に投稿

子どもと作るガンプラの製作準備!

ガンプラと子ども

牛の歩みで進んでいる、「子どもと作るガンプラシリーズ」。
ようやく制作準備に入ります!

前回、読者の皆さんに「ズゴック」の購入をオススメしておきながら、「ジム」を購入したテキトー型トウサンのソラパパです。

今回は実際に製作に入っていくわけですが、まずは前々回の「ガンプラを買う前に」で説明した道具があるか確かめてみましょう!

  • 買ったガンプラ
  • ニッパー
  • 紙やすり、または爪磨き

買ったばかりのガンプラの開封式!

ではさっそく、ソラパパが買った「裏切りのジム」の箱を開けてみましょう!

パッカーーーン!

ガンプラの中身

ガンプラはこのように、買ったばかりの中身はビニールに包まれています。

昔のガンプラ はメインカラーで1色でしたが、最近のガンプラはこのように、最初から配色されています。つまり塗装せずに組み立てても、イメージ通りになるんです。

それではビニールをビリビリ開封していきましょう。
さらっと取扱説明書を読みます。

ガンプラ説明書

箱の中身の下に取扱説明書が入ってます。

ガンプラ説明書

見開くとこんなにカッコ良い写真が出てきますが、これは塗装をした場合です。
今回はお子さまと組み立てることが目的なので塗装はしません。
なので、残念ながら写真のようにかっこよくはなりません…。
しかし塗装しなくても配色されているので、完成しても無機質にはなりません。

安心してください!塗られてますから!

…。次行きます。

取扱説明書を更に1枚めくると、部品の図が出てきます。
さっき開封したパーツが全部あるか確かめてみましょう。
頭がない!なんて事が起きた場合、後で大変ですからね。

ここまでチェックして、もし部品が欠損してたりする場合には、取扱説明書にある「部品注文カード」を利用して請求してください。またバンダイさんのホームページから注文することが可能です。

次にお子さまとの役割分担!ここスゴク大事です!
お子さまには組み立て専門になってもらいます。
決して刃物を使う担当にならないように注意してください。

さあ、次回はいよいよ(ようやく)組み立てていきます!
どのようなドラマが起こるのか…お楽しみに!

に投稿

Playing with snow vol.2(雪で遊ぶ)

前回は子どもとスノーボードを始める準備についてお話ししました。
今回はスノーボードの調整についてお話しします。

購入後、スノーボードの調整について

スノーボードを購入したら「スタンス調整」という足の立ち位置の設定が必要になります。大人の調整方法とお子様の調整方法は少し異なるので紹介していきたいと思います。
なお「スタンス調整」には、工具はプラスドライバーとマイナスドライバーがあれば十分に設定できますので用意しておきましょう。(100円ショプのものでも構いません)

電動ドリルのススメ

ただ、予算に余裕がある場合には、ドリルがあると作業が早くて便利です。ソラパパはIKEA(イケア)のFIXA(フィクサ)っていうドリルをスタンス調整時に使っています。3,000円くらいなのに電動ドライバーかつ、リチウムイオンバッテリーってのが魅力。トルクも家具用につくられているので、それなりにパワーがあります。箱にぴったり入るので、きれいに収納できるもの良い点です。

IKEA 電動ドリル FIXA

「スタンス調整」をしましょう

基本的には大人の場合、進行方向に両足つま先を傾けてビンディングを設定する方法と、「ダックスタンス」と呼ばれる両足つま先を外側に開いて、アヒルが立っている足のように設定する方法があります。

スノーボード ダックスタンス

スノーボードを履く手順として、座ってから、ビンディングを締めて、立ち上がるという動作になるのですが、最後の立ち上がりのときに、お子様の場合バランスがうまくとれなかったり、脚力がなかったりして転んでしまうことがあります。そのため「ダックスタンス」で調整してあげると、いつも立っている時と同じ姿勢なので、座った位置から立ち上がりやすくなり、お子様におすすめのスタンスと言われています。

スノーボード ダックスタンス のメリット

「ダックスタンス」のリスク

ただ、この「ダックスタンス」はリスクもあります。両足つま先を外側に開いて設定するため、どうしても後ろ足のつま先が進行方向と逆を向いてしまいます。そのため、後ろ足の向きも進行方向の逆を向いてしまうわけです。この状態で滑走を続けていると、常に進行方向と逆に膝が向いているので、その負担は積み重なり怪我につながる可能性が高まります。場合によっては横転したときに、捻挫や靭帯を伸ばしてしまう怪我に発展したりする可能性も否めません。

これらを理解したうえで、お子様に設定してあげることが良いと思います。ちなみにスノーボードを始めた時点で、怪我のリスクはそこらじゅうにありますので、なるべく怪我をさせないように、楽しみを損なわないように、環境を整えてあげましょう!

に投稿

Playing with snow vol.1(雪で遊ぶ)

こんにちは、ソラパパです。
今回は雪と子供をテーマに自然とスノーボードについて学んでいけたらと思います。

まずソラパパの簡単なスノーボード経歴の紹介です。
大学生の頃、スノーボードブームがあり、上越国際スキー場で山籠もりでアルバイトしてました。
アルバイトしながらスノーボードの臨時インストラクターをやったり、大会の旗門員やったりしてました。フリースタイル専門で当時はパークでガンガン飛びまくってました。

現在、我が家では子供にスノーボードを3歳から体験させている小学2年生がいますが、やってるといろいろな問題がでてきました。その体験について紹介させていただき、少しでも皆様のお役にたてればと思います。

何歳からスノーボードを練習するべき?

「誰よりも早くスノーボードを練習して、上手くなって欲しい!」私も最初はそんな気持ちでした。しかし未就学児は、スノーボードをコントロールするための脚力が足りないのが本音。また子供は足裏のコントロールが大人ほど器用にできないので、滑走できるようになるまでは少しハードルが高くなると思います。

とはいえ、雪山に住んでいるお子様なかには、未就学児でも上手に滑走を楽しんでいるお子様もいます。
都会から雪山に遊びに行く私達の場合は、お子様も毎日滑走しているわけではないので、体験・経験量がもちろん異なります。そのため、雪山で上手に滑走しているお子様達と、ご自身のお子様のスキルをそのまま比較してはいけません。

では、何歳くらいから教えるべきかというと、小学生になってから教えても遅くはないと思います。脚力が十分についてから無理なく楽しく練習していきましょう!

道具は何を揃えるべきか?

まず滑走するのに必要なものからピックアップして、チェックボックスリストにしてみました。プリントアウトして購入リストとして使ってください。

必需品

  • スノーボード
  • ビンディング(バインディング、バイン)
  • リーシュコード(流れどめ)
  • ボード用ブーツ
  • グローブ
  • ヘルメット
  • ウェア
  • インナー
  • 靴下
  • お尻パット
  • ゴーグル

あれば便利なもの

  • リフト券入れ(パスケース)
  • お菓子(ハイチュウがオススメ)

購入にあたってブランドも知っておきたいですね。オススメはキッズモデルから、オリンピック選手が愛用するプロモデルまで幅広くラインナップされているBURTON(バートン)です。スノーボードの老舗ブランドらしくモノもしっかりしてます!

購入前に知っておくと良いこと

ボードウェアのなかには、リフト券入れが裏地にあったり、腕のポケットがある場合、その中からでてきたりするものがあります。特にキッズ用のウェアというと、どのブランドでも大体ウェアと一体型のパスケースが付いている場合がありますので、購入時に確認しておくと良いです。

また「ゴーグルは今度買えば良いかな?」と、考えられるご両親もいるかもしれませんので、アドバイスをすると「ゴーグル」は必須です!雪山では雪に反射した紫外線が目の角膜の表面を傷つけ見えにくくなる症状が発生します。

BURTONで揃えられないモノ

老舗のブランドでも、取り扱っていないグッズがあります。ヘルメットはBURTONの関連メーカーR.E.D.(レッド)、ゴーグルはanon.(アノン)がありますが、全く取り扱っていないのは、インナーとお尻パット。これは他メーカーで揃えるしかありません。

BURTONの他、オススメブランド!

BURTONですべて揃えなくても良いので、その他のオススメブランドも紹介していきます。

ブランド

グッズ

メモ

ドラゴン

ゴーグル

ソラパパ愛用のアイウェアです。
意外とキッズモデルが安いのでおすすめ。

bern(バーン)

ヘルメット

ソラパパも愛用しているヘルメットです。
つば付きがオシャレです。

Smith(スミス)

ヘルメット

人とはかぶらないオシャレなヘルメットを選びたい場合にはコレ

ユニクロ

インナー

ヒートテックは雪山でも十分使えます。

に投稿

ガンプラを買いましょう!

お店に行く前におさらい

こんにちは、ソラパパです。
前回の記事から、子供と作るガンプラの準備について語ってきましたが、今回は実際にガンプラをお店やネットで選んで買うところを紹介していければと思います。

ここまでのおさらいをします!

  • お子様と一緒にガンプラを楽しむために、ガンプラ買うには、最初は「HGシリーズ」が良い
  • ガンプラ制作に当たって必要最低限の準備として「接着剤」「ニッパー」「ヤスリ」を買いましょう

詳しくは、前回の記事を読んでいただくと詳細が分かります。合わせてお読みください。

前回の記事:ガンプラを買う前に

「HGシリーズ」の種類

ガンプラの中でもモビルスーツの種類が一番多いと言われる「HGシリーズ」。約200種類のラインナップがあります。そんな中で。どれを選んで良いのかわからない…と悩んでいる方へオススメのガンプラ を紹介していきます。

まずはコレだ!初心者向けガンプラ

迷わず買えよ、買えばわかるさ!…と言いたいところですが、ガンダムのアニメすら見てない人は、迷うどころか何を選んで良いのか全くわからないと思います。とはいえ、初心者なのですからいきなり難しいガンプラ買っても面白くもないし、楽しくもありません。まずは簡単に組み立てられて完成させること、つまり「達成感を味わえる」プラモデルから選んでいきましょう。

ソラパパがオススメするガンプラ

ガンプラ組み立てるのですから主人公の「ガンダム」を選択する方は、もちろん多いと思います。ただ初心者が選ぶという視点からいうと「当日購入、当日完成」というポリシーが良いと思うので、いくつか選んでみましたので以下参考にしてください。

  • HGUC 機動戦士ガンダム RX-78-2 ガンダム
  • HGUC 機動戦士ガンダム MSM-07S シャア・アズナブル専用ズゴック
  • HGUC 機動戦士ガンダム RGM-79 ジム
  • HGFC 機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY MS06F-2 ザクⅡF2型

個人的にはズゴックをオススメします。モビルスーツとしては独特なデザインである大きな爪が子供達に人気があります。

お子様とガンプラを選ぶときに気をつけたいこと

ガンプラを店頭で選ぶ時に、ご両親の興味関心はできるだけ抑えてください。簡単に組み立てられるプラモデルの中から、お子様に興味あるモビルスーツを選んでもらって、その理由を聴きながら購入することをオススメします。「かっこいいから」「強そうだから」「綺麗だから」理由はなんでも構いません。

なぜ理由を聞くのかというと、お子様はまだ「集中力」が十分に養われていないので、制作中に飽きてしまうことは多くあると思います。その時に「このモビルスーツはなんで欲しかったんだっけ?」と本人に再確認してください。これを繰り返すことで本人に最後までやりきる制作意欲を持続させることができて、集中力も無理なく高められます。

ソラパパがオススメするショップ

最近は昔と違って、街の玩具屋さんがメッキリ減りました。そのため少し前まではガンプラを売ってるところを探すのも一苦労でした。しかし最近ではワールドカップも開催され、お台場にもプロショップができて盛り上がっているガンプラは、家電量販店でも取り扱うようになりました。

そこでソラパパが一番にオススメしたいのは「ヨドバシカメラ」です。店舗で購入してもいいし、ネットショップで購入して配送も無料でしてくれるので、よく使っています。ポイントも入りますしね。

「ヨドバシカメラ」は家電量販店の中でも、一番ガンプラにこだわりがあります。その証拠にガンプラだけでなく、工具のラインナップもメーカー問わず、かなりの品揃えで充実しています。もちろん比較される小売店は「Amazon」になるわけですが、稀にAmazonより安い場合がありますし、何しろポイント還元があり、購入後の配達もめっちゃ速いのも選択する理由の一つですね。

次回は、ガンプラが届いてから実際に制作に入っていきます!

に投稿

ガンプラを買う前に

店頭に行く前に

こんにちは、ソラパパです。
今日はガンプラを実際にお子様と買いに行く前に、知っておきたいことから始めていきましょう!

少しの専門用語を覚えてから買いに行った方が理解が広がりますので、店頭で迷わないためにも、少しづつ覚えていけると良いと思います。

ロボットではなくモビルスーツ

ガンダムの世界ではアニメにでてくるロボットのことを「モビルスーツ」と呼びます。
その他「モビルアーマー」と呼ぶ部類もありますが、まずは「ロボットと言わずにモビルスーツ」ということだけ頭に入れておきましょう。つまり「ガンダム」は「モビルスーツ」ということになるわけです。

これを覚えなくても困ることはないのですが、ガンプラという世界ではロボットと呼ぶものは全く無いので、世界観に少しでも触れるために覚えておきましょう!

なお、店頭で悩んでた場合「ガンダム以外のロボット無いのかなー?」なんて言うのではなく、「ガンダム以外のモビルスーツ無いのかなー?」が正解です♬

「スケール」って何?

スケールとは大きさを指す言葉です。
実際に30〜40mくらいのモビルスーツがこの世の中に存在していた場合、そのロボットの大きさを1/1(1分の1)とします。それを基準として、例えば「1/144スケール」とした場合は、そのモビルスーツの大きさに対し144分の1の大きさということになります。

ガンプラの種類について

ガンプラには種類があります。ざっくり説明すると小さいのから、大きいサイズまでラインナップされていて「シリーズ」によって区分されています。もちろん大きさによってパーツや素材の数が変わってきますので、スケールが大きくなればなるほど、組み立ての難易度や価格が高くなる傾向があります。

HGシリーズ ハイグレード、1/144スケール
RGシリーズ リアルグレード、1/144スケール
RE/100シリーズ リボーンワンハンドレッド、1/100スケール
MGシリーズ マスターグレード、1/100スケール
PGシリーズ パーフェクトグレード、1/60スケール
MEGAサイズモデル メガサイズモデル、1/48スケール

実際の大きさは以下の写真を参考にしてください。
iphone7(画面左、高さ138.3mm、幅67.1mm)
HGシリーズ(画面中央、1/144スケール)
RE/100(画面右、1/100スケール)

最初に買うのはHGシリーズ

お子様と一緒に組み立てるのであれば、ソラパパは迷わず「HGシリーズ」を、皆さんにおすすめします!

HG以外のシリーズだと、組み立てるためのパーツが多くなるので、お子様が途中で飽きてしまいます。また価格も高くなりますので、失敗してしまったら大変ですね。最初から大きいサイズを作ってみたい!という気持ちはわかりますが、お子様はどちらかというと、組み立て工程より完成品で遊びたい!って思いの方が強いので、少しづつ「組み立て」に興味を持ってもらって難易度を上げていくのがコツです。

制作に必要な道具を揃えましょう!

プラモデルを作る上で必要な材料や工具があります。100円ショップで買えるものもあれば、超高級なものまでありますので、ご自身の予算に合わせて購入することをお勧めします。

プラモデルに使う「接着剤」ってなに?

ガンプラを制作する際に、誰もが想像するのが「接着剤」という材料です。一般的に「タミヤセメント」(タミヤ)、「Mr.セメント」(クレオス)など「接着剤」と呼ばれて販売されている材料ですが、プラモデル本体、つまり「ポリスチレン素材」を組み合わせる際に接着させるために利用します。

いまのガンプラは接着剤がいらないので、綺麗に作ってあげたい、外れないように接着してあげたい場合のみ購入を検討してくれればOKです。これは高額ではないので、1つ手元に持っておいても良いかもしれませんね。

「接着」という言葉から、組み合わせたい部分に接着剤を塗って、プラモ同士互いに接着させると液体と想像しますが、実は「接着剤」は塗った部分の「ポリスチレン素材」を溶かして接着させるものなんです。つまり「溶接」しているわけです。

お子様とプラモデルを楽しむ際には、パパが接着剤をつける役割、お子様が説明書を見ながら、組み立てる役割と、役割分担して工作すると効率よく作業が進められオススメです。

どんな「ニッパー」買えば良いの?

ガンプラは「ランナー」と呼ばれる枠のプラスチックに「ゲート」と呼ばれる枝パーツに本体がくっついており、この「ゲート」から切り離して番号通りに組み立てます。そのゲートから本体のパーツを「バリ」が出ないように綺麗に切り離すためには「ニッパー」が必要です。全て組み上がった時に、お子様が遊んでいるときに怪我をさせないためにも、綺麗に「ゲート」を切り取っておいたほうが安全です。これを「ゲート処理」と言います。必ず購入しておきましょう!

「ニッパー」は100円ショップでも販売されていますが、あまりオススメはできません。Amazonやヨドバシカメラのオンラインショップでご購入いただく方が良いと思います。選び方としては、薄刃であるほど「ゲート処理」が綺麗にできますが、高額になってきます。ただバリが取れれば良いということであれば、1000円くらいのニッパーなら問題ないと思います。メーカーによって、握る部分の形が異なるので、ご自身が握りやすいと思ったニッパーを購入するのがオススメです。

「ヤスリ」の種類とオススメ!

最後に必要最低限の工具、ヤスリについて確認していきましょう。ヤスリは本来、塗料の下地処理をしたり、ゲート処理したあとさらに綺麗に磨いたり、塗料に光沢を持たせるために活用したり、色々な用途があります。
また、ヤスリといっても様々な種類があって「紙ヤスリ」「コンパウンド」「金属製のヤスリ」と用途によって使い分けられています。

お子様とガンプラを作るので、今回はそんなにこだわらず、最低限の処理だけ、お金もあまりかけず無いようにしたいので、ソラパパがオススメしたいのは、100円ショップの「爪ヤスリ」です。これは使ってみるとわかるのですが、かなり良い商品。サッと1かけでゲート処理した部分が綺麗になります。

次回は実際にガンプラ購入について語っていきたいと思います!
よろしくお願いします!

に投稿

子どもとはじめるガンプラ

ガンプラってなに?

こんにちは、ソラパパです。
最近ワールドカップも開催されて世界中で賑わっているガンプラとお子様の教育について、今日は語っていきたいと思います。

1979年に「機動戦士ガンダム」がアニメ放送され、実際ガンプラはアニメ放送が終わったあとに発売されました。放送終了後に発売したのにも関わらず、あまりの人気に買えない様子がニュースになるなど当時の子供たちに爆発的な人気の商品でした。
しかし、今は老若男女、幅広く楽しめるプラモデルとして楽しまれています。

ソラパパが子供の頃は「接着剤が子供の健康に良くない」などと言われて、親から敬遠されがちでしたが、現在販売されているガンプラは昔と違って、小さなお子様でも楽しめるように改良されたものが販売されています。

ガンプラの過去現在3つの違い

過去
  1. プラモデルを組み合わせる際、必ず接着剤を使う仕様だった。
  2. パーツが色分けされておらず1色のみ、完成しても塗装道具がないとディティールアップが難しかった。
  3. 関節部分も「ポリスチレン素材」だったため、完成させてもなかなか自立させることができなかった。
現在
  1. 接着剤を全く使わない。お子様一人でも安心して楽しめられるようになった。
  2. 塗装道具がなくても、パーツがある程度色分けされているため、初心者でも楽しめるようになった。
  3. 関節部品に「ABS樹脂」が採用されたため自立が可能に。完成させるとポーズを楽しめるようになった。

お子様にガンプラをおすすめしたい理由

最近IT社会が急成長するなか、グローバル人材の育成強化も注目されていて、お子様を英会話教室に通わせたり、塾に通わせているご両親も多くいると思います。もちろん習い事も大事な教育なのですが「体験しながら楽しんで学ぶ」ことも重要だとソラパパは感じています。

ガンプラをお子様におすすめしたい理由が「アルゴリズムの教育」です。

まだパソコン覚えさせるには年齢的に早いかな?というお子様や、プログラミングに至っては、少しの英語能力も必要なので、まだ英語を覚えさせるには早いと感じていたら、まずガンプラでアルゴリズムの体験をされてはいかがでしょうか?

ガンプラは説明書を読み解き、その手順に合わせて手や足、顔を完成させて、1つのロボットを完成させるホビーです。つまり「問題を解くための手順」なので、お子様にアルゴリズムを経験させたり訓練するには格好のホビーなのです。さらに高度になってくると2つ3つの種類の異なるガンプラを組み合わせて、世の中にたった1つのロボットを組み立てる手法があったりと、年齢や難易度によって異なる楽しみ方も用意されています。

ガンプラを通じて、親子で一緒にアルゴリズムを体験し、一緒に楽しみながらお子様が成長してくれれば、一石二鳥ですね!

次回は、ガンプラを買う前に必要な準備からご紹介していきたいと思います。