に投稿

夏を涼しく!でろかる「かき氷」特集2019夏 vol.1

夏真っ盛りのこの季節。
食べたくなるのはかき氷ですよね!
そこで、暑気払いに「かき氷まつり」を開催したいと思います!
あまくてつめたい「涼」を、おたのしみください!

■かきごーらー垂涎!「fuwariの秘密基地」

6月27日にプレオープンしたばかりの新店「fuwariの秘密基地」さん。実はこちら、キッチンカーとして以前から各地でおいしいかき氷をみなさんに手作りしていたんです。実店舗を設けてまだ一ヶ月なので、いまこのタイミングならばまだ行列も少ないはず。行くならいまですよ!

しそみるく(600円)

漢字だと「紫蘇(シソ)」と言うくらいなので、その紫は鮮やか。シソの風味が爽やかに鼻腔をくすぐります。そんな目に美しい「しそシロップ」は、佳菜子さんのおばあさんが田舎でとても大切に育てたシソを、6~7時間も煮詰めたものなんだとか。そこにあわせる練乳は、もちろん邦雄さんの手作りです。こちらのメニューは当初期間限定品でしたが、お客さんからの要望が大きかったためひとまず現在も提供されています。

すももヨーグルト(800円)

予想以上に鮮やかな赤みが出ていたので、一見メニューにもある「はちみつ練乳いちご」に見えますが、実は「すももヨーグルト」。山梨の農家「ぶどう房さとう」さんから仕入れているスモモは、木熟の大石早生。木に生ったまま完熟させているので収穫の翌日までしかもたず、当日持ってきてもらって当日中に調理しているそうです。そのため酸味は仄か、豊かな甘みを感じるかき氷になっていました。

■店舗データ

【住所】東京都世田谷区玉川台1-12-8 102
【営業時間】※ 営業時間は当日SNSへ投稿されています。
【定休日】移動販売の日は休日/※ SNSに月間予定を掲載されています。
【HP】ブログ
【SNS】TwitterFacebookInstagram

■お店への行き方

■お店の元記事はこちらからどうぞ!

に投稿

キッチンカーのかき氷店が用賀で実店舗をオープン「fuwariの秘密基地」

作る人と考える人が、ふわふわのかき氷を手作り。
子どもたちもお小遣いを握りしめて、「旬の味覚」をシェアする。
「fuwariの秘密基地」さんはそんなお店です。

■用賀に現れた「fuwariの秘密基地」

柴田邦雄さん・佳菜子さんのご夫婦で営む、いま用賀で話題のかき氷のお店「fuwariの秘密基地」。フィンランドを旅行していた二人の何気ない会話から、「作ること、話すこと、かき氷が好きということ」といろいろ考えて、2017年に「fuwari」としてキッチンカーでの移動販売をスタートしました。そして2019年6月に誕生したのが「fuwariの秘密基地」。「ネギを入れたスーパーの袋を持っているお客さんがくる店っていいね」というお二人の発想で買い物帰りのご近所さんが気軽に立ち寄るお店を思い浮かべ 、実店舗を用賀にオープンしたそうです。

■用賀の住宅地にあるかき氷屋さんは、本当に秘密基地でした

気付かずに一度本当に通り過ぎてしまったほど「秘密基地」なお店は、開店前から「小さな子どもも一緒に楽しめるお店にしたい」という想いがあり、メインの席は赤ちゃんがコロンと横になれるように、横に長いシート状の客席にしたそう。そして「ひとり一杯注文しなければならない」という制限を設けず複数人でのシェアOKと誰にでも気軽に来てもらえるようにしているので、小学生がお小遣いを握りしめてかき氷をシェアすることも。

また、もともとアパレル関係の仕事をしていたお二人だけに、お客さんの服装や雰囲気を見て器の柄も変えるほどのこだわりよう。かき氷の容器にはスウェーデン製ロールストランドのボウルを、温かいドリンクの器はすべてマリメッコのマグカップで、トレイもスプーンもすべて北欧のものを使っています。

■「つくる」のはかき氷だけじゃない?

メニューの基本は佳菜子さんが考えて、それを邦雄さんが黙々と手作りする……という流れで動いているお二人。邦雄さんは「つくる」ことが大好きで、店内にある装飾も自作。針金で作られた「fuwari」のロゴや、壁に飾られているドライフラワーのスワッグも邦雄さんの手作りです。「本屋さんをやりたかった」という邦雄さんの言葉通り、お店の壁面には作り付けられた本棚が。佳菜子さんいわく「この人(邦雄さん)は女子力が高い」そうで、そのこだわりはとても強く、以前の職場では、仕事が終わって帰宅が23時になっても小籠包を皮から作ってしまうほどなんです。

次のページでは、そんな二人の「手作り」をご紹介します!

に投稿

世田谷区岡本の一軒家カフェ「NISHIann cafe(ニシアンカフェ)」

緑に包まれた憩いの場所で、大切な友達や家族とゆっくり過ごす。
手打ちそばと手作りケーキ、旬の野菜でカレーも楽しめる場所。
「NISHIann cafe(ニシアンカフェ)」さんはそんなお店です。

高級住宅街に佇む「ニシアンカフェ」とは?

「ニシアンカフェ」さんは、世田谷区岡本に店をかまえて18年目。店名の由来は「西田さんの庵」です。ご主人である西田武寛さんの趣味がそば打ちで、娘さんの趣味がケーキ作りであったため「じゃあお店をやってみようか」というスタートでした。(2018年4月からは土日のみの営業となっています)

おひさまと緑と花とお食事を、くつろぎ空間で愉しむ

ニシアンカフェさんで特筆すべきは、岡本という閑静な住宅街にあって、草花と、ペットとの同席OKなオープンテラスを楽しめるところ。開放的でウッディなデザインの店内は落ち着いた配色のくつろぎ空間で、全開口のサッシを開けると庭と室内が一体となり休日のひとときを素敵に彩ってくれるでしょう。取材時はまだ梅雨であいにくの雨でしたが、雲間から陽光が店内やテラス席に降り注ぐと本当にキレイで、うっとりしてしまいました。

■18年間、地元に愛されてきた一軒家カフェ

お客さんは近所の方が中心。遠くへ引っ越しても年に何度か来店される方や、TVや雑誌の紹介で遠方から来られる方もいらっしゃるようです。学生アルバイトさんも近所の方が多く、知り合いの知り合い……という間柄も多いそう。「学校を卒業して、就職していても土日に手伝いに来てくれたり当人の友達や妹が来てくれたりと、気心の知れた子たちが月に1回、2回ほど、お店に入れる時に来てくれます」と奥様の西田英代さん。元スタッフと会えることを楽しみにしているお客さんもいて、「私たちもお客様に声をかけるのが楽しくて、今まで続いています」と声を弾ませます。そして「お腹に入っていた子が、成長して来店してくれるんですよ!」と、とても嬉しそうに目を細めました。

次のページでは、ニシアンさんの人気メニューをご紹介します!

に投稿

二子玉川で国宝と出逢える「静嘉堂文庫美術館」

閑静な住宅街の中にある、緑豊かな丘の上。
世界に3つの国宝・曜変天目と、受け継がれてきた文化に出逢う。
「静嘉堂文庫美術館」さんは、そんなスポットです。

■国宝を収蔵する「静嘉堂文庫美術館」とは?

1992年4月に開館した「静嘉堂文庫美術館」さんは、二子玉川駅からバスで8分ほどの距離にある、丘の上の美術館。敷地内にはほかに専門図書館の「静嘉堂文庫」などの施設があり、緑豊かな空間となっています。静嘉堂文庫美術館に入ると、すぐ右手に売店が。左手には休憩室があります。奥の左手が展示室になっており、奥の右手の階段を降りると地階講堂があって、映像や講演が催されています。こちらは展示内容ごとに変わるため、気になる方はあらかじめハローダイヤルや公式HPで調べてからお出かけするのがよいでしょう。

そもそも「静嘉堂文庫」とは何かというと、三菱の第2代社長・岩﨑彌之助氏とその息子で第4代社長である岩﨑小彌太氏の2人が蒐集した、国宝7件・重要文化財84件を含むおよそ20万冊に及ぶ和漢の古典籍(書籍)と6,500件の東洋古美術品を収蔵するために設立した施設。「静嘉堂」は彌之助氏の堂号(書斎の号)で、中国の古典「詩経」の大雅、既酔編の「籩(へん)豆静嘉」から名付けられました。静嘉堂文庫は神田駿河台から高輪へ、そして明治43年に砧村岡本に作られた彌之助氏の霊廟近くに移設され、貴重な古書や美術品が大空襲の戦火から逃れられたそうです。国宝「俵屋宗達筆 源氏物語関屋・澪標図屏風」や国宝「倭漢朗詠抄 太田切」、尾形光琳作 重要文化財「住之江蒔絵硯箱」などの有名な美術品も数多く収蔵しており、中でも世界に現存する3つの内のひとつ、国宝「曜変天目」は年に数回一般公開されているとても貴重な美術品です。

※ 「静嘉堂文庫美術館」に隣接する「静嘉堂文庫」は「一般開放していない図書館」であり、収蔵図書の閲覧には事前申請が必要です。

■多彩な企画展示(2019年には5回開催)

「静嘉堂文庫美術館」さんには、常設展示がありません。従って、時期ごとの企画展を観ることになります。取材時は重要文化財4振を含む計32振の「日本刀の華 備前刀」の企画展示と、世界に3つしか現存しない国宝「曜変天目」、その中でも最も美しいとも言われる「稲葉天目」の展示が行われていました。この時は偶然にも現存する曜変天目3つがすべて同時期に各地で公開されており、展示を見に来られた方の中には、「関西から観に来た」「ここでコンプリート」という方もちらほら。平日だというのに大変盛況で、曜変天目を観に来る方が大半かと考えていましたが、実際は時期の企画展を目当てに来られる方と半々なんだとか。「日本刀の華 備前刀」では某ゲームのおじいちゃんの声優さんが音声ガイドを務めたとあって、ゲームのプレイヤー(審神者さん)の姿も見られました。

次のページでは、国宝「曜変天目」をご紹介します!

に投稿

ドラえもんも待っている「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」

「幼きあの頃」を思い出した大人が子どもに戻って、1日中楽しめる。
F先生のまんがへの想い、家族への想い、世界中の子どもたちへの想いが垣間見れる。
「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」は、そんなお出かけスポットです。

続きを読む ドラえもんも待っている「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」