に投稿

味よし、値段よし、元気よし。大岡山「寿司割烹たちばな」

大岡山駅の上には、国内で初めて駅上に建設された東急病院があります。大規模に緑化した、環境に配慮された建物が特徴的で、南側と西側の壁面はワイヤーに巻きつけたツタで覆われています。駅前には東京工業大学の広大なキャンパスが東急線の線路を挟んで広がっており、たくさんの学生で賑わっています。大学のある街だけに、駅周辺、商店街にはボリュームのある定食屋、お手頃価格の居酒屋にラーメン屋。昔ながらの不動産会社や古い銭湯などがある一方、おいしいパン屋や雰囲気のあるフレンチレストランやイタリアン、洋食屋さんもあり、学生だけでなく、地域に住む人たちが楽しめるお店が多く存在しています。そこで今月は、古くから家族で営む寿司・割烹店を紹介します。

家庭的な雰囲気で気軽にお寿司が楽しめる!
大岡山で30年続く「寿司割烹たちばな」

今回ご紹介するお店は、大岡山北本通りにある寿司割烹たちばな。2代目店主の日下部省一さんにお話を伺いました。日下部さんのご両親が開店したのがちょうど30年前。回転していないお寿司屋さん、というと、少し緊張してしまうものですが、どこか懐かしさを感じる店内は、暖かくほっとする空間が広がっています。「うちのこだわりはくつろいでお寿司を楽しんでもらうことです。そのためにもお店に入っていただきやすいように、店の外に値段を書いた看板を出しています。注文の仕方がわからない方には、最初に予算を言っていただければ、それに合わせてお出しすることもできます。若いお客さまはそんな風に注文される方が多いですね」店内にも価格の入ったメニュー表が貼ってあり、初心者にも注文しやすい雰囲気です

カウンターの上には築地から仕入れた新鮮なネタが並びます。その両サイドには日本酒と焼酎の瓶がずらり!中には幻の日本酒、といわれる銘柄もあるとか!
「お寿司以外の入り口を増やしたい、そんな気持ちでお酒の種類を増やしていきました。今ではお酒は30種類、焼酎は20種類ほど置いていて、お酒好きな方に感心されるほど豊富なラインナップを揃えています。夜はお酒と刺身を楽しみながら、最後にお寿司を、最初からお寿司、などいろいろな楽しみ方をしてもらえるようになりました」 
お酒に合わせて、焼き物など、お寿司以外のメニューも豊富。日下部さんのご両親が山形出身とのことで、時期によっては天然の山菜や鮎、納豆汁、芋の子汁など、山形の郷土料理が楽しめるのもこのお店の大きな魅力です。

昼はお手頃価格のランチメニューが人気です。「夜は近所の方や電車に乗って遠くから来ていただく方もいらっしゃいます」
回転寿司チェーン店の出店が続き、昨今は街のお寿司屋さんはどこでも苦戦中だそうです。大岡山周辺に関しても例外ではなく、「開店した当時は大岡山には寿司屋は16軒あったのですが、今ではうちも含めて2軒になってしまいました」そんな中、メニューの工夫をしながら常連さんたちに愛され続ける、寿司割烹たちばな。
手際よくお寿司を握る姿をカウンターに座りながら眺めるのは、回転寿司にはないワクワク感が味わえます。気軽に新鮮なネタと料理、そしておいしいお酒が楽しめる、昔ながらのお寿司屋さん。カウンター寿司に行ったことがない、そんな方でも安心して入れるお店です。

寿司割烹たちばな

住所:東京都目黒区大岡山1-6-6
電話番号:03-3718-4483 
営業時間:【火~日】ランチ11:30~14:00、ディナー17:00~22:00 
定休日:月曜日 

編集後記
お客さまに寄り添ったお店作りを目指しているというご主人のお言葉が、地域密着を心がけている私たちの仕事に重なり、とても共感しました。美味しいお寿司もいただき、贅沢な1日を過ごすことができました。

※ 2018年6月2日当時の情報です。お出かけの際には事前にご確認ください。