に投稿

夏を涼しく!でろかる「かき氷」特集2019夏 vol.2

夏真っ盛りのこの季節。
食べたくなるのはかき氷ですよね!
そこで、暑気払いに「かき氷まつり」を開催したいと思います!
あまくてつめたい「涼」を、おたのしみください!

■冬は壺焼き芋、夏はかき氷を提供「壺焼き芋屋Kou」

川崎市宮前区にある「壺焼き芋屋kou」さんは、知る人ぞ知るお店。バス通りに面しているので、バスから見かけて気になって買いにくる方もいらっしゃるとか。こちらでは、冬はあまーいあまーい焼き芋を、夏はあまーいあまーいかき氷を提供しています。かき氷は9月16日(予定)までなので、暑いうちに食べに行っちゃいましょう!

やきいも(500円)

かき氷にかけられているのは、非常に糖度の高い紅はるかやシルクスイートを使った焼き芋のシロップ(ペースト)。その上にカットした壺焼き芋がトッピングされています。こちらのかき氷、ただ単に焼き芋のシロップがかけられているのではありません。特徴的なのは、なんと言っても芋から抽出した芋100%の「芋蜜」。「戦時中は砂糖が入手困難で、代替品としてサツマイモから作った芋蜜を使っていた」という話から、「じゃあウチでも芋から作れるな」と作ってみた自家製です。まだ今年始まったばかりのメニューなので、かき氷全体をこれからもブラッシュアップさせていくそうです。

いちご練乳(550円)

かき氷の上にイチゴシロップをかけて、さらにかき氷をのせた上に再びイチゴシロップを。そしてそのまた上に「凍らせてスライスカットしたイチゴ」をトッピング、イチゴづくしのかき氷になっています。イチゴはシロップにすると香りが飛んでしまうため、冷凍スライスにすることで香りと酸味を引き出しているんです。最後の一口・一滴まで甘く、イチゴの風味を心行くまでたっぷり感じられる非常に密度の高いかき氷でした。

なお、去年までとは違って、少量ではありますが、今年から「壺焼き芋」も一緒に提供しています。高糖度のジャムに引けを取らないほど糖度の高い壺焼き芋を、ぜひご賞味ください!

店舗データ

【住所】 神奈川県川崎市宮前区神木本町1-10-1
【電話番号】 044-866-6249
【営業時間】 11:00~18:00
【定休日】 月~金(土日祝が営業)

■バスでの行き方

に投稿

夏を涼しく!でろかる「かき氷」特集2019夏 vol.1

夏真っ盛りのこの季節。
食べたくなるのはかき氷ですよね!
そこで、暑気払いに「かき氷まつり」を開催したいと思います!
あまくてつめたい「涼」を、おたのしみください!

■かきごーらー垂涎!「fuwariの秘密基地」

6月27日にプレオープンしたばかりの新店「fuwariの秘密基地」さん。実はこちら、キッチンカーとして以前から各地でおいしいかき氷をみなさんに手作りしていたんです。実店舗を設けてまだ一ヶ月なので、いまこのタイミングならばまだ行列も少ないはず。行くならいまですよ!

しそみるく(600円)

漢字だと「紫蘇(シソ)」と言うくらいなので、その紫は鮮やか。シソの風味が爽やかに鼻腔をくすぐります。そんな目に美しい「しそシロップ」は、佳菜子さんのおばあさんが田舎でとても大切に育てたシソを、6~7時間も煮詰めたものなんだとか。そこにあわせる練乳は、もちろん邦雄さんの手作りです。こちらのメニューは当初期間限定品でしたが、お客さんからの要望が大きかったためひとまず現在も提供されています。

すももヨーグルト(800円)

予想以上に鮮やかな赤みが出ていたので、一見メニューにもある「はちみつ練乳いちご」に見えますが、実は「すももヨーグルト」。山梨の農家「ぶどう房さとう」さんから仕入れているスモモは、木熟の大石早生。木に生ったまま完熟させているので収穫の翌日までしかもたず、当日持ってきてもらって当日中に調理しているそうです。そのため酸味は仄か、豊かな甘みを感じるかき氷になっていました。

■店舗データ

【住所】東京都世田谷区玉川台1-12-8 102
【営業時間】※ 営業時間は当日SNSへ投稿されています。
【定休日】移動販売の日は休日/※ SNSに月間予定を掲載されています。
【HP】ブログ
【SNS】TwitterFacebookInstagram

■お店への行き方

■お店の元記事はこちらからどうぞ!