に投稿

世田谷区岡本の一軒家カフェ「NISHIann cafe(ニシアンカフェ)」

緑に包まれた憩いの場所で、大切な友達や家族とゆっくり過ごす。
手打ちそばと手作りケーキ、旬の野菜でカレーも楽しめる場所。
「NISHIann cafe(ニシアンカフェ)」さんはそんなお店です。

高級住宅街に佇む「ニシアンカフェ」とは?

「ニシアンカフェ」さんは、世田谷区岡本に店をかまえて18年目。店名の由来は「西田さんの庵」です。ご主人である西田武寛さんの趣味がそば打ちで、娘さんの趣味がケーキ作りであったため「じゃあお店をやってみようか」というスタートでした。(2018年4月からは土日のみの営業となっています)

おひさまと緑と花とお食事を、くつろぎ空間で愉しむ

ニシアンカフェさんで特筆すべきは、岡本という閑静な住宅街にあって、草花と、ペットとの同席OKなオープンテラスを楽しめるところ。開放的でウッディなデザインの店内は落ち着いた配色のくつろぎ空間で、全開口のサッシを開けると庭と室内が一体となり休日のひとときを素敵に彩ってくれるでしょう。取材時はまだ梅雨であいにくの雨でしたが、雲間から陽光が店内やテラス席に降り注ぐと本当にキレイで、うっとりしてしまいました。

■18年間、地元に愛されてきた一軒家カフェ

お客さんは近所の方が中心。遠くへ引っ越しても年に何度か来店される方や、TVや雑誌の紹介で遠方から来られる方もいらっしゃるようです。学生アルバイトさんも近所の方が多く、知り合いの知り合い……という間柄も多いそう。「学校を卒業して、就職していても土日に手伝いに来てくれたり当人の友達や妹が来てくれたりと、気心の知れた子たちが月に1回、2回ほど、お店に入れる時に来てくれます」と奥様の西田英代さん。元スタッフと会えることを楽しみにしているお客さんもいて、「私たちもお客様に声をかけるのが楽しくて、今まで続いています」と声を弾ませます。そして「お腹に入っていた子が、成長して来店してくれるんですよ!」と、とても嬉しそうに目を細めました。

次のページでは、ニシアンさんの人気メニューをご紹介します!

に投稿

自家焙煎コーヒーと本格インドカレーを奥梶で「シモト珈琲&インディアンレストラン」

コーヒーを楽しむ人、カレーを楽しみに待つ母娘、人とのふれ合いを楽しむ店主。
いろんな「楽しみ方」の見つかる居場所が、奥梶に。
「シモト珈琲&インディアンレストラン」さんは、そんなお店です。

■2つの店が合体した「シモト珈琲&インディアンレストラン」とは?

梶が谷駅からバスで10分程度のところに、「奥梶」と名付けられた地域があります。そこにはいくつかの飲食店が並んでおり、当サイトでもご紹介している「米倉商店」さんもその一つ。そして、2017年の3月にオープンした「シモト珈琲」さんもその中核をなすお店です。

店主の大森さん(46歳)は、大学を卒業後寿司職人として働き、チェーン店のカフェで店長を勤めたあとに、中央林間にある「珈琲新鮮館」さんで働いていました。ある時「自宅でも焙煎できる」ということを知り、独立を志します。田園都市線沿線で貸店舗を探していましたが、珈琲新鮮館さんから安く譲ってもらった「20年間使ったものと同型の大きな焙煎機」を搬入するため入口を解体せねばならず、今の貸店舗だけが許可してくれたのです。この焙煎機は圧力計や温度計程度しかついていませんでしたが、焙煎する際の「音・色・匂い」を学ぶための大きな教えとなったそうです。

■コーヒーと寿司とカレー!?「シモト珈琲&インディアンレストラン」誕生について

2019年5月30日からは、インド人シェフ「HIM SINNEGIさん」(37歳)と一緒にお店を開始。店名も改めました。実はこの方「インディアンハウス」として近所でお店を営業しており、同店の「ナンピザ」をシモト珈琲さんでも扱っていたそう。前の場所を退去することになって「一緒にやりたい」と相談を受けた大森さんは当初断っていたそうですが、物件探しや書類作成などを手伝っているうちに、共同運営を受諾。この長い店名が生まれたのです。

次のページでは、お店の人気メニューをご紹介!

に投稿

餃子とカレーの薫り漂うあざみ野「TAZ Cafe」

あざみ野は東急田園都市線の急行停車駅で、渋谷からは急行で約21分。また横浜市営地下鉄の始発駅でもあり、横浜への交通の便も良いことからファミリー層を中心とした人気エリアに。緑が多い街並みで、あざみ野からたまプラーザ駅へと続くけやき並木や、カリタス女子短期大学横のさくら並木、”相田みつを心の散歩道”など、思わず歩調もゆるみます。

また「あざみ野ガーデンズ」は、ゴルフ練習場やフットサルなどのスポーツ施設と、18のショップやレストランが揃い、スポーツも食事もショッピングも楽しめるスポット。そんなあざみ野から、でろかる編集部がおすすめするとっておきのお店をご紹介します!

仕事終わり、帰宅前にホッと一息。
地元愛にあふれた、居酒屋ならぬ“居酒フェ”
あざみ野「TAZ Cafe」

「オリジナルカレーがとにかく絶品!」という情報を頼りに訪れたのは、あざみ野駅から県道13号線を北に15分ほど歩いた場所にある「TAZ Cafe(タズカフェ)」。通路を挟んでいくつもの店が両サイドに並ぶビルの右奥にあり、ややディープな印象に取材陣一同ドキドキ。しかし、その不安は瞬時に払拭。オーナーの小園江泰三(おそのえたいぞう)さんが、元気な「いらっしゃいませ」とにこやかな笑顔で迎えてくれます。
1歳の頃からあざみ野で育ってきた生粋の地元民である小園江さんですが、以前は都内で暮らし、働いていたこともあったそう。「若さもあり、のどか過ぎる田園都市エリアから離れてみたかったんでしょうね」と苦笑い。

そんな小園江さん、今では地元を愛し、また愛される存在に。秘密はメニューにありました。

「何屋さんをやる、ということは掲げず、僕の大好きなカレーと餃子を出したいと漠然と考えていました。そのうち、僕の好物とお客さまの好物がどんどん増えていった感じですね。だからメニューも和から洋までさまざま。そして、せっかく地元でお店をやるのだから、地元の食材を使いたいと思いました。肉質と良質な脂が絶妙な横浜の名産“はまポーク”を使った“はまポーク餃子”は、くどさがなく、何個でも食べられると一気に評判に。このほか“パクチー納豆奴”のパクチーなどの野菜も、なるべく地元産を使用。豊かな香りとしっかりとした濃い味が特徴です。そして、より自らの味を提供したいと思い、はまポークやチーズは僕自身でスモークしているんです。よくある居酒屋メニューも、こだわりひとつで個性的に。お客さんからもとても喜ばれ、どれも自然と人気メニューになりました!」

カウンター正面に掲げられたメニューを見ると、2種類のカレーを発見。“ココナッツカリー”は想像がつくけれど、もうひとつの“スパイス和カリー”が気になります。

「こちらは、スパイスの利いたインドカレーがベースなのですが、そこに味噌を加えてみました。これが大成功! 麹のもつ甘みが際立ち、辛さと口当たりがまろやかになったんです。煮込んでトロトロになった鶏肉も好評で、カレー目当てに訪れる人も確かに多いですね。ウワサを聞きつけて、電車を乗り継いで来店される方もいらっしゃいます」

こだわりの料理が堪能できる店内はというと、すし屋を彷彿とさせる大木一枚板のカウンターと、大きなテーブルを2台ほど置けるゆったりとした小上がりスペースが。そして、オーナー自ら手がけた内装と、無造作に置かれたギター、キレイにディスプレイされたレコードの数々が、まるで自宅のリビングにいるようなリラックス感を与えてくれます。


「気持ちの良い音楽が流れて、ゆったりと時間を過ごすのって、とっても心地良いですよね。それに旨いメシと旨い酒があればサイコー! ここでお客さま同士の横のつながりも生まれたりして、いい情報交換の場にもなっているようです。このスタイル、どっぷりお酒に浸る居酒屋というより、僕は“いざカフェ”と呼んでいます。これからも地元の方々がホッと一息つけるような存在であり続けたいと思っています。経営者側が言うとおかしく聞こえるかもしれませんが、この店は長居大歓迎です!」

TAZ Cafe

住所:神奈川県横浜市青葉区美しが丘4-27-3 めぐみビル1F 南1号
電話:045-500-9605
営業時間:平日/18:00~24:00、土・日曜、祝日/15:00~24:00
定休日:月曜
専用駐車場あり
※ タクシーでご来店の場合、レシートのご提示で代金より500円引きいたします。(2,500円以上に限ります)
※ イベントの詳細および営業時間、営業日等の変更は、フェイスブックでご確認ください。

編集後記
あざみ野を撮影していて感じたのは、大きな木がとても多いということ。街なかを流れる早渕川も、梅雨の晴れ間に映えて存在感を醸し出していました。こうして街を歩くのも、なかなかいいものですね。

※ 2017年7月1日当時の情報です。お出かけの際には、お店のホームページなどをご確認ください。

に投稿

独自調合のスパイスで勝負!「Curry Studio Y’s Kitchen」

本場のスパイスを調合して作る、ストイックなオール独学カレー。
それなのに「唐揚げとご飯!」「とんかつ定食!」という無茶振りオーダーにも対応してしまう。
「Y’s Kitchen」さんは、そんなお店です。

続きを読む 独自調合のスパイスで勝負!「Curry Studio Y’s Kitchen」