に投稿

世田谷区岡本の一軒家カフェ「NISHIann cafe(ニシアンカフェ)」

■石臼挽きのそばや、旬の野菜・フルーツをふんだんに使ったメニュー

手打ちそばを中心に、キーマカレー・チキンカレーや季節によって様々な味と彩りを楽しめるスイーツの数々を味わえるニシアンさん。野菜はできるだけ近所の農家さんの旬の野菜を使用しています。コーヒーの豆はエイジングコーヒーのコクテル堂(コクテール堂)から仕入れており、「ニシアン・ブレンド」を楽しみに来られる方もいらっしゃいます。

ニシアン手打ちそば(単品1,150円/ドリンクセット1,400円/ケーキ&ドリンクセット1,850

ご主人のそば打ちは独学で、小麦粉2割そば粉8割の二八そばを提供。そば粉は石臼引きの国産品を「宮本製粉」さんから使う分だけ手配してもらい、北海道や岩手、常陸など、その時期の一番美味しいそば粉を仕入れています。それに合わせるそばつゆは、英代さんの手作り。細かく刻んだ昆布と干ししいたけを水に漬け、温度が上がりすぎないように60~70℃で出汁をとります。その後昆布を取り除いてから鰹節でも出汁をとって、さらにカエシと併せ、そこに半熟卵とサヤインゲン、ナス、シメジと焼きネギを入れて完成です。そばの風味とほっとするつゆの旨味を存分に味わえる、やさしいおそばでした。このほか、「かき揚げそば」や「手打ちざるそば」もありますよ!

野菜たっぷりチキンカレー(単品1,150円/ドリンクセット1,400円/ケーキ&ドリンクセット1,850

インドコミュニティーがある西葛西で本場のスパイスを仕入れて作ったカレーで、スパイスを何度も変えつつ研究して辿り付いた味。ルー・小麦粉は使っておらず、旬の野菜のピューレをふんだんに使って味にやさしい甘さと奥行きを与えています。ライスには押し麦などの雑穀米を使用しており思いの外ボリュームがあるので、お腹の空き具合と相談してオーダーしましょう。添えられているのはラッキョウではなく、酸味の利いたタマネギの漬け物。「NHKの某ガッテン番組」で見かけて試しで作ってみたところとても美味しかったため採用しています。「キーマカレー」や「牛すじカレー」もあり、それ目当てに来られる方もいらっしゃるとか。

オレンジシフォン(単品500円/ドリンクセット950円)

オレンジピールを風味付けに使った、ふわふわしっとり系シフォンケーキ。娘さんのケーキレパートリーは数十種類あり、その季節に合わせたフルーツや素材を用いた「旬の味」を大切にしています。使用するジャムももちろん自家製ですよ!

■店舗データ

【住所】 東京都世田谷区岡本1-6-12
【電話】 03-3708-8516
【営業時間】 11:00~17:00(L.O.)
【定休】 月~金、8月、年末年始(毎年8月は夏季休暇)
【HP】

http://www.nishiann.com/

※ 座席は30席以上。
※ 小さなお子さん大歓迎!
※ テラス席はワンちゃんなどのペット同伴OK。
※ 駐車場は2台あり。

■バスでの行き方

【二子玉川駅から】

①二子玉川駅の改札を出たら、東口から二子玉川ライズ方面へ出る。

②二子玉川ライズのタウンフロントとリバーフロントの間のガレリア(多目的通路)を抜け、バスターミナルへ。
③「4番乗り場」から「玉31、玉32系統」の「成育医療研究センター行き」のバスに乗る。
④バスで15分ほどの「岡本もみじが丘」バス停降車。
⑤西に50mほど歩いた「聖ドミニコ学園」交差点を北東(右)に進む。
⑥坂道を上がると左手に聖ドミニコ学園があるので、その反対側、右手がニシアンカフェさんです。

※本記事の内容は公開時点での情報です。公開後の時間経過により名称や情報等が異なる可能性がございます。
あらかじめご了承ください。