に投稿

二子玉川で国宝と出逢える「静嘉堂文庫美術館」

閑静な住宅街の中にある、緑豊かな丘の上。
世界に3つの国宝・曜変天目と、受け継がれてきた文化に出逢う。
「静嘉堂文庫美術館」さんは、そんなスポットです。

■国宝を収蔵する「静嘉堂文庫美術館」とは?

1992年4月に開館した「静嘉堂文庫美術館」さんは、二子玉川駅からバスで8分ほどの距離にある、丘の上の美術館。敷地内にはほかに専門図書館の「静嘉堂文庫」などの施設があり、緑豊かな空間となっています。静嘉堂文庫美術館に入ると、すぐ右手に売店が。左手には休憩室があります。奥の左手が展示室になっており、奥の右手の階段を降りると地階講堂があって、映像や講演が催されています。こちらは展示内容ごとに変わるため、気になる方はあらかじめハローダイヤルや公式HPで調べてからお出かけするのがよいでしょう。

そもそも「静嘉堂文庫」とは何かというと、三菱の第2代社長・岩﨑彌之助氏とその息子で第4代社長である岩﨑小彌太氏の2人が蒐集した、国宝7件・重要文化財84件を含むおよそ20万冊に及ぶ和漢の古典籍(書籍)と6,500件の東洋古美術品を収蔵するために設立した施設。「静嘉堂」は彌之助氏の堂号(書斎の号)で、中国の古典「詩経」の大雅、既酔編の「籩(へん)豆静嘉」から名付けられました。静嘉堂文庫は神田駿河台から高輪へ、そして明治43年に砧村岡本に作られた彌之助氏の霊廟近くに移設され、貴重な古書や美術品が大空襲の戦火から逃れられたそうです。国宝「俵屋宗達筆 源氏物語関屋・澪標図屏風」や国宝「倭漢朗詠抄 太田切」、尾形光琳作 重要文化財「住之江蒔絵硯箱」などの有名な美術品も数多く収蔵しており、中でも世界に現存する3つの内のひとつ、国宝「曜変天目」は年に数回一般公開されているとても貴重な美術品です。

※ 「静嘉堂文庫美術館」に隣接する「静嘉堂文庫」は「一般開放していない図書館」であり、収蔵図書の閲覧には事前申請が必要です。

■多彩な企画展示(2019年には5回開催)

「静嘉堂文庫美術館」さんには、常設展示がありません。従って、時期ごとの企画展を観ることになります。取材時は重要文化財4振を含む計32振の「日本刀の華 備前刀」の企画展示と、世界に3つしか現存しない国宝「曜変天目」、その中でも最も美しいとも言われる「稲葉天目」の展示が行われていました。この時は偶然にも現存する曜変天目3つがすべて同時期に各地で公開されており、展示を見に来られた方の中には、「関西から観に来た」「ここでコンプリート」という方もちらほら。平日だというのに大変盛況で、曜変天目を観に来る方が大半かと考えていましたが、実際は時期の企画展を目当てに来られる方と半々なんだとか。「日本刀の華 備前刀」では某ゲームのおじいちゃんの声優さんが音声ガイドを務めたとあって、ゲームのプレイヤー(審神者さん)の姿も見られました。

次のページでは、国宝「曜変天目」をご紹介します!

に投稿

宮前平駅発! 早起き市場メシと和洋太麺を堪能♫

本日の「たび」プラン
7:59に宮前平駅から出るバスに乗って、目指すは川崎市北部市場。朝ごはんの市場メシに舌鼓を打ちつつ、市場の雰囲気も楽しむ旅をご提案。
お昼には、バスで数分の距離にある手打ち讃岐うどんや太麺ナポリタンを堪能しつつ、自家製コーヒーゼリーの上に咲いたバラの花アイスを味わいましょう!

続きを読む 宮前平駅発! 早起き市場メシと和洋太麺を堪能♫