に投稿

世田谷歴史ミステリー第2話〜世田谷区岡本の「たたりの森」の謎を追え!【前編】

最初に上の地図を見てほしい。世田谷区の砧公園のそばにある直線の道路が、まるで何かを避けるように、三角形の鋭いカーブを描いている。不自然に曲がったこのカーブができた理由は「たたりの森」が存在したからだという。

「たたり」とは、一体どういうことだろう。グーグルマップを見ると「岡本第六天社跡」という文字が書かれている。

たたり? 第六天社? 一体どういうことだろうか……。

一つひとつ謎を解いていくために、まずは聞きなれない「第六天社」について調べてみることにした。

江戸時代に大流行した第六天神社

第六天という文字を見て、最初に思い浮かんだのは、織田信長が言ったとされる「第六天魔王」という言葉だ。

これは仏教徒を焼き討ちした信長に対して、武田信玄が信長宛ての手紙で「天台座主 沙門 信玄」と大げさな肩書付きで書いてきたので、信長が、何言ってやがる!とばかりに「俺は第六天魔王だ!」と手紙で返した、というエピソードから来ている。

言葉の意味はよくわからんが、とにかくすごい自信だ、と思っていたけど、よく考えたら第六天魔王ってなんだ?

調べてみると「第六天とは仏教における天のうち、欲界の六欲天の最高位にある他化自在天をいう」とあった。

分からない言葉が多いが、どうやら仏教用語のようである。さらに調べた結果を踏まえて、分かったことを書いてみたいと思う。

まず仏教の天敵は、煩悩である。煩悩とは除夜の鐘の「108つの煩悩」で知られる人間の欲のことである。美味しいものが食べたい、眠いから今すぐ寝たい、今日は家でゴロゴロしたい、やることがあっても遊びたい、それらは全て煩悩である。

そうした煩悩の世界を抜けた「悟り」を目指すのが仏教だとすると、その対極である快楽や欲の世界のトップに君臨するのが「第六天魔王」なのである。

だからこそ信長は、信玄が仏教の偉い人だ、といった時に、煩悩の世界のトップである、第六天を持ち出したのだ。

葛飾北斎の『釈迦御一代図会』で仏法を滅ぼすために釈迦と仏弟子たちのもとへ来襲した第六天魔王

さて、そんな仏教の敵である第六天だが、仏門に入っていない庶民からしたらどうだろう。なんなら、第六天を神様にしたら、「ご飯をたらふく食べるのも神様のため、昼まで寝ているのも功徳だ」なんて言って、第六天を持ち出すことで、煩悩、欲の世界を堪能することができるのだ。

これが実は江戸時代に大流行したのだ。特に東日本を中心に流行ったそうだ。確かに江戸っ子が好きそうな宗教だ。ということで関東の色々なところに「第六天神社」(場所によっては第六天社という名称)というのものが存在したという。

だが、現在はほとんど残っていない。同じく江戸時代に爆発的に流行した稲荷神社が今も残っているのに、なぜ第六天神社は残っていないのか。

その原因となったのが、明治の神仏分離にある。それまでの日本は神社と仏様を同じように扱っていたが、本来は別の宗教である。それらを整理整頓する流れの中で、第六天神社は名称を改称する、あるいは他の神社に合祀や相殿、末社になる、といった形で吸収されてその数を減らしていった。

また、伝説では第六天は、男女に対して自由に交淫・受胎させることができる力があるとされ、他人の楽しむ事を自由自在に自分の楽しみにかえる法力を持っている、という怪しいところもあったので、そういうのが「外国から見て恥ずかしくない日本に!」という明治の空気の中で良くなかったのかもしれない。

まとめると、第六天は、江戸時代に流行したが、明治に入るとぐっと数を減らした。

そんな第六天が、岡本にあったのだ。しかも「たたりの森」のあった場所に。第六天は、庶民に大人気だったので、たたりとセットになっているケースは、全国的に見ても非常に珍しいという。

それでは次に、この「たたりの森」とは一体なんなのか、どのような実害があったのか、そこを掘り下げてみたい。

たたりの森の木を切るとケガをする

世田谷区の岡本は、用賀インターの近くのマクドナルドの裏の辺りから二子玉川の方に広がるエリアである。

急な坂が多いのが特徴だが、緑が多く、丸子川や谷戸川のある風光明媚な場所として知られ、明治時代には、岩崎小弥太、鮎川義介、高橋是清など当時の政財界のトップの別邸が存在した。

世田谷区でも屈指の豪邸が立ち並ぶエリアであり、現在でも日本人なら誰でも知っている大物ミュージシャンが住んでいる、という噂もあるほどだ。

砧公園の近くのエリアである岡本だが、砧公園が開園したのは、戦後の1957年。そのずっと前、江戸時代のこの辺りは「第六天の森」と呼ばれる大きな森があったという。

そして、江戸時代、この森では草木一本切ることが許されなかったという。

しかも、この地域には、年貢のほかに妙な役目があった。それは将軍家が鷹狩で使用する御鷹用の餌である、昆虫のオケラを年貢と一緒に納める必要があったのだ。

ちなみに、オケラという名前はもともと「ケラ」だったが、将軍家に納めるものだから、丁寧な「オ」がついて、オケラになったという。

そうした中で、ある時、幕府から森の横の道を広げるようお達しがあった。村人はたたりの森の木を切ってはいけないと、取り下げを依頼するが、その願いは叶わず、工事をすることになってしまう。

しかし、いざ村人がナタやオノで木を切ろうとすると、次々にその道具によってケガをしてしまう人が続出し、その結果、幕府も工事を諦めてしまったそうだ。

に投稿

世田谷歴史ミステリー第1話「世田谷城」の抜け穴には金額財宝が埋まっていた!?【後編】

世田谷城の抜け穴は実在したのか?

抜け穴と聞くとワクワクするのは、歴史ファンだからか、隠れ家を作っていた少年時代の血が騒ぐのか、どちらか分からないが、お城に抜け穴があったと聞くと、ちょっとワクワクしてしまう。

抜け穴の用途は、いざという時に逃げるものだろう。では、具体的にどのあたりにあったのか。それは城址公園から現在の豪徳寺を抜けて、宮の坂駅のそばにある「世田谷八幡神社」の辺りまで続いていたと言われている。

郷土資料 世田谷城の抜け穴

だが、残念ながら証拠はない。郷土資料によると、昔のお城の研究家は「この城には抜け穴があった」と明確に書いており、土地の古老も電車を敷くための工事の時に穴があるのが見えたと語っているという。そんな話がある一方で、いや、あれは戦時中の防空壕だ、という話も載っていた。つまり、噂は残っているが確証はないのだ。

では改めて調べようにも、現在は住宅が立ち並び、今さら地下を掘って確かめることは不可能になっているので、その真意は不明になっている。

もっといえば、その抜け穴には「金銀財宝が隠されている」という言い伝えがあるという。これこそが、先述した驚きの情報だった。

世田谷城の抜け穴に金銀財宝があった!?

抜け穴から逃げる=城を捨てて遠くに行く、ということであり、それならその途中に逃走資金として財宝を隠しておく、というのは納得できる話だ。

とはいえ、さきほども書いたが抜け穴の調査は行われていないため、財宝を吉良家が持って行ったのか、それともいまも誰かの家の下に眠っているかは分かっていない。

世田谷城で二百数十年も貯めこんだ金銀財宝はいったいどれほどの額だったのか。小田原攻めにも行ってないとなると、それほどお金を使う機会も無かったことが想像される。

なんだか徳川埋蔵金のような話だが、それが世田谷の話として残っているのである。

世田谷城の抜け穴には金銀財宝が埋まっていた――。

その真相よりもそんな話が残っていた、というロマンに心が震えてしまう。

ああ、いい話だ、なんていい話だ、と思いながら、ぼくは無意識のうちに家にあるはずのスコップの位置を思い出していた。

世田谷城址公園データ

■住所
東京都世田谷区豪徳寺2-14-1

■アクセス
世田谷線宮の坂駅下車徒歩5分

(参考文献:せたかい 第53号「戦国時代の世田谷城と世田谷新宿」永原慶二、「世田谷城の抜穴について」相原明彦)

に投稿

世田谷歴史ミステリー第1話「世田谷城」の抜け穴には金額財宝が埋まっていた!?【前編】

世田谷区にはかつてお城があったという。

それを知ったきっかけは、豪徳寺だった。ある日、豪徳寺の位置を確認しようと、地図を見ていたら、その隣に「城址公園」という場所があったのだ。

城址公園とは、お城があった跡地に作られた公園のこと。全国に城址公園はあるが、世田谷区にあるのは知らなかった。

高級住宅地といわれる世田谷区にお城があったとは。歴史好きな私は、早速、お城の痕跡を求めて現地に行ってみることにした。

世田谷線で城址公園へ

東急田園都市線の三軒茶屋駅で世田谷線に乗り換えて、宮の坂駅に降り立った。
駅を降りて、豪徳寺の先にある城址公園を目指す。

ついでだから手前の豪徳寺にも立ち寄ってみる。招き猫の置物が大量に置かれている。

それを撮影しようと、多くの外国人が訪れていた。海外には招き猫がないから珍しいのだろう。そんなことを思いながら、豪徳寺を後にした。

目指す「城址公園」は、豪徳寺と隣接する場所にあった。

広さは約1万坪と言われており、野球場3個分ぐらいの広さだ。公園としては大きいが、一般的なお城と比べるとだいぶ狭い。公園に入ると、7メートル程度の小高い山があり、その周りが石垣のような造りになっている。目の前の階段部分もかなりお城らしい雰囲気がある。

とはいえ、お城っぽいといえば、お城っぽいといえるが、一般的に想像するような、天守閣があるお城らしいものはどこにも無い。山の上に登って下を見ると、家族連れが歩いている。あそこがきっと空堀(水の入ってないお濠)だろう。そのほかに立派な井戸の跡もあった。だが、お城の痕跡はそれぐらいだ。

そもそも、ここは誰のお城なのだろう。区立図書館の郷土資料コーナーに行き、調べてみることにした。

そこでいくつか資料を読むうちに、まるで月刊「ムー」の記事のような驚きの情報にたどり着いてしまった。ウソだろ、思わず本を地面に落としてしまう。周りの視線を感じながら、大急ぎで本を拾い、席に座る。こんなものがあるとは・・・。

その事について書くためには、まずはこの城の持ち主について書き記したいと思う。

吉良家と世田谷城

世田谷城は、吉良氏という一族のお城だった。

吉良といえば、忠臣蔵の吉良上野介(きらこうずけのすけ)を思い浮かべる人もいるかもしれないが、源流は同じであり、奥州吉良家と呼ばれる流れが世田谷吉良家であり、赤穂事件の吉良上野介は、三河吉良家と呼ばれる家系となる。

吉良家の家柄は、のちに将軍となる足利氏の一門であり、「御所(足利将軍家)が絶えれば吉良が継ぎ、吉良が絶えれば今川が継ぐ」という言葉が残っている。いざという時には将軍になれるほど、名門の一族だったのだ。

この吉良氏が現在の世田谷に来たのが、14世紀後半(西暦1351年から1400年)だ。

14世紀後半と言われてもピンと来ないので、日本の年表を見てみると、鎌倉幕府が滅亡したのが1333年。その後、1338年には足利氏が室町幕府を作り、勢力を拡大する。

これが足利氏の一門であった吉良家にも恩恵をもたらす。1366年に世田谷郷が与えられたのだ。世田谷に来た吉良氏のために、のちに世田谷城になる場所が1394~1426年頃、居館として整備された。つまり、最初は城ではなく館だったのだ。

それから吉良氏は二百数十年の間、この地を治め、吉良の館は「吉良御所」「世田谷御所」と呼ばれていたという。

世田谷城はいつお城になったのか?

さて、世田谷の地にやってきた吉良家。彼らの館が明確に城になった時期は特定されていない。だが、城になったとしてもそれは多くの人が想像する天守閣があるような城ではなく、平地に土塁や堀りなどを作って城砦化した程度だったのではと言われている。

やがて八代続いた吉良家の世田谷城に危機が訪れる。秀吉の小田原攻めだ。

小田原攻めとは、豊臣家と北条家の戦いである。一見、吉良家とは関係のない話のように思えるが、この時期、吉良家は北条家と近い関係にあった。

当時の北条家は関東を治めた大名であった。世田谷にいた吉良家は生き残るために北条家と婚姻関係を結んで、その庇護下に入っていたのだ。

地域で一番大きな北条家の下に入って安心していたが、やがて関西にいた秀吉が日本統一の最後の大仕事として、北条家に攻撃を仕掛けることになる。それが「小田原攻め」だった。

この小田原攻めに対して、吉良家が一緒に戦ったなどの記録は残されていない。とはいえ、北条家の下に入っていた吉良家にとっても小田原攻めの影響は大きかった。

1590年に北条家が破れると、吉良家は上総国(現在の千葉県)へと逃れ、世田谷城は廃城となってしまったのだ。

ここで世田谷城の歴史は終わってしまう。その後に登場するのが、豪徳寺だ。

ここで1つ郷土史の中で議論になっていることがある。果たして世田谷城はいまの城址公園のエリアだけを指すのか、それとも豪徳寺も含んでいたのか、という問題だ。

現在有力なのは豪徳寺も含む、という説らしい。そうなると広い。一気に観光地などで見るお城らしい広さになる。

そして、もう一つ面白い話がある。実は世田谷城には抜け穴があったというのだ。

世田谷城址公園データ

■住所
東京都世田谷区豪徳寺2-14-1

■アクセス
世田谷線宮の坂駅下車徒歩5分