に投稿

秋が旬の秋桜(コスモス)をお家でも長く楽しむコツ

Bonjour!
桜新町の小さな花屋プチタプチ新井です。
忙しい毎日を過ごしている間に、暑い夏が終わり大好きな秋がやってきました。

今年は新型コロナウイルスの影響で新緑を楽しめない時間を過ごしてきました。
秋は感染予防対策をしっかりとり、美しい空気の中、紅葉を楽しみたいなぁと思うこの頃です。

ドライブが大好きな私。
秋の運転で楽しいのは紅葉だけではなく、行く先々で出会う秋桜(コスモス)のある風景です。

高速を降りた後でのあぜ道や、生け垣の無いおうちで見かけるコスモスの美しい立ち姿に、なんて豊かで深い色たちなのだろうと秋を色で感じます。

大抵、単色ではなく そこに広がるのは、様々な色合いを花びらに施したコスモスたち。
豊かな表情の花たちが秋風にそよいでいる風景……。

そんな秋のたたずまいを思い出しながら花屋では 今が絶賛秋の花の出荷ピークとなっております。
ぜひお部屋にコスモスを飾ってみてはいかがでしょうか?

お家でコスモスを長く楽しむコツ

コスモスは一年草ですが、毎年種がこぼれて咲くことが多いです。

コスモスの種類は、おなじみの一重咲のコスモスの他に八重咲もあります。
色もピンクの濃淡から白、黄色や、最近ではオレンジ色もあり色とりどりのコスモスを楽しむことができます。

そんなコスモスを長く楽しむコツは、たくさんついている葉っぱを少し間引くこと。

色が乗っているつぼみ以外は外し、花瓶の水は少なめにセットします。
まだ熟していない青いつぼみは、かわいそうと思わずつまんで外すことが色がついているつぼみを咲かせてあげるコツです。
毎日の水替えと、水替えの度に水についている下の茎を1センチ以上切っていただくと、長く楽しめます。

皆さまもコスモスやお花を飾って、素敵な秋の一日をお過ごしください。

に投稿

百合

プチタプチ コラム「百合」メインビジュアル

ボンジュール!
桜新町の小さな花屋プチタプチ新井です。

梅雨に入り、すっかり夏の入り口。
残念ながら花もちが悪くなる季節となりました。

私のお店では、そろそろギフトで多く好まれるバラは店頭から消えて、向日葵や夏の草花、そして南国の花たちの入荷が始まっています。

そして百合。
百合は暑さにも強く、確実に咲いてくれるのでこの時期大変人気です!
この時期だけではなく一年通してお花屋さんに並びますが、シーズンは6~7月です。

もともと日本の植物の「鬼百合」が海外で品種改良されたのが「カサブランカ」。
大輪で芳香性の高い品種で、日本を代表する花としても人気があります。

プチタプチ コラム「百合」

写真の百合は八重咲き。
近年、咲き方やカラーバリエーションも、とっても豊かになりました。
一本でも絵になる立ち姿は凛としていて惚れ惚れします。
若い人にもぜひ飾ってほしいな。

あと暑い日やジメジメしてる時にはぜひ白い花を!
白は一番明度が高い色なので明るい気分になりますよ。

ぜひお花屋さんで見かけたら購入してみてくださいね。

プチタプチ 白い花集合写真
に投稿

スモークツリー

皆さま、健やかにお過ごしでいらっしゃいますか?
桜新町の小さな花屋プチタプチ新井です。

自粛生活の間に季節が巡り、少し損した気分になっていませんか?
わたしもその一人。

新緑の若葉の黄緑色が広がる風景に出会うことなく、ご近所やバラ園の色とりどりのバラたちが放つ妖艶な香りを楽しむことなく、春が終わっちゃったな。

それでも今を楽しみましょうね!
新型コロナウィルス とうまく付き合う方法を、個々が見つけていきましょう。

さて街を散策して見上げると、もくもくとおおらかに空に広がる雲が!!
そんな「あれってなに?」と思わせてくれるのが、今回ご紹介するスモークツリー。
庭木でも使われますが、たいてい大きく成長してしまうので少し見上げてみないと気が付かないかもしれません。

花屋の店頭では、まさしく今が最盛期!
お店でも、もくもくスモークツリーは大人気。
ドライフラワーになるので、毎年入荷を楽しみにして1年飾ったスモークツリーを新しくしたり、リース作りをしたり、そのまま楽しんだり。
存在感がすごいので、入荷するとあっという間に売れてしまいます!

写真の右側にある、煙っているように見える所は花が咲き終わった花柄です。
種をより遠くに飛ばすために花柄が羽毛状になった状態です。(よくみると一本一本に羽のような産毛があります。)
植物って本当に不思議です。
ぜひ一度スモークツリーを手に取ってみてくださいね!

花柄:咲き終えてもまだ枝や茎に付いている花。

merci!!

に投稿

カーネーション

こんにちは!
桜新町の小さな花屋プチタプチ 新井です。

皆さま、この長い自粛生活も終わりを迎えようとしていますね。
それぞれがいろんな出来事を体験し、内にある自分と戦い、それぞれが思うことがあるかと思います。
私の店も、いろんな山を乗り越えて「withコロナ」という考えで今後どうやって進んでいくか模索中です。
集団での自粛から、個々の考えで行動する「自粛」へ。
皆さまもう少し頑張りましょう!

さて、5月10日は母の日でした。
花業界では1日に集中する「密」を避けるため5月を「母の月」として、母を想う1ヵ月としてキャンペーンをしてきました。
母の日当日ももちろん多くのお客さまに足を運んでいただきましたが、「母の日用です」という注文はまだ入ってきます! ※2020年5月24日現在
こんな時代だからこそ母の深い愛情が身に染みるんですよね。

日本ではカーネーションがそのシンボルとなっています。

私、実は昔はあまり好きな花ではなかったのですが、この10年ぐらい、カーネーションはお店では無くてはならない商品となりました。

カラーバリエーションがすごい!
長持ちする!
一本でも様になる!

とにかく、色のバリエーションが素晴らしい。
人気のくすみ感のあるものから、最近人気急上昇のビビットなものまで、必ず欲しい色があります。

あと、とっても長持ち。
もしあまり持たなかったら、それはそこの花屋さんが前に入荷した少し古いものを売っているのかも。
カーネーションはその店の花の入荷回転を知るにはいい花です。

今まで、あまりときめきなかった真っ赤なカーネーション。
今年はなんだか気持ちが元気になれそうでたくさん仕入れました。
不思議とやっぱりどんな素敵な色より、赤が先に完売。

お客さまと同じ気持ちだったんだなーと思い、嬉しい思い出となりました。

に投稿

ユーカリ

bonjour!
桜新町の小さな花屋、プチタプチ店主の新井です。

なんだかなんだか……落ち着かない日々となりましたね。
近年世間を賑わす話題は、私たちが「ナチュラル」と思っていた自然から猛威を頂戴しているという残念な結果となっています。

ヤダヤダ来ないで!と思っても、言葉が通じる相手ではありません。やはり自己防衛をするしかないのでしょうか……。

自己防衛のひとつに「免疫力を上げる」という方法があります。
これはたくさん笑って、しっかり食べて、質の良い睡眠をとるという、心がけ一つで叶うものでもあります。

そしてもうひとつ、気分を高揚させる!という方法も。
ここにお花がとってもいい役目を果たします。

色の美しいもの、特に香りは気分を上げてくれますね。

わたしもここ1〜2カ月は、なるべく色のはっきりしたもの、香りがあるものを重点的に仕入れをしています。

オリエンタルな香りのバラなど、水揚げ作業中にそっと顔に寄せると……ああ、なんてモチベーションが上がるんだろう!と思っています。

そのなかでも、花屋さんの間でちょっぴり話題になっているものは「ユーカリ」。

ユーカリのエッセンシャルオイルは免疫力を上げてくれるそうです。
エッセンシャルオイルに頼らずとも、ユーカリはまさしく今、どこの花屋さんでも扱っているアイテム。
そしてとっても日持ちが良く、ドライにしても香りが残る品種もあります。

お家でじっとしなければいけない時もあるかと思いますが、外で一息つく機会があったら、ぜひ、ぜひ、お花屋さんまで足を運んでみてください。

あなただけの素敵な一輪に出会えますように。

A bientot !

に投稿

ミモザ

Bonjour !

桜新町の小さな花屋、プチタプチの新井です。

まだまだ寒い日々ですが立春を経て、春の訪れを感じます。
梅も咲いて、桜も蕾の行方を案じる(お花見の日程を考えること!)この頃。

やっぱりこの黄色のたわわは外せません!

ミモザ

ミモザ。

この黄色いふわふわに、この数年、女子達は夢中になっていますね。

おそらく南仏の丘はどこを見回してもこの黄色であふれていることでしょう!
ミモザ祭りというイベントが街ごとに開催されています。一度訪れたいフランスのお祭りのひとつです。

ミモザの出荷は今がピーク。
ミモザがシンボルの国際女性day(3/8)には尊敬する女性にミモザをプレゼントする習慣があります。
元々はイタリアの習慣なのですが、ぜひ日本でも広まりますように。

残念ですがミモザは大変気難しい花で、ふわふわは2~3日で終わって乾燥してしまいます。
ですのでドライフラワーにしてお部屋に飾って楽しんでくださいね。
スワッグを作ったり、リースに仕立てたりするのもおすすめです。

この時期だけの季節の花をぜひ楽しんでくださいね!

A bientot !!!!

に投稿

花のある暮らしを始めよう

Bonjour!

東急田園都市線桜新町にある花屋「fleuriste PETITaPETIT(フルリスト プチタプチ)」の店主、新井順子(あらいじゅんこ)と申します。

花にまつわるアレコレや、お店のある桜新町・駒沢のお話ができればと思っております。
よろしくお願いします!

1月といえば冬の盛り。
朝早く起きて市場に行くときなど、寒い空気がぴりりと肌に突き刺さります。

ただ、市場に着くと、そこは春の花で彩られ、どこの花屋さんも春の花であふれているのです。
チューリップやスイートピー、人気のラナンキュラスなど……。

春の花のベストシーズンはこの1月2月。
4月に入って「チューリップが欲しい」と言われる方が多いのですが、遅いのです!
「ありません……」と丁重に諦めていただきます(笑)

花屋の花の出回りというのは、公園で見かける季節の花より2〜3か月早いのです。
だって、3月になれば買わずとも庭先や公園で咲いていますものねぇ。

そんな春の花でお勧めの球根付きの花。
ムスカリや原種のチューリップ、水仙などなど、ここ数年ブームが続いてますよ。
水耕栽培を気軽に楽しめるし、肩ひじ張らずに器も選べるのがとてもいいと思います。
花のパーツが終わってしまっても、葉っぱと根っこでも楽しめるのはマニアの方!
葉はそのままに土に戻してあげると、運良ければ来年も楽しめます。

ぜひ気軽に楽しんでくださいね。

A bientot merci !!