ!
夜勤で働いている奥さんにこんな名前どうだろう?とメールを送る。
すぐに返信が来た。
「めっちゃいいじゃん!かわいい名前だしあんまり聞いたことないけど、しっくりくる!」
「おー!やっぱりそーか!なんかいいよな!」

妊婦検診で撮ったエコー写真を見返してみると、その名前がしっくりくるように見える。
よしよし、いーぞいーぞ。

そっか、豆太改め豆子改め、君の名前は
「首藤 駒(こま)だ!!」