に投稿

プロの目が光る北部市場の仲卸直営!「天秀」

その日仕入れた新鮮な魚を、仲卸直営店が「プロの目」で提供。
企業の食通社長や、世界的に有名な指揮者も足繁く通う。
「天秀」さんは、そんなお店です。

■てんひで? てんしゅう? 「天秀」とは?

「天秀」さんは、昭和57年の4月1日に北部市場3階の食堂街に開店しました。当初は「てんしゅう」という呼び方でしたが、現在の常連さんは「てんひで」と呼ぶそうです。市場内での呼び方も人によって違いますが、どちらの呼び方でもよいとのこと。社長は三代目の池上ひろみさん。オーナーは、北部市場で仲卸を行っている株式会社大進水産社長の千島(ちしま)さんが兼務しています。終始朗らかなトークを展開する千島さんは、18歳の頃に東神奈川本庄の有限会社元初商店で経歴をスタートしました。以降、長年魚を扱う世界で働いている魚のプロ。つまり天秀さんは、仲卸さんが自信を持って料理を提供するお店……ということになります。

■「FNCC機構」の謎に迫る

天秀さんのコンセプトは「一期一会」。店内にも大きく飾られたその言葉は、千島さんの好きな言葉です。国内での全体的な漁獲量が減り海外からのものが80%になって、セリの醍醐味が薄れてしまった今だからこそ、北部市場やお店に来られた人たちとの縁を大切にしたい……という想いが込められています。

そんな想いを持つ千島さんは、人当たりがとても柔らかく遊び心のある方。自ら提唱する「FNCC機構」(FRESH/新鮮で、NEEDS/求められているものを、COST/安く、QUICK/素早く)にて、お客さんに商品を提供するという取り組みを行っています。市場なので新鮮でいいものは間違いなし、安く素早くは企業努力の賜物。「QUICKの頭はCじゃない」というツッコミは聞こえません。このネーミングには、思わずニヤリとしてしまいました。

天秀さんもよしむらさんと同じで朝は早く、千島さんは朝2:30には市場に来て、天秀店舗の開店準備をします。シャッターを開けて電気を点けて空調を入れて冷蔵庫から品物を出した後に、一度鍵をかけて仲卸側の業務を開始……というハードスケジュールをいつもこなしているのです。次は、そういった日々の積み重ねから生み出されたメニューをご紹介します。

次のページでは、仲卸さんが自信を持って提供する料理をご紹介します!

に投稿

佐賀牛などの国産黒毛和牛を市場で味わう「よしむら」

ステーキも、お刺身も、天ぷらも、すべて一度に楽しめる場所。
友人の想いを胸に「よしむら」の名を受け継いだ料理人が、人と人とのつながりを大切にして腕を振るう場所。
「よしむら」さんは、そんなお店です。

続きを読む 佐賀牛などの国産黒毛和牛を市場で味わう「よしむら」
に投稿

海鮮丼の行列店「そば処 さか本」

魚に静かなる情熱を抱いた料理人が営む、三代続く繁盛店。
小さなお子さんから祖父母までが親子三世代で訪れる――
「そば処 さか本」さんは、そんなお店です。

続きを読む 海鮮丼の行列店「そば処 さか本」
に投稿

川崎市宮前区「綾」で修行「純手打ち讃岐うどん 蓮」

本格手打ち讃岐うどんのお店で、親に連れられた「小さな常連さん」が、「いつもの!」と満面の笑顔で注文する。
「純手打ち讃岐うどん 蓮」さんは、そんなお店です。

■「綾」と「蓮」とは?

東名川崎ICや川崎市中央卸売市場のほど近くにある「純手打ち讃岐うどん 蓮」さんは、昼時ともなると手打ちうどんを求めて多くの人が訪れる人気店。この場所は元々「讃岐うどん綾」という人気店があった場所で、「蓮」店主の伊東浩邦(いとうひろくに)さんは、そのお店で修行されていた方なんです。「綾」での修行が終わり、和食のお店へ修行に行っている間に「綾」の親方が店を閉めてしまったため、店舗をほぼ居抜きで引き継ぎました。変えたのは壁紙とのれんと天ぷらのショーケースくらいで、香川県のようなセルフ形式はやめたそう。なお「綾」の閉店が2017年の5月、「蓮」の開店が2年前の2017年9月となっています。

「自分の店になってから離れてしまった綾時代のお客さまもいらっしゃるし、この場所で続けてくれてありがとうと言ってくださる方もいらっしゃいます。和食の修行時代に1年間うどん作りから離れていたので、綾の味を求めて来られた方の中にはがっかりされた方も多かったのではないでしょうか」と伊東さん。期待に応えられていないところはあったと述懐します。しかし、現在「蓮」さんでうどんを食べているお客さんの顔を見ていたところ、みなさん満足そうにうどんを食べていました。

■人の成長を見守る「行きつけの店」になりたい

現在の客層は「綾」時代のお客さんも多く、親方のこだわりが好きだった方々。綾の親方はまだ40代であったため「親方と呼ぶのはやめて」と言われて名前で呼んでいたそうですが、昔からの讃岐うどんを学び修行して、寡黙で口数も少なく「見て学べ」と考えている……これは「親方」ですね。間違いない。

時には5歳くらいの小さな子が「いつもの!」と注文するのだとか。そんな時は「お子さんに食べてもらうのが一番嬉しいです」と伊東さん。子どもは美味しくなければ食べないし、美味しければ1杯でも2杯でも食べる。小さい内から食べてもらって、成長するにつれて何度も来てくれる、そのうちに同級生とか彼女とかと一緒に来てくれたりして、地域でやっていくならそんなお客さんとのつながりややりとりも必要になってくる……と考えています。

店名の由来は、「蓮」に人から人へつながるという意味があり、「信頼できる情報や味としてつながっていってくれたらな」というところから採用。のれんの文字は奥さんの手書きです。そして「蓮(ハス)の花は沼地にキレイな花を咲かせる。どんな場所でもどんな状況でも、キレイな花を咲かせたい」との想いから蓮の花をモチーフに使用しています。今の世の中のものは「お客さん目線」と言いつつもそうなっていないことの方が多い。だからせめてこの場所は、気軽に食べて気軽に帰れる居心地のいい空間にしていきたい……それが今後の課題だと語ってくれました。

次のページでは、極太もまぶしい蓮の手打ちうどんをご紹介します。天ぷらも絶品!

に投稿

川崎ICの上にある一軒家イタリアン「Pizza House mocco」

変わらぬ味と、変わらぬ空間を求めて集う人々。
建物は古くても、「そこにずっとある」という暖かい安心感。
「mocco」さんは、そんなお店です。

続きを読む 川崎ICの上にある一軒家イタリアン「Pizza House mocco」
に投稿

独自調合のスパイスで勝負!「Curry Studio Y’s Kitchen」

本場のスパイスを調合して作る、ストイックなオール独学カレー。
それなのに「唐揚げとご飯!」「とんかつ定食!」という無茶振りオーダーにも対応してしまう。
「Y’s Kitchen」さんは、そんなお店です。

続きを読む 独自調合のスパイスで勝負!「Curry Studio Y’s Kitchen」
に投稿

修行先は有名店! 熟鮮魚(熟成魚)を味わうなら「鮨あらい」

元仲卸の目利きだからこその、新鮮素材。
昔からの慣習も、新しい取り組みも、どちらも大切にして寿司を握る。
「鮨あらい」さんは、そんなお店です。

続きを読む 修行先は有名店! 熟鮮魚(熟成魚)を味わうなら「鮨あらい」
に投稿

アンティークとやすらぎフード「調理室池田」

「お店はお客様が入ってこそ完成する」
「こだわり過ぎない、こだわりの料理を作る」
北部市場にある「調理室池田」さんは、そんな想いがたくさん詰まったお店です。

続きを読む アンティークとやすらぎフード「調理室池田」
に投稿

川崎市民の台所「川崎市中央卸売市場北部市場」

プロの戦場、中央卸売市場。
そこは「普段お目にかかれない掘り出し物」や「一般では買えないものが見つかる」食のワンダーランド――
「川崎市中央卸売市場北部市場」は、そんなスポットです。

続きを読む 川崎市民の台所「川崎市中央卸売市場北部市場」