に投稿

沖縄気分!そら豆のタコライス【簡単レシピ|まゆげごはん】

まゆげ凛々しめの人が作るから、まゆげごはん。
料理歴20年。楽しく美味しく、料理をエンジョイできるような。そんな献立のヒントになれば嬉しいです。

なかなか旅行に行けない日々が続きますが、おうちで旅気分を味わいませんか。今回は旬のそら豆を使って、沖縄のソウルフードタコライスを作ります。 チリパウダーや専用のスパイスを使わずに、家庭にある調味料で手軽に作れるレシピをご紹介します。

材料(2〜3人分)

  • ご飯:2合
  • そら豆:さや入りで250g程度
  • 豚ひき肉:150g
  • 玉ねぎ:1/2個
  • にんにく:1片
  • サニーレタス:4〜5枚
  • トマト:1個
  • ピザ用チーズ:80g
  • 塩:適量
  • コショウ:適量
  • ☆粗挽きコショウ:小1程度
  • ☆カレー粉:小1
  • ☆タバスコ:小1
  • ☆しょうゆ:小2
  • ☆ケチャップ:大2

そら豆の下処理

1.そら豆のさやから豆を取り出す。
2.豆の黒い部分とは反対側に、切込みを入れる。

3.水に対して1〜2%程度の塩(1リットルの水に大さじ1程度)を入れて沸騰させる。
4.そら豆を3分ほど茹でる。
5.ザルなどにあげて粗熱がとれたら皮をむく。

そら豆は茹でる前に切込みを入れておくと簡単にむけます。茹で加減はお好みですが、少し硬めにすると、そら豆と他の具材との食感の違いが楽しめます。

その他野菜の準備

1.玉ねぎ・にんにくは適当な大きさのみじん切りにする。
2.トマトは角切りにして、ザルにあげ余計な水分を切る。
3.サニーレタスはざく切りする。

サニーレタスの芯に近い部分は、やや細く切ると食感にばらつきが出ません。

タコスミートの調理

1.強火で熱したフライパンにひき肉と玉ねぎ・にんにくを入れ、塩コショウして炒める。

フライパンに油をひかなくてもひき肉の油で十分です 。

2.食材がなじんできたら☆の調味料を入れよく炒める。
3.中火にして、水分がある程度なくなるまで炒める。

盛り付け

1.ご飯を皿の中央に盛り、しゃもじなどで平らにする。

お椀に入れてから皿の上で返すと簡単です。

2.レタス、タコスミート、チーズをのせる。

3.トマト、そら豆を彩りよく盛り付ける。

具材を全体にちらしておくと、食べるときに一度ですくいやすいです。

今回は旬のそら豆を使いましたがいんげん豆や枝豆でも合います。
具材を準備し、盛り付けをセルフスタイルで楽しむのも良いですね。具材の量や盛り付けの個性が出て面白いです。

それでは、ごちそうさまゆげ!

に投稿

お酢でさっぱり!山菜とツナの混ぜご飯【簡単レシピ|まゆげごはん】

さっぱり混ぜご飯

まゆげ凛々しめの人が作るから、まゆげごはん。
料理歴20年。「楽しく美味しく食べたいし、楽しく美味しく食べてもらいたい」をモットーに料理を作っています。日々の献立のヒントになれば嬉しいです。

緑鮮やかな季節になりました。お出かけにもベストシーズンですが、残念ながら積極的にはできませんね。今回は山菜とツナを使った混ぜご飯を作ります。おにぎりにして、ベランダやお庭でお出かけ気分で食べてみるのはいかがでしょうか。

材料(2〜3人分)

  • 米:2合
  • 生姜:1片
  • 山菜水煮:90g程度
  • ツナ缶:1個
  • ガリ(生姜の甘酢漬け):30g程度
  • パプリカ:1/4個
  • すりごま:適量
  • ごま油:適量

すし酢

  • ☆リンゴ酢:大さじ4
  • ☆砂糖:大さじ3
  • ☆塩:小さじ1

炊飯

1.生姜の皮を厚めにむきみじん切りにする。皮は適当な大きさに切りお茶パックに入れておく。
2.炊飯器に米と通常より少なめ(2~3mm低い水位)の水を入れる。
3.みじん切りの生姜と、皮を入れたお茶パックをのせて炊飯する。

生姜の皮は栄養豊富で香りが良いですが、やや食感を損ねるためお茶パックに入れて使います。

調理

1.山菜はよく水を切り、大きなものは少し刻んでおく。
2.フライパンにごま油をひき、山菜と油を切ったツナを炒めて水分を少し飛ばし冷ましておく。

3.パプリカ、ガリを大きめのみじん切りにする。

4.すし酢の材料(☆)を容器で混ぜておく。

5.炊きあがった生姜ごはんにすし酢をよく混ぜ、人肌くらいまで冷ます。
6.酢飯に炒めた山菜とツナ・パプリカ・ガリ・すりごまを加えよく混ぜる。

さっぱり混ぜご飯

山菜の緑、ガリのピンク、パプリカの赤と彩りのある混ぜご飯です。生姜とお酢のさっぱりした味わいが、食欲の落ちやすいこれからの季節にぴったりです。より手軽に作る場合、酢飯の素を使えば味の失敗はありません。自分好みの味を探す参考に使うのもいいですね。いろいろな具材でアレンジしてみてください。

それでは、ごちそうさまゆげ!

に投稿

春キャベツと豚肉の重ね蒸し・新玉ねぎソース【レンジで簡単|まゆげごはん】

春キャベツと豚肉の重ね蒸しmv

まゆげ凛々しめの人が作るから、まゆげごはん。
料理歴20年。作るのも食べるのも楽しい、そんな献立のヒントになれば嬉しいです。

すっかり春ですね。環境が変化した方もいらっしゃるかと思います。気温差もあって少し疲れも出てきているかもしれません。今回はレンジで手軽に作れる、春野菜たっぷりのレシピをご紹介します。旬の野菜と豚肉で栄養をとって元気に過ごしましょう。

材料(2人分)

  • 春キャベツ:1/2玉程度
  • アスパラガス:2〜3本
  • 新じゃがいも:1〜2個
  • カラーピーマン:1個
  • 豚バラ肉:200g程度
  • 塩:適量
  • こしょう:適量

ソース

  • 新玉ねぎ:1個
  • りんご:1/2個
  • にんにく(チューブ):5cm 程度
  • 醤油:大さじ2
  • 塩:適量
  • 粗挽きこしょう:適量

ソースの準備

1.新玉ねぎの皮をむき、おろし器等ですりおろす。

新玉ねぎは柔らかいのでおろしにくいです。無理をせず残りはみじん切りにしたり、フードプロセッサーを使ったりしましょう。

2.りんごの皮をざっとむき、すりおろす。
3.1と2に、にんにく・醤油を加え混ぜる。

食材の準備

1.キャベツを軽く洗って、1枚ずつはがす。
2.アスパラガスを一口サイズに切り、茎の硬い部分はピーラーなどですじを入れる。

3.新じゃがいもをしっかり洗い、5〜6mm程度の厚みになるようにくし形切りにする。

新じゃがいもは皮ごと食べられるので、たわしやスポンジでこするように洗って使います。苦手な方はむいてください。

4.カラーピーマンを太めの千切りにする。
5.豚バラは7cm程度に切り分ける。

調理

1.大き目の耐熱皿を用意し、キャベツを敷くように並べる。
2.豚バラ肉を重ね、塩こしょうをする。
3.さらにキャベツを重ねる。
4.新じゃがいも、アスパラを乗せる。

5.豚バラ肉を重ね、塩こしょうをする。
6.さらにキャベツを重ねる。
7.野菜と肉がなくなるまで重ね、一番上はカラーピーマンなどで彩りよく盛る。

8.全体をラップで包み、600Wの電子レンジで8分加熱する。
9.そのまま3分程放置し余熱で火を通す。豚肉に火が通っていればOK。

とても熱くなっているので、ラップを取るときは気をつけてください。

10.作っておいたソースを器に盛り、塩とあらびき胡椒をかけます。

春キャベツと豚肉の重ね蒸し13

特に水を加えなくても野菜そのものの水分で十分に蒸されます。高く重ねてもきちんとラップをすればしんなりするので大丈夫。豚の脂の旨みが全体にいきわたっているはずです。サッパリとしたソースと一緒に味わってください。

それでは、ごちそうさまゆげ!

に投稿

簡単ジェノベーゼソースで!スナップエンドウと鶏肉炒め【まゆげごはん】

スナップエンドウと鶏肉のジェノベーゼソース炒め_MV

まゆげ凛々しめの人が作るから、まゆげごはん。
料理歴20年。日々の暮らしがちょっと楽しくラクになるような、そんな献立のヒントになれば嬉しいです。

桜の開花の便りも届いてすっかり春に向かっています。今回は旬のスナップエンドウと鶏肉を炒め、ジェノベーゼソースで香り豊かに仕上げます。おつまみでお馴染みのバターピーナッツを使ったジェノベーゼソースは、混ぜるだけで簡単に作れます。

材料(2人分)

  • スナップエンドウ:10さや程度
  • にんじん:1/2本
  • じゃがいも:2個
  • にんにくの芽:1/2束
  • 玉ねぎ:小1個
  • 鶏むね肉:1枚(250g程度)
  • 塩:適量
  • こしょう:適量

ソース

  • バジル: 20g (葉20~30枚分) 程度
  • バターピーナッツ:50g
  • にんにく(チューブ):10cm 程度
  • パルメザンチーズ:適量
  • 塩:適量
  • オリーブオイル:30cc

ソースの準備

1.バジルをみじん切りにする。

2.バターピーナッツを袋に入れて延べ棒などで叩き、細かく砕く。

3.容器に1と2、にんにく・パルメザンチーズ・塩・オリーブオイルを入れよく混ぜ合わせる。

フードミキサーを使うとよりなめらかなソースができあがります。その場合はソースの材料をそのまま入れてミキサーにかければOKです。

食材の準備

1.スナップエンドウはかたいスジを取り除く。
2.にんじん・じゃがいもは皮をむいて乱切りに、にんにくの芽は数cmの長さに、玉ねぎはざく切りにする。
3.鶏むね肉は一口大に切る。
4.シリコンスチーマーに 、スナップエンドウ・にんじん・じゃがいもを少量の水と一緒に入れ、600W の 電子レンジで5分間加熱する。

調理

1.フライパンに油をひき、熱したら玉ねぎを炒める。
2.鶏肉をフライパンに加え、鶏肉の油が出てきたらにんにくの芽・スチームした野菜を加えて炒める。
3.油が食材全体に行き渡るように炒め、塩こしょうをする。
4.作っておいたソースを加え、全体に混ざるように炒める。

盛り付け

彩りのバランスを考えて盛り付けましょう。
ソースが残っていたら真ん中にかけます。

スナップエンドウと鶏肉のジェノベーゼソース炒め_完成

スナップエンドウのシャキッとした食感、バジルの豊かな香り、にんじんの彩りも加わり春らしい一品が仕上がりました。じゃがいもも入って食べ応え抜群です。

簡単にできるジェノベーゼソースは、パスタに和えたり魚料理に使ったり活用できます。多めに作っても冷蔵庫で1週間は日持ちします。いろいろな料理で試してお気に入りをみつけてください。

それでは、ごちそうさまゆげ!

に投稿

カリフラワーと車麩のカレー炒め【簡単レシピ|まゆげごはん】

まゆげ凛々しめの人が作るから、まゆげごはん。
料理歴20年。楽しく作って、美味しく食べたい。毎日が楽しめる献立のヒントになれば嬉しいです。

今回は旬の野菜カリフラワーと、車麩を使ったカレー炒めです。最近ではスーパーでもよく見かけるようになった車麩は、旨味をしっかり吸ってくれる上に食べごたえもあります。にんじんといんげんで彩りも加えて春を先取りするような一品を作りましょう。

材料(2人分)

  • カリフラワー:1/2玉
  • 車麩:4個
  • にんじん:1/2本
  • いんげん:1/2パック(7〜8本)
  • 玉ねぎ:1/2個
  • カレー粉:大さじ2
  • オイスターソース:大さじ2
  • 顆粒だし:小さじ1
  • 水:100ml
  • 塩:適量
  • こしょう:適量
  • 白ごま:適量

下準備

1.車麩を容器に入れお湯を注ぎ、フタをして10分ほど待ちます。
2.柔らかくなっているのを確認して、水分を絞ります。

水分を絞ることで調理中に旨味を吸ってくれます。しっかり絞るようにしてください。力を入れてもしっかりしているので崩れることはあまりありません。

3.チューブの生姜を7〜8cm程度・みりん・醤油・砂糖・赤味噌を容器に入れ、よく混ぜます。
4.カリフラワーはほぐすようにひと口大にし、玉ねぎはくし切り、にんじんは短冊切り、いんげんは両端を切り落としひと口大に切っておきます。

調理

1.フライパンに油をひき、熱したら玉ねぎを炒めます。
2.カリフラワー・車麩・にんじんを入れ塩こしょうをして炒めます。
3.水・オイスターソース・顆粒だしを加え煮炒め、弱火にします。
4.水分が少なくなってきたらいんげん・カレー粉を加え、フライパンを振って全体に行き渡らせます。
5.フタをして火を止め、予熱でいんげんが食べごろになるまで待ちます。

色味がきれいに仕上がるのとコリコリ食感を残すためにいんげんは予熱で調理しました。柔らかいのがお好きでしたら、カリフラワーやにんじんと同じタイミングで炒め始めてください。


盛り付け

高さを出すように盛り付けるのがおすすめです。
白ごまをまぶして完成!

車麩を使いましたが、厚揚げでも味を吸って食べごたえがありますね。また、多めに作ってしまったら、お湯を加えてカレールーを溶かしてそばやうどんの上にかけると美味しいです。次の日のお昼ごはんにどうぞ。

それでは、ごちそうさまゆげ!

に投稿

コクうま、生姜がきいた牡蠣の味噌炒め【簡単レシピ|まゆげごはん】

まゆげ凛々しめの人が作るから、まゆげごはん。
料理歴20年。楽しく美味しく、料理をエンジョイできるような。そんな献立のヒントになれば嬉しいです。

昼間の陽射しは 暖かい日もありますが 、まだまだ朝晩は冷えますね。今回は牡蠣を使った 味噌生姜炒めです。あらかじめタレを作っておいて、混ぜ炒めるだけの簡単レシピです。赤味噌を使ってどて煮風に仕上げます。

付け合わせの菜の花の苦味が、味噌味を飽きさせないアクセントになっています。

材料

2人分の材料です。

  • 牡蠣:150g
  • 玉ねぎ:1個
  • 生姜:1片
  • にんにく:1片
  • 九条ネギ(青ねぎ):1束
  • 菜の花:1束
  • 片栗粉:適量
  • 塩:適量
  • 白ごま:適量

タレ

  • 生姜:すりおろし適量 (今回はチューブのものを使用)
  • 赤味噌:大さじ1
  • みりん:大さじ1
  • 醤油:大さじ1/2
  • 砂糖:小さじ1

手順1(下準備)

1.牡蠣を容器に入れ片栗粉・塩をまぶして、軽く混ぜます。
2.なじんだら流水で洗います。
3.1・2を2回ほど繰り返して、水分を切ります。

身をつぶさないように丁寧にあつかってくださいね。

4.玉ねぎをくし切りにします。
5.にんにく・生姜を刻みます。
6.九条ねぎは小口切りにします。
7.菜の花は根元を切って、枝を裂くようにそれぞれをバラバラにしておきます。

手順2(タレの準備)

1. チューブの生姜を7〜8cm程度・みりん・醤油・砂糖・赤味噌を容器に入れ、よく混ぜます。

よく混ざらないようでしたら、水や調理酒を少し入れると混ぜやすいです。

手順3(調理)

1.フライパンに油をひいて熱したら菜の花を並べます。
2.2分程度で表裏を返し焼きます。
3. いったんフライパンから取り分けておきます。

少し焼き目がつくくらいが香ばしくて美味しいですよ。

4.フライパンに油をひいて熱したら玉ねぎ・にんにく・生姜を入れ炒めます。
5.玉ねぎの色がうっすら透明になってきたら牡蠣を玉ねぎに乗せるようにフライパンへ加えます。
6.フライパンに 水を加えフタをし、蒸気で蒸し焼きにします。
7.牡蠣に熱が通ったのを確認したら、手順2で作ったタレ入れます。
8.フライパンを 振りながら 食材とタレをよく和えます。


盛り付け

1.お皿中央よりやや右側に玉ねぎを敷きます。
2.玉ねぎの上に牡蠣を並べて、残り汁をかけます。
3.焼いておいた菜の花を皿の左に添えます。
4.九条ねぎ(青ねぎ)を牡蠣の上にまぶします。
5.全体に白ごまをまぶします。

完成!

生姜炒めといえば醤油で甘辛というイメージですが、今回は 赤味噌を加えることでコクを出しました。 白ごまのかわりに粗挽き黒こしょうを多めにかけると、よりさっぱりとします。

今回は旬の食材ということで牡蠣を使いましたが、豚肉や厚揚げでももちろんおいしいですよ。赤味噌だけではなく、いろんな味噌を使って自分のベスト合わせ味噌を探すのも楽しいかもしれません。

それでは、ごちそうさまゆげ!

に投稿

ねっとりホクホク、里芋と春菊のグラタン【簡単レシピ|まゆげごはん】

まゆげ凛々しめの人が作るから、まゆげごはん。
料理歴20年。「楽しく美味しく食べたいし、楽しく美味しく食べてもらいたい」をモットーに料理を作っています。日々の献立のヒントになれば嬉しいです。

今回は里芋を使ったグラタンのレシピです。グラタンはソースを作るのが大変だと思われがちですが、ホワイトシチューのルーを使って簡単に仕上げます。その他具材も電子レンジで下ごしらえをしたら、チーズを乗せてトースターで焼くだけ。旬の里芋をたくさん食べられるレシピですよ。

材料

2人分の材料です。

  • 里芋:8個程度
  • にんじん:1本
  • 春菊:1/2束
  • ベーコン:2枚
  • ホワイトシチューのルー:2片
  • とろけるチーズ:100g
  • パルメザンチーズ:適量
  • 粗挽きコショウ:適量
  • 塩:適量

手順1(下準備)

1.里芋は泥を落としたら、タテヨコぐるっと一周包丁で切込みを入れます。
2.シリコンスチーマー、または、耐熱皿に入れ600Wのレンジで5分加熱します。
3.里芋の上下を逆さにしたら、さらにレンジで5分加熱します。
4.加熱した里芋をふきんなどで押しつぶすように皮をむきます。

里芋は熱くなっています。やけどに気をつけてください。

5.にんじんは小口切りに、春菊は適当にざく切りにします。
6.にんじん、春菊をシリコンスチーマー、または、耐熱皿に入れ600Wのレンジで3分加熱します。
7.クリームシチューのルーを少量のお湯で溶いておきます。
8.ベーコンを細かい短冊切りにします。

9.作り方7で溶かしたクリームシチューのルーを里芋の容器に流し入れます。
10.里芋をつぶしながらクリームシチューのルーとよく混ぜます。

味見をして物足りないようでしたら、塩コショウを加えてください。

手順2(盛り付けと焼き)

1.味付けをした里芋を耐熱皿に盛ります。
2.にんじん・春菊・ベーコン(半分)をばらつきがないように乗せます。
3.とろけるチーズをまんべんなく乗せます。
4.ベーコンのもう半分を乗せます。
5.パルメザンチーズをふりかけます。

パルメザンチーズは焦げ目をつけるためにふりかけています。
パン粉や砕いたポテトチップでも代用できます。

6.トースターで10分ほど焼きます。
7.焼き上がったら粗挽きコショウをお好みでかけます。

器は熱くなっています。ミトンなどをしてやけどに十分気をつけてください。


完成!

食材を切ってレンジで加熱して、トースターで焼くだけの簡単レシピでした。里芋の独特な食感と、チーズの相性は抜群です。里芋は、粒感を残す「半殺し」にしておく部分と、クリーム状までなめらかにつぶす部分などと数種類作っておくと、ホクホク、モチモチ、なめらかと食感の違いも楽しめます。

里芋だけではなく、いろんなお芋や根菜でもできるレシピです。旬の時期に色々試してみてください。

それでは、ごちそうさまゆげ!

に投稿

胃に優しい、大根とほうれん草のお粥。【簡単レシピ|まゆげごはん】

まゆげ凛々しめの人が作るから、まゆげごはん。
料理歴20年。作るのも食べるのも楽しく、そして、美味しく。そんな献立のヒントになれば嬉しいです。

年は明けて、あっという間に1週間が経ちます。今年のお正月はどのように過ごされたでしょうか。外出を控えた方も多いかと思います。家にずっといると楽しみは食べることになってしまいますね。

今回は疲れた胃に優しいお粥のレシピです。胃腸に良いとされている大根とほうれん草を使ってシンプルだけど食感の違いを楽しむ、そんなお粥を作ります。

材料

2人分の材料です。

  • ほうれん草:2束
  • 大根:1/8本
  • かぼちゃ:1/8個
  • しいたけ:2個
  • 油揚げ:1枚
  • 角餅:2個
  • ご飯:お茶碗1杯
  • 顆粒だし:大さじ1
  • 生姜:15g(今回はチューブのものを使用)
  • 白ごま:適量
  • ごま油:適量
  • 水:500cc

作り方

1.大根・しいたけ・角餅をさいの目切りにします。
2.大根をシリコンスチーマー、または、耐熱皿に入れ600Wのレンジで5分加熱します。
3.ほうれん草をざく切りします。
4.かぼちゃをシリコンスチーマー、または、耐熱皿に入れ600Wのレンジで7分加熱します。
5.加熱したかぼちゃの皮をむいて、さいの目切りにします。

かぼちゃは熱くなっています。やけどには十分注意してください。

6.鍋に、大根・しいたけ・ほうれん草の茎部分・餅・ご飯・水を入れて強火で煮ます。
7.ぐつぐつと煮立ったら、ほうれん草の葉の部分・かぼちゃを入れて火を止めます。
8.油揚げを小口切りにし、アルミホイルに並べてトースターまたはグリルなどで5分程度焼きます。

油揚げは少し焦げ目がついてカリカリになるまで焼いてください。

盛り付け

  • お粥を深皿に盛ります。
  • カリカリになった油揚げを真ん中に盛ります。
  • 白ごまをふりかけ、油揚げに数滴ごま油を垂らします。

完成!

食材を切って煮るだけの簡単レシピでした。「モチモチ」「シャクシャク」「ホクホク」「カリカリ」とさまざまな食感の食材を使って、食感の違いを楽しめるレシピにしてみました。

最後に垂らしたごま油をナンプラーに変えるとアジアンな感じにもなります。パクチーも盛れたらもっと雰囲気が出ますね。白菜や春菊など旬の冬野菜でも、美味しくできます。ぜひ試してみてください。

それでは、ごちそうさまゆげ!

に投稿

白菜と豚バラのもりもりミルフィーユスープ【時短レシピ|まゆげごはん】

まゆげ凛々しめの人が作るから、まゆげごはん。
料理歴20年。日々の暮らしがちょっと楽しく楽になるような、そんな献立のヒントになれば嬉しいです。

気がつけばすっかり年の瀬の雰囲気ですね。師走は何かと慌ただしいものです。今回は、この時期安くて美味しい白菜と豚肉を重ねて食べるスープを作ります。鍋でじっくり煮込むかわりに電子レンジを使う時短レシピです。

材料

2人分の材料です。

  • 白菜:1/8玉
  • ニラ:1/4束
  • パプリカ:50g(今回は冷凍のものを使用)
  • 豚こま切れ肉:250g
  • ☆生姜:10g(今回はチューブのものを使用)
  • ☆コンソメ:1キューブ
  • ☆ナンプラー:大さじ3
  • ☆塩コショウ:適量
  • ☆オイスターソース:大さじ1
  • ☆ごま油:適量
  • お湯:300cc

作り方

1.白菜を大きめのざく切りに、ニラを4〜5cmほどに切ります。
2.シリコンスチーマー、または、耐熱皿に少量の水と白菜を入れ、600Wのレンジで7分間加熱します。

3.フライパンに白菜、豚小間切れ肉、白菜、豚小間切れ肉のように交互に重ねます。

白菜は高温になっています。やけどに気をつけてください。菜箸やトングなどを使ってくださいね。

4.お湯を注ぎ入れ、材料☆を加えフタをして中火で煮ます。
5.ぐつぐつと煮立ったら、ニラとパプリカを入れて弱火にします。
6.豚肉に火が通っているのを確認したら火を止めます。

盛り付け

  • 重なっている白菜と豚肉をそのまま深皿に移します。
  • ニラやパプリカが白菜の上にかかるようにスープをかけます。
  • 仕上げに粗挽き胡椒をかけます。

テーブルで切り分けましょう。断面のミルフィーユ状態を見せるのも一興です。


完成!

先に白菜を電子レンジを使って熱を入れておくことで、煮込む時間を短くする時短レシピでした。

今回はニラとパプリカを使いましたが、春菊の葉を使うのもいいですね。キムチを乗せて、コチュジャンをスープに加えるとピリ辛スープに仕上がります。お好みで試してみてください。

それでは、ごちそうさまゆげ!

に投稿

春菊ときのこの和風キーマカレー丼【簡単レシピ|まゆげごはん】

春菊ときのこのキーマカレーメインビジュアル

まゆげ凛々しめの人が作るから、まゆげごはん。
料理歴20年。楽しく作って、美味しく食べたい。毎日が楽しめる献立のヒントになれば嬉しいです。

本格的に寒くなってきました。冬の野菜は色々ありますが、春菊もその中の一つ。お鍋やおひたしなど大活躍です。ちょっとクセがあってそれが美味しいですよね。今回は春菊ときのこを使った、刻んで炒めるだけの簡単キーマカレーを作ります。

材料

2人分の材料です。

  • 春菊:2束
  • 玉ねぎ:1/2玉
  • しめじ:1株
  • ピーマン:2個
  • にんにく:2〜3片
  • ひき肉:100g
  • 生卵:2個
  • 塩コショウ:適量
  • カレー粉:大さじ2
  • ガラムマサラ:適量(あればでOK)
  • オイスターソース:大さじ1
  • ウスターソース:大さじ2
  • 顆粒だし:小さじ1
  • ごま油:適量
  • ご飯:お茶碗2〜3杯

作り方

1.春菊・玉ねぎ・しめじ・ピーマン・にんにくを細かく切っておきます。
2.フライパンにごま油をひき熱したら、玉ねぎ、にんにくを入れて炒めます。
3.玉ねぎ、にんにくがしんなりしたら、ひき肉を加えてほぐしながら炒めます。
4.春菊の茎の方を加えて炒めます。

春菊ときのこのキーマカレー工程

5.塩コショウ、カレー粉、ガラムマサラ、顆粒だし、オイスターソース、ウスターソースと入れていきます。

ここまでの工程で味のベースを作り、ここから先は火が通りやすい食材なのでベースに混ぜていくだけのイメージです。

6.しめじ・ピーマン・春菊の葉を加えて炒めます。
7.なじむように炒めたら火を止めます。

春菊ときのこのキーマカレー工程

盛り付け

  • 生卵を黄身と白身と分けておきます。

余った白身はカレーと混ぜてしまってもいいですし、サイドメニューとして即席スープの具として使ってもいいですね。

  • 器半分にご飯を盛ります。
  • もう半分に出来上がったキーマカレー盛ります。
  • 卵の黄身を真ん中に乗せます。

卵の黄身を乗せる前にスプーンで具材を少しへこませておくときれいに盛り付けできます。


完成!

春菊ときのこのキーマカレー

細かく刻んで、炒めて完成の簡単レシピです。

春菊のクセが程よいアクセントになっています。アレンジとしては、ひき肉をサバの水煮缶にするのもいいですし、ご飯ではなくうどんにかけて混ぜうどんにしても美味しいですよ。カレー粉やオイスターソースなど、調味料は何回かお試ししてご自分の好みの味を探してみてくださいね。

それでは、ごちそうさまゆげ!

に投稿

シャクシャクトロトロ、大根とかぶのそぼろ煮炒め【時短レシピ|まゆげごはん】

まゆげ凛々しめの人が作るから、まゆげごはん。
料理歴20年。楽しく美味しく、料理をエンジョイできるような。そんな献立のヒントになれば嬉しいです。

季節はだんだん冬に向かっていますね。寒くなってくると煮物が美味しくなります。今回は大根とかぶの2種類の根菜を使います。下茹でを電子レンジで簡単に済ませて、短い時間で作る煮炒めのレシピです。

材料

2人分の材料です。

  • 大根:1/4本
  • 葉付きのかぶ:2株
  • しめじ:1/2株
  • 玉ねぎ:1/2玉
  • ひき肉:100g
  • 生姜:適量
  • 青ネギ:適量
  • めんつゆ:大さじ4
  • 顆粒だし:小さじ1
  • 水:150ml
  • ごま油:適量

作り方

今回は時短レシピです。
レンジで大根とかぶの下茹でをしている間に、他の具材の準備をして煮炒め始め、下茹でが終わったら合流する流れです。

大根とかぶの下茹で

1.大根とかぶは皮をむいていちょう切りにします。

大根は厚めに、かぶは大根に比べて薄めに、それぞれ切ります。大根とかぶは熱の通り方が違い、大根の方が熱が入りにくいです。かぶを薄めにするのは炒め煮る際にかぶに煮崩れてもらうためです。これが今回のポイントの一つ。かぶは煮崩れるとトロトロになって煮物全体にとろみが付きます。

2.耐熱容器に大根とかぶを入れ、大さじ1程度の水をふりかけてラップをしてレンジ600Wで6分加熱します。

煮炒め

1.玉ねぎ・しめじ・青ネギをみじん切りにしておきます。
2.かぶが葉付きだったらきれいな部分を選んでそれもみじん切りにしておきます。
3.生姜は皮をむいて細切りにしておきます。

生姜は決まった形をしているわけではなく、ゴツゴツしているので皮を向くのが大変です。面倒な場合は皮は厚めに切ってしまっても構いません。厚めにむいた皮の方も細かくしてお茶パックに入れて一緒に煮れば無駄になりません。

4.フライパンにごま油をひき、玉ねぎから炒めます。
5.玉ねぎが油になじんだらひき肉を入れ、崩すように炒めます。少し塩こしょうをしておきます。
6.かぶの葉がある場合はここでフライパンに加えます。
7.全体的に水分が出てしんなりしてきた頃にしめじを加えます。

この頃にレンジが鳴りますが、そのままにしておいてください。そうすることでさらに熱が入ります。

8.水・めんつゆ・顆粒だしを入れてよく混ぜ、ひと煮立ちさせます。

仕上げ

1.ひと煮立ちしたら弱火にして、ここで待たせていた大根とかぶをフライパンに加えます。
2.ヘラなどでかぶを潰しながら、かき混ぜます。

パッと見た感じではわかりにくいですが、かぶはちょっと触った程度で崩れるくらいもろくなっています。

3.5分ほど煮炒めます。
4.火を止めて粗熱が取れるまで待ちます。

今回は「時短レシピ」の「煮炒め」なので、長時間煮込むことはしません。シャクシャクの食感を味わっていただきます。
煮物は冷める工程で味が染みていくので、味をたっぷり染み込ませたい場合はゆっくり冷まして食べる直前に温め直してください。

盛り付け

  • 器に盛ります。
  • その上に青ネギをまぶします。

完成!

下ごしらえをレンジでしている間に、別のことをやってしまうという時短レシピでした。

かぶを使わず大根だけの場合は下茹での時に多めに水を入れてお米を数粒いれると本格的な下茹でになります。お米の成分が煮崩れしにくく、味を染みやすくしてくれます。また、大根を使わずかぶだけの場合はレンジでの下茹では1分ほどで大丈夫です。

アレンジとしては、ひき肉を厚揚げや高野豆腐にするのも美味しいです。めんつゆやしめじのエキスを厚揚げや高野豆腐が吸って、ご飯が進んでしまいますね。ご自分のお好きな食材で試してみてください。

それでは、ごちそうさまゆげ!

に投稿

れんこん・しいたけ・厚揚げのナンプラー炒め丼【簡単レシピ|まゆげごはん】

まゆげ凛々しめの人が作るから、まゆげごはん。
料理歴20年。「楽しく美味しく食べたいし、楽しく美味しく食べてもらいたい」をモットーに料理を作っています。日々の献立のヒントになれば嬉しいです。

朝晩の温度は下がって本格的に寒くなってきました。ハロウィーンも終わって、世の中は一気にクリスマスの雰囲気に変わります。年末に向かい始めたという感じですね。忙しくなってくるこの時期に、今回は食材を切って炒めるだけの簡単レシピです。

材料

2人分の材料です。

  • 厚揚げ:1枚(およそ120g)
  • れんこん(冷凍):80g
  • しいたけ:3個(およそ60g)
  • パプリカ:1/2個
  • 玉ねぎ:1/2玉
  • にんにく:2〜3片
  • 塩コショウ:適量
  • ナンプラー:大さじ2
  • 水:大さじ3
  • ご飯:お茶碗2〜3杯

作り方

1.厚揚げ・れんこん・しいたけ・パプリカ・玉ねぎをひと口大に切ります。
2.にんにくを薄切りにします。
3.フライパンに油をひき、中火で玉ねぎとにんにくを炒めていきます。
4.玉ねぎの色が少し透明がかってきたら厚揚げ・れんこん・しいたけを加えて炒めます。
5.ここで一旦、塩コショウをして、全体に行き渡らせます。

ナンプラーを後で入れるので塩は少なめで。食材から水分を出すための塩です。

6.ナンプラーと水を混ぜ、フライパンに回し入れます。ここから少し火を強くします。
7.食材を優しく混ぜる感じで、水分を全体に行き渡らせてください。
8.れんこんが少し柔らかくなったかなというタイミングでパプリカをフライパンに加えます。
9.火を消して、フライパンに蓋をします。

パプリカに火が入りすぎないため、最後にフライパンに加えます。また、温度が下がる過程で食材に味がしみますのでこのまましばらく放置します。

10.パプリカに少し火が通って、しっとりしているのを確認して出来上がり。

盛り付け

  • ご飯を器に盛ります。
  • その上に炒めたものを乗せます。
  • お好みで青のりやごまをふりかけてください。

完成!

食材を切って、炒め煮るだけの簡単レシピです。

ポイントは炒める順番。玉ねぎはしっとりさせたいので先に。良いダシが出て、それ自身も味を吸ってくれる食材は中盤に。あまり火を入れたくないパプリカは最後に。食材の特色を考えて順番を決めると美味しく作れます。

今回はナンプラーでしたが、味噌を使ってもまた違う仕上がりになります。ナンプラーと同じく、お湯や水で溶いてフライパンに加えてください。

それでは、ごちそうさまゆげ!