に投稿

日吉で愛され半世紀。バウムクーヘンの「パティスリー リンデンバウム」

■バウムクーヘンと魅惑のお菓子たち

リンデンバウムのバウムクーヘンは、そのすべてが手作り。回転する芯棒に生地をかけて焼き、焼けた生地の上にまた生地をかけて焼き、それを繰り返してどんどん太く大きくしていきます。バウムクーヘンは何種類もあって、人気No.1の王道バウムクーヘン「菩提樹」に加え、ふんわり食感の「凜菓」シリーズだけとっても「でこぼこピレネー」や「ふんわりソフト」などが。また、ケーキ・お菓子類にもバウムクーヘンが使われています。社名をそのまま冠した「リンデンバウム」、でこぼこピレネーを使った「月の輪」、人気商品の「ラムレーズン」など、目移りすること間違いなしです。

なお、価格の高騰が収まらないバニラビーンズのように、バターの価格も高くなっています。ベーカリー・パティスリーの単価は目安とお考えください。

ラムレーズン(280円)

ラムレーズンはバウムクーヘンを細かく砕いて、バタークリームと、3週間ラム酒に漬けたラムレーズンを混ぜ込みます。それをゴルフボールの大きさに丸めてチョコレートにくぐらせ、ココアパウダーをまぶしたら完成! リンデンバウム自慢のバウムクーヘンとラムレーズンの濃厚さの中に、バタークリームがアクセントを効かせた一品は、自分へのご褒美やお土産にピッタリです。ラムレーズンはアルコールを飛ばしていないので、「強い洋酒と一緒に食べても相性抜群」と言い切れるほどの重厚さでした。

レアチーズバウム(500円)

バウムクーヘンの穴の下にクーヘンを敷き詰めて、レアチーズをたっぷり充填。その上にフルーツやクリームをたっぷり載せた鮮やかなケーキです。ベースにバウムクーヘンを使っているので、「複数のリンデンバウムの味」をしっかり楽しめる一品。

りんごバウム(400円)

バウムクーヘンの穴に優しいシブーストを入れた、食べ進めるとリンゴの食感も楽しめる満足感の高いケーキです。やわらかなバウムクーヘンと、キャラメリゼの香ばしさが堪りません。見た目以上の「しっとり感」が口の中に広がりました。

この他、バウムクーヘンと甘酸っぱいサワーチェリーをふんだんに使った「リンデンバウム」や、苺ショートケーキ型の「苺ショートバウム」などもあり、大いに目と舌を楽しませてくれました。なお、店頭販売のみの「リンデンバウム」のホールを一台購入する際は、3日前からの予約が必要です。

■変わらないものと、変えていくもの

創業時はバウムクーヘンのみを扱っていた「リンデンバウム」さん。同店オリジナルの人気商品「ラムレーズン」は1975年前後に販売を開始したそうです。その他にも様々な商品を生み出してきた齊藤さんは、「最初から成功した味はない」といいます。長い年月の間で色々と作り方を変えていって、クオリティを上げつつ良い物に仕上げていく。変えてはいけないところはあるけれど、ある程度は柔軟に変えていくことが必要なのです。また、昔と製造方法が違っていたり、すでに製造されていない素材もあったりするため、同じものが作れないというお話も伺いました。

果物などのように、進化は時代が求めるもの。それに沿って対応していくこともまた大切なことです。相対的なバランスの中でお菓子を作り続ける同店では、これからも笑顔で「いらっしゃいませ!」とお客さんを出迎え続けることでしょう。

■店舗データ

【住所】 神奈川県横浜市港北区下田町4-7-15
【電話】 045-562-3928
【営業時間】 9:30~19:00
【定休日】 不定休
【HP】 http://linden-baum.com/

■お店へのバスはこちら

日吉駅(日21・日22)
「日22」の「サンヴァリエ日吉行」が本数も多く便利です。
①駅の出口から、南へ100mの距離にあるバスターミナルへ。「日21・日22」から乗車します。
②10分ほどの「駒が橋」停留所で降車。
③バス停から徒歩10秒ほどの距離に、店舗があります。
④帰りのバス停は少しだけ離れたところにありますので、地図を確認してください。

※本記事の内容は公開時点での情報です。公開後の時間経過により名称や情報等が異なる可能性がございます。
あらかじめご了承ください。