に投稿

夏を涼しく!でろかる「かき氷」特集2019夏 vol.3

夏真っ盛りのこの季節。
食べたくなるのはかき氷ですよね!
そこで、暑気払いに「かき氷まつり」を開催したいと思います!
あまくてつめたい「涼」を、おたのしみください!

■どらやきとセットにお手頃サイズなかき氷はいかがですか?「米倉商店」

宇治金時(400円)

どらやき屋さんのかき氷。流行りのフワフワ系かき氷ではなく、氷の粒を感じる昔ながらのかき氷です。抹茶部分は、宇治の抹茶を蜜に溶かして作った自家製シロップ。底に敷かれたあんこには、どらやきと同じつぶあんが使われています。「大きすぎると食べきれないし、ちょっと食べたいというニーズを考えた」という小ぶりなサイズは、親子で別々の味を楽しむこともできます。
また、定番の「いちご練乳」に粒あんを入れたものや、地元宮前区産の梅で作ったシロップを使ったかき氷もあるので、こちらもオススメです!

米倉商店さんの店舗データ・お店への行き方は、お店の紹介記事からどうぞ!

■コーヒー店が本気で作ったコーヒーシロップ「シモト珈琲&インディアンレストラン」

カフェオレかき氷(350円)

お店で提供しているアイスコーヒーを、そのままシロップに使ったかき氷。普段のアイスコーヒーより濃く抽出してシロップにしているので、厚みのある風味を楽しめます。特筆すべきは「氷」の部分で、なんと、牛乳を凍らせてかき氷にしているんです。「普通の氷と練乳ではおもしろくないな……」と考えた店主の大森さんのアイディアで、ブドウなどのフルーツ系よりも、この「カフェオレかき氷」の注文の方が多いそう。普通の氷よりも口溶けが滑らかで、小さなお子さまから年輩の方まで人気のかき氷です。

シモト珈琲&インディアンレストランさんの店舗データ・お店への行き方は、お店の紹介記事からどうぞ!

に投稿

夏を涼しく!でろかる「かき氷」特集2019夏 vol.2

夏真っ盛りのこの季節。
食べたくなるのはかき氷ですよね!
そこで、暑気払いに「かき氷まつり」を開催したいと思います!
あまくてつめたい「涼」を、おたのしみください!

■冬は壺焼き芋、夏はかき氷を提供「壺焼き芋屋Kou」

川崎市宮前区にある「壺焼き芋屋kou」さんは、知る人ぞ知るお店。バス通りに面しているので、バスから見かけて気になって買いにくる方もいらっしゃるとか。こちらでは、冬はあまーいあまーい焼き芋を、夏はあまーいあまーいかき氷を提供しています。かき氷は9月16日(予定)までなので、暑いうちに食べに行っちゃいましょう!

やきいも(500円)

かき氷にかけられているのは、非常に糖度の高い紅はるかやシルクスイートを使った焼き芋のシロップ(ペースト)。その上にカットした壺焼き芋がトッピングされています。こちらのかき氷、ただ単に焼き芋のシロップがかけられているのではありません。特徴的なのは、なんと言っても芋から抽出した芋100%の「芋蜜」。「戦時中は砂糖が入手困難で、代替品としてサツマイモから作った芋蜜を使っていた」という話から、「じゃあウチでも芋から作れるな」と作ってみた自家製です。まだ今年始まったばかりのメニューなので、かき氷全体をこれからもブラッシュアップさせていくそうです。

いちご練乳(550円)

かき氷の上にイチゴシロップをかけて、さらにかき氷をのせた上に再びイチゴシロップを。そしてそのまた上に「凍らせてスライスカットしたイチゴ」をトッピング、イチゴづくしのかき氷になっています。イチゴはシロップにすると香りが飛んでしまうため、冷凍スライスにすることで香りと酸味を引き出しているんです。最後の一口・一滴まで甘く、イチゴの風味を心行くまでたっぷり感じられる非常に密度の高いかき氷でした。

なお、去年までとは違って、少量ではありますが、今年から「壺焼き芋」も一緒に提供しています。高糖度のジャムに引けを取らないほど糖度の高い壺焼き芋を、ぜひご賞味ください!

店舗データ

【住所】 神奈川県川崎市宮前区神木本町1-10-1
【電話番号】 044-866-6249
【営業時間】 11:00~18:00
【定休日】 月~金(土日祝が営業)

■バスでの行き方

に投稿

夏を涼しく!でろかる「かき氷」特集2019夏 vol.1

夏真っ盛りのこの季節。
食べたくなるのはかき氷ですよね!
そこで、暑気払いに「かき氷まつり」を開催したいと思います!
あまくてつめたい「涼」を、おたのしみください!

■かきごーらー垂涎!「fuwariの秘密基地」

6月27日にプレオープンしたばかりの新店「fuwariの秘密基地」さん。実はこちら、キッチンカーとして以前から各地でおいしいかき氷をみなさんに手作りしていたんです。実店舗を設けてまだ一ヶ月なので、いまこのタイミングならばまだ行列も少ないはず。行くならいまですよ!

しそみるく(600円)

漢字だと「紫蘇(シソ)」と言うくらいなので、その紫は鮮やか。シソの風味が爽やかに鼻腔をくすぐります。そんな目に美しい「しそシロップ」は、佳菜子さんのおばあさんが田舎でとても大切に育てたシソを、6~7時間も煮詰めたものなんだとか。そこにあわせる練乳は、もちろん邦雄さんの手作りです。こちらのメニューは当初期間限定品でしたが、お客さんからの要望が大きかったためひとまず現在も提供されています。

すももヨーグルト(800円)

予想以上に鮮やかな赤みが出ていたので、一見メニューにもある「はちみつ練乳いちご」に見えますが、実は「すももヨーグルト」。山梨の農家「ぶどう房さとう」さんから仕入れているスモモは、木熟の大石早生。木に生ったまま完熟させているので収穫の翌日までしかもたず、当日持ってきてもらって当日中に調理しているそうです。そのため酸味は仄か、豊かな甘みを感じるかき氷になっていました。

■店舗データ

【住所】東京都世田谷区玉川台1-12-8 102
【営業時間】※ 営業時間は当日SNSへ投稿されています。
【定休日】移動販売の日は休日/※ SNSに月間予定を掲載されています。
【HP】ブログ
【SNS】TwitterFacebookInstagram

■お店への行き方

■お店の元記事はこちらからどうぞ!

に投稿

キッチンカーのかき氷店が用賀で実店舗をオープン「fuwariの秘密基地」

作る人と考える人が、ふわふわのかき氷を手作り。
子どもたちもお小遣いを握りしめて、「旬の味覚」をシェアする。
「fuwariの秘密基地」さんはそんなお店です。

■用賀に現れた「fuwariの秘密基地」

柴田邦雄さん・佳菜子さんのご夫婦で営む、いま用賀で話題のかき氷のお店「fuwariの秘密基地」。フィンランドを旅行していた二人の何気ない会話から、「作ること、話すこと、かき氷が好きということ」といろいろ考えて、2017年に「fuwari」としてキッチンカーでの移動販売をスタートしました。そして2019年6月に誕生したのが「fuwariの秘密基地」。「ネギを入れたスーパーの袋を持っているお客さんがくる店っていいね」というお二人の発想で買い物帰りのご近所さんが気軽に立ち寄るお店を思い浮かべ 、実店舗を用賀にオープンしたそうです。

■用賀の住宅地にあるかき氷屋さんは、本当に秘密基地でした

気付かずに一度本当に通り過ぎてしまったほど「秘密基地」なお店は、開店前から「小さな子どもも一緒に楽しめるお店にしたい」という想いがあり、メインの席は赤ちゃんがコロンと横になれるように、横に長いシート状の客席にしたそう。そして「ひとり一杯注文しなければならない」という制限を設けず複数人でのシェアOKと誰にでも気軽に来てもらえるようにしているので、小学生がお小遣いを握りしめてかき氷をシェアすることも。

また、もともとアパレル関係の仕事をしていたお二人だけに、お客さんの服装や雰囲気を見て器の柄も変えるほどのこだわりよう。かき氷の容器にはスウェーデン製ロールストランドのボウルを、温かいドリンクの器はすべてマリメッコのマグカップで、トレイもスプーンもすべて北欧のものを使っています。

■「つくる」のはかき氷だけじゃない?

メニューの基本は佳菜子さんが考えて、それを邦雄さんが黙々と手作りする……という流れで動いているお二人。邦雄さんは「つくる」ことが大好きで、店内にある装飾も自作。針金で作られた「fuwari」のロゴや、壁に飾られているドライフラワーのスワッグも邦雄さんの手作りです。「本屋さんをやりたかった」という邦雄さんの言葉通り、お店の壁面には作り付けられた本棚が。佳菜子さんいわく「この人(邦雄さん)は女子力が高い」そうで、そのこだわりはとても強く、以前の職場では、仕事が終わって帰宅が23時になっても小籠包を皮から作ってしまうほどなんです。

次のページでは、そんな二人の「手作り」をご紹介します!

に投稿

世田谷区岡本の一軒家カフェ「NISHIann cafe(ニシアンカフェ)」

緑に包まれた憩いの場所で、大切な友達や家族とゆっくり過ごす。
手打ちそばと手作りケーキ、旬の野菜でカレーも楽しめる場所。
「NISHIann cafe(ニシアンカフェ)」さんはそんなお店です。

高級住宅街に佇む「ニシアンカフェ」とは?

「ニシアンカフェ」さんは、世田谷区岡本に店をかまえて18年目。店名の由来は「西田さんの庵」です。ご主人である西田武寛さんの趣味がそば打ちで、娘さんの趣味がケーキ作りであったため「じゃあお店をやってみようか」というスタートでした。(2018年4月からは土日のみの営業となっています)

おひさまと緑と花とお食事を、くつろぎ空間で愉しむ

ニシアンカフェさんで特筆すべきは、岡本という閑静な住宅街にあって、草花と、ペットとの同席OKなオープンテラスを楽しめるところ。開放的でウッディなデザインの店内は落ち着いた配色のくつろぎ空間で、全開口のサッシを開けると庭と室内が一体となり休日のひとときを素敵に彩ってくれるでしょう。取材時はまだ梅雨であいにくの雨でしたが、雲間から陽光が店内やテラス席に降り注ぐと本当にキレイで、うっとりしてしまいました。

■18年間、地元に愛されてきた一軒家カフェ

お客さんは近所の方が中心。遠くへ引っ越しても年に何度か来店される方や、TVや雑誌の紹介で遠方から来られる方もいらっしゃるようです。学生アルバイトさんも近所の方が多く、知り合いの知り合い……という間柄も多いそう。「学校を卒業して、就職していても土日に手伝いに来てくれたり当人の友達や妹が来てくれたりと、気心の知れた子たちが月に1回、2回ほど、お店に入れる時に来てくれます」と奥様の西田英代さん。元スタッフと会えることを楽しみにしているお客さんもいて、「私たちもお客様に声をかけるのが楽しくて、今まで続いています」と声を弾ませます。そして「お腹に入っていた子が、成長して来店してくれるんですよ!」と、とても嬉しそうに目を細めました。

次のページでは、ニシアンさんの人気メニューをご紹介します!

に投稿

自家焙煎コーヒーと本格インドカレーを奥梶で「シモト珈琲&インディアンレストラン」

コーヒーを楽しむ人、カレーを楽しみに待つ母娘、人とのふれ合いを楽しむ店主。
いろんな「楽しみ方」の見つかる居場所が、奥梶に。
「シモト珈琲&インディアンレストラン」さんは、そんなお店です。

■2つの店が合体した「シモト珈琲&インディアンレストラン」とは?

梶が谷駅からバスで10分程度のところに、「奥梶」と名付けられた地域があります。そこにはいくつかの飲食店が並んでおり、当サイトでもご紹介している「米倉商店」さんもその一つ。そして、2017年の3月にオープンした「シモト珈琲」さんもその中核をなすお店です。

店主の大森さん(46歳)は、大学を卒業後寿司職人として働き、チェーン店のカフェで店長を勤めたあとに、中央林間にある「珈琲新鮮館」さんで働いていました。ある時「自宅でも焙煎できる」ということを知り、独立を志します。田園都市線沿線で貸店舗を探していましたが、珈琲新鮮館さんから安く譲ってもらった「20年間使ったものと同型の大きな焙煎機」を搬入するため入口を解体せねばならず、今の貸店舗だけが許可してくれたのです。この焙煎機は圧力計や温度計程度しかついていませんでしたが、焙煎する際の「音・色・匂い」を学ぶための大きな教えとなったそうです。

■コーヒーと寿司とカレー!?「シモト珈琲&インディアンレストラン」誕生について

2019年5月30日からは、インド人シェフ「HIM SINNEGIさん」(37歳)と一緒にお店を開始。店名も改めました。実はこの方「インディアンハウス」として近所でお店を営業しており、同店の「ナンピザ」をシモト珈琲さんでも扱っていたそう。前の場所を退去することになって「一緒にやりたい」と相談を受けた大森さんは当初断っていたそうですが、物件探しや書類作成などを手伝っているうちに、共同運営を受諾。この長い店名が生まれたのです。

次のページでは、お店の人気メニューをご紹介!

に投稿

二子玉川で国宝と出逢える「静嘉堂文庫美術館」

閑静な住宅街の中にある、緑豊かな丘の上。
世界に3つの国宝・曜変天目と、受け継がれてきた文化に出逢う。
「静嘉堂文庫美術館」さんは、そんなスポットです。

■国宝を収蔵する「静嘉堂文庫美術館」とは?

1992年4月に開館した「静嘉堂文庫美術館」さんは、二子玉川駅からバスで8分ほどの距離にある、丘の上の美術館。敷地内にはほかに専門図書館の「静嘉堂文庫」などの施設があり、緑豊かな空間となっています。静嘉堂文庫美術館に入ると、すぐ右手に売店が。左手には休憩室があります。奥の左手が展示室になっており、奥の右手の階段を降りると地階講堂があって、映像や講演が催されています。こちらは展示内容ごとに変わるため、気になる方はあらかじめハローダイヤルや公式HPで調べてからお出かけするのがよいでしょう。

そもそも「静嘉堂文庫」とは何かというと、三菱の第2代社長・岩﨑彌之助氏とその息子で第4代社長である岩﨑小彌太氏の2人が蒐集した、国宝7件・重要文化財84件を含むおよそ20万冊に及ぶ和漢の古典籍(書籍)と6,500件の東洋古美術品を収蔵するために設立した施設。「静嘉堂」は彌之助氏の堂号(書斎の号)で、中国の古典「詩経」の大雅、既酔編の「籩(へん)豆静嘉」から名付けられました。静嘉堂文庫は神田駿河台から高輪へ、そして明治43年に砧村岡本に作られた彌之助氏の霊廟近くに移設され、貴重な古書や美術品が大空襲の戦火から逃れられたそうです。国宝「俵屋宗達筆 源氏物語関屋・澪標図屏風」や国宝「倭漢朗詠抄 太田切」、尾形光琳作 重要文化財「住之江蒔絵硯箱」などの有名な美術品も数多く収蔵しており、中でも世界に現存する3つの内のひとつ、国宝「曜変天目」は年に数回一般公開されているとても貴重な美術品です。

※ 「静嘉堂文庫美術館」に隣接する「静嘉堂文庫」は「一般開放していない図書館」であり、収蔵図書の閲覧には事前申請が必要です。

■多彩な企画展示(2019年には5回開催)

「静嘉堂文庫美術館」さんには、常設展示がありません。従って、時期ごとの企画展を観ることになります。取材時は重要文化財4振を含む計32振の「日本刀の華 備前刀」の企画展示と、世界に3つしか現存しない国宝「曜変天目」、その中でも最も美しいとも言われる「稲葉天目」の展示が行われていました。この時は偶然にも現存する曜変天目3つがすべて同時期に各地で公開されており、展示を見に来られた方の中には、「関西から観に来た」「ここでコンプリート」という方もちらほら。平日だというのに大変盛況で、曜変天目を観に来る方が大半かと考えていましたが、実際は時期の企画展を目当てに来られる方と半々なんだとか。「日本刀の華 備前刀」では某ゲームのおじいちゃんの声優さんが音声ガイドを務めたとあって、ゲームのプレイヤー(審神者さん)の姿も見られました。

次のページでは、国宝「曜変天目」をご紹介します!

に投稿

奥梶発どら焼き専門店「米倉商店」

どら焼きの皮を、1枚1枚ていねいに手焼きする姿。
それを小さな女の子が見つめ、1枚の絵に描いてプレゼントしてくれる。
「米倉商店」さんはそんなお店です。

■どら焼きで勝負する「米倉商店」とは?

2018年6月にオープンした「米倉商店」さんは、梶が谷駅から少し離れた「奥梶」と呼ばれるエリアでどら焼きを中心にスイーツを提供するお店。店主の米倉国利(よねくらくにとし)さんが、奥さんと一緒にお店を切り盛りしています。元々会社員だった米倉さんは、25年間勤めて「長く働いたからそろそろ好きなことをやろうかな」と考え退職。当初は和菓子全般をやろうと考えていたのですが、設備代や手間がかなりかかると分かり「どら焼きをやろう」と和菓子屋さんへ学びに行きました。「大福も好きだけど、どら焼きは日持ちがするし何より好きだったから」というのがその理由です。

店名の由来は、米倉さんの実家が過去に世田谷で駄菓子や食料品全般を扱う「米倉商店」というお店をやっていて、名前をそのまま引き継いだ形になります。結婚した当初から高津区に住んでいて、近いところ、慣れ親しんだところがいいと駅近くで物件を探しましたが見つからず、しかし「のんびり無理せずやって行こう」と現在の住所で店舗の営業を始めました。お客さんはご近所さん、それも比較的若い方が多く、お母さんに手を引かれた小さなお子さんの姿も。また、当webサイトのコンセプトと同じく「バスから店を見ていて気になっていた」という方も多く来店されるそうです。

■すべて手作りだから、心のふれ合いも生まれる

「お店をやっていて嬉しいのは、リピートしてくれるお客さんの存在です」と米倉さん。また、子どもが店内でどら焼きをモグモグ食べてくれるところを見ていると「作った甲斐があったなあ」と、とても嬉しいそう。米倉商店さんのどら焼きは大きめなのですが、小さなお子さんでもぺろりと食べてしまうのだとか。会社員時代はお客さんが実際に商品を使っているところを見ることはあまりありませんでしたが、この仕事ではすべてお店で手作りしているので、材料から生まれたどら焼きを美味しそうに食べているところまで見られるのです。

ある日、近所の女の子が、米倉さんがどら焼きを焼いているところをガラス越しにじっと見ていました。そしてそのしばらく後に、働いている姿を絵に描いて持ってきてくれたそうです。実際にその絵を拝見したところ、作り方などを事細かに聞かれた結果「図解・米倉商店のどら焼き製造法!」のような力作となっていました。これは本当に嬉しかったそうで、女の子にもらった絵は今でも大切にされています。

次のページでは、どら焼きなどの人気メニューをご紹介します!

に投稿

心安らぐ多摩区の森カフェ「カフェテリアTARO」

生田緑地の自然に包まれて、今日も喫する一杯のコーヒー。
アートな空気に満たされて、いつも味わうスタッフの笑顔。
「カフェテリアTARO」さんはそんなお店です。

続きを読む 心安らぐ多摩区の森カフェ「カフェテリアTARO」
に投稿

自然に包まれた芸術の森「川崎市岡本太郎美術館」

岡本太郎の作品に出逢い、触れて、楽しむ。
赤ちゃんも大人も楽しめる、原色多めの彩豊かな空間。
「川崎市岡本太郎美術館」は、そんなお出かけスポットです。

■体感できる美術館「川崎市岡本太郎美術館」とは?

川崎市の緑豊かな生田緑地の中にある川崎市岡本太郎美術館は、太郎さん本人が存命中に川崎市へ自分の作品の多くを寄贈したことに端を発し開館しました。生田緑地を散策しつつ家族みんなで何世代にも渡って楽しめる場所として、近所の方からも親しまれているここは、美術館としては珍しく、一部展示物に触れられる・撮影できるということで「体感できる美術館」と言われているのです。

岡本太郎さんの作品は数多くあり、巨大建造物から実際にお店で使われていたマッチ箱まで多種多彩。みなさんのご家庭にも、グラスや小物などが残っているかもしれません。これだけ個性の強い芸術家でありながらメディアへの露出も多く、かつて「岡本太郎」と言えば「芸術は、爆発だ!」と叫ぶTVCMでお茶の間にもお馴染みでした。なお、企画展は開催されていますが常設展は2019年10月18日まで工事のため休館中なので、最新の情報は岡本太郎美術館のHPをご確認ください。

撮影可能・接触可能な展示物は一部なので、エリア・作品ごとに必ず確認してください。

■エントランスを抜けると、そこは芸術の洞窟

受付のあるエントランスを通り、まずは真紅に染まった「太陽の顔」から。みなさんご存じ「太陽の塔」の正面にあり、「現在」を表現している顔です。まずは最初にここに入って、その威容を拝むことになります。取材時の常設展示には順路がなく、薄暗い迷路のような空間を歩きながら、岡本太郎の作品とばったり出逢う……というコンセプト。それぞれの部屋が多角的につながっているため、展示されている作品も多角的な方向から観覧できる空間になっていました。

入り口近くの一室は、父・一平さんと母・かの子さん、そして太郎さんの3人に彩られた部屋。ここには岡本太郎という人の生きた歴史が刻まれています。壁に開けられた穴の向こうには、太郎作品の写真がずらり。年表もそこに記されており、「対極主義」についても終戦後から提唱したことが分かります。何に影響を受けたか、どんな経験の後にどんな行動を起こしたか、どんな作品を遺したかが分かるので、展示作品を観るための事前準備には最適だと言えるでしょう。この空間には映画『宇宙人東京に現わる』のパイラ人の目のようなものがあり、私たちを見つめていました。

そして、展示室内には「太陽の塔」の1/50サイズの模型もあって、終始ぐるぐる回っています。ここで注目したいのは、太陽の塔の図面と生命の樹の図面が展示されているところ。生命の樹に描かれた精細な動物の絵は必見です。

次のページでは、触れられる展示・パブリックアート・岡本太郎の想いなどをご紹介します!

に投稿

ドラえもんも待っている「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」

「幼きあの頃」を思い出した大人が子どもに戻って、1日中楽しめる。
F先生のまんがへの想い、家族への想い、世界中の子どもたちへの想いが垣間見れる。
「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」は、そんなお出かけスポットです。

続きを読む ドラえもんも待っている「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」
に投稿

宮前平駅発! 早起き市場メシと和洋太麺を堪能♫

本日の「たび」プラン
7:59に宮前平駅から出るバスに乗って、目指すは川崎市北部市場。朝ごはんの市場メシに舌鼓を打ちつつ、市場の雰囲気も楽しむ旅をご提案。
お昼には、バスで数分の距離にある手打ち讃岐うどんや太麺ナポリタンを堪能しつつ、自家製コーヒーゼリーの上に咲いたバラの花アイスを味わいましょう!

続きを読む 宮前平駅発! 早起き市場メシと和洋太麺を堪能♫