に投稿

2品の和菓子を洗足池・長原の銘菓に「wagashi asobi」

洗足池駅の改札を出ると、目の前には都内屈指の広さを有する洗足池が水を湛えています。池の周囲は桜やあじさいをはじめとしたお花見スポットでもあり、地元の方の憩いの場所になっているようです。
また勝海舟夫妻の墓、西郷隆盛留魂碑、源頼朝の愛馬の像などもあり、歴史の深さも感じられます。
長原駅前の商店街は、アットホームながらも存在感のあるお店が軒を並べています。その中から新感覚の和菓子店をご紹介!

自由な発想で丁寧に作り出される
2品の和菓子が話題!
長原「wagashi asobi」

今回ご紹介するのは長原駅から徒歩1分、「wagashi asobi」。2人の和菓子職人、稲葉基大さんと浅野理生さんによる和菓子店です。商店街をちょっとはずれた小さな洋風の一軒家がアトリエ兼店舗。店頭にはらくがんの木型が並べられ、商品が並んでいる台はアンティークのミシン…、和菓子店とはイメージの違うヨーロッパのかわいい雑貨店のような雰囲気です。「元々ここは僕がよく来ていたカフェで、オーナーがお店をたたむと聞いて、この大好きなスペースを残したい!と思って、この場所を引き継ぐことにしました」
お店に置く商品は2人のそれぞれの自信作「ハーブのらくがん」と「ドライフルーツの羊羹」の2品だけ。「僕が羊羹、浅野がらくがん、とイメージされることが多いのですが、実際は逆です。らくがんにハーブを入れることを思いついたのは、僕が老舗和菓子店のN.Y.支店で修行をしていた時です。グリルドチキンに添えられているローズマリーがとても美味しくて、和菓子に取り入れられないかと、草もちにしてみたり、羊羹にしてみたりした中で、一番美味しくできたのがらくがんでした」その後、ハーブ以外にもフルーツや抹茶などバリエーションが増えていき、季節や稲葉さんのアイデアで店頭に並ぶ種類が変わります。「今のおすすめは烏龍茶と梅です。烏龍茶は先日僕が台湾に行って出合った凍頂烏龍茶を取り入れてみました。らくがんに合うおいしい素材に出会ったら、その都度新しい種類が増えていきます」

浅野さんによる「ドライフルーツの羊羹」は、いちじく、くるみとラム酒に漬けたイチゴのドライフルーツ入り。それぞれの素材が浮き出る断面がアート作品のように美しい羊羹です。「パン作りが好きな友人とのイベントで、パンに合う和菓子を、というリクエストから完成したのがこの羊羹です。パンにチーズやクリームを塗って、その上に薄く切った羊羹をのせて食べるイメージです」一口食べるとラム酒の香りと黒砂糖のコクのある甘みが口の中にふわ~と広がります。ワインやシャンパンにも合うので、外国の方にも人気があるとか。 
お店にこの2品しか置かない理由は「地元の銘菓を作りたい」という気持ちから。「以前は百貨店などでも販売していたのですが、今はほんの一部の店舗のみ。遠くまでおみやげを持って行ったのに、ここでも買えるわ、なんて言われたらがっかりしますよね。この土地に住んでいる人が自慢できる手土産として、ずっとかわいがってもらえたらという想いで、この2品に集中しています。おかげさまでドライフルーツの羊羹は、大田区「おおたの逸品」、経済産業省「The Wonder 500™」にも認定されました」

稲葉さんが生まれ育ったのはここ洗足池周辺。抹茶味のらくがんのお茶は、幼馴染のお茶屋さんが手配をしてくれているそうです。商店街や近所には昔からの知り合いが住み、今でも交流があるなど、稲葉さんにとって、とても居心地の良い場所です。
「東急沿線の街は再開発が進んでいるエリアもありますが、このあたりは僕が子どもの頃からほとんど変わっていなくて、昭和の古き良き雰囲気が残っています。先日パリのメディアの取材があって、お店周辺を案内したのですが、ここは東京?と驚いていました。ここは東京というより日本だよ、と返したら納得してましたけど(笑)」
有名ブランドやアーティストとのコラボやイベント参加など、和菓子を介した創作活動も多い2人、wagashi asobiとしての今後の展開を伺うと、
「現状維持です!お店も品数も増やすことなく、時々楽しい企画に参加させてもらいながら、このままこの場所で2つの和菓子を作り続けるのが理想です。和菓子というのは昔から誰かを思いやり、人を喜ばせるおもてなしとして使われてきました。私たちもそんな想いをこめて、和菓子を作り続けていきたいと思います」
変わらぬ味で地元の人に愛される和菓子店。ずっとこのままの雰囲気でこの場所にいてほしい、この土地の住民でなくても思ってしまう、そんな素敵なお店です。

wagashi asobi(ワガシアソビ)

住所:東京都大田区上池台1-31-1-101
電話番号:03-3748-3539
営業時間:10:00~17:00
定休日:不定休
HP:http://wagashi-asobi.com/

編集後記
和と洋がほどよく溶けあったドライフルーツの羊羹は、ワインにも合う絶品! 自宅で、wagashi asobiの稲葉さん、浅野さんの言葉を思い返しながら、じっくりと味わいました。

※ 2018年7月7日当時の情報です。お出かけの際には事前にご確認ください。

に投稿

自然に包まれた芸術の森「川崎市岡本太郎美術館」

岡本太郎の作品に出逢い、触れて、楽しむ。
赤ちゃんも大人も楽しめる、原色多めの彩豊かな空間。
「川崎市岡本太郎美術館」は、そんなお出かけスポットです。

■体感できる美術館「川崎市岡本太郎美術館」とは?

川崎市の緑豊かな生田緑地の中にある川崎市岡本太郎美術館は、太郎さん本人が存命中に川崎市へ自分の作品の多くを寄贈したことに端を発し開館しました。生田緑地を散策しつつ家族みんなで何世代にも渡って楽しめる場所として、近所の方からも親しまれているここは、美術館としては珍しく、一部展示物に触れられる・撮影できるということで「体感できる美術館」と言われているのです。

岡本太郎さんの作品は数多くあり、巨大建造物から実際にお店で使われていたマッチ箱まで多種多彩。みなさんのご家庭にも、グラスや小物などが残っているかもしれません。これだけ個性の強い芸術家でありながらメディアへの露出も多く、かつて「岡本太郎」と言えば「芸術は、爆発だ!」と叫ぶTVCMでお茶の間にもお馴染みでした。なお、企画展は開催されていますが常設展は2019年10月18日まで工事のため休館中なので、最新の情報は岡本太郎美術館のHPをご確認ください。

撮影可能・接触可能な展示物は一部なので、エリア・作品ごとに必ず確認してください。

■エントランスを抜けると、そこは芸術の洞窟

受付のあるエントランスを通り、まずは真紅に染まった「太陽の顔」から。みなさんご存じ「太陽の塔」の正面にあり、「現在」を表現している顔です。まずは最初にここに入って、その威容を拝むことになります。取材時の常設展示には順路がなく、薄暗い迷路のような空間を歩きながら、岡本太郎の作品とばったり出逢う……というコンセプト。それぞれの部屋が多角的につながっているため、展示されている作品も多角的な方向から観覧できる空間になっていました。

入り口近くの一室は、父・一平さんと母・かの子さん、そして太郎さんの3人に彩られた部屋。ここには岡本太郎という人の生きた歴史が刻まれています。壁に開けられた穴の向こうには、太郎作品の写真がずらり。年表もそこに記されており、「対極主義」についても終戦後から提唱したことが分かります。何に影響を受けたか、どんな経験の後にどんな行動を起こしたか、どんな作品を遺したかが分かるので、展示作品を観るための事前準備には最適だと言えるでしょう。この空間には映画『宇宙人東京に現わる』のパイラ人の目のようなものがあり、私たちを見つめていました。

そして、展示室内には「太陽の塔」の1/50サイズの模型もあって、終始ぐるぐる回っています。ここで注目したいのは、太陽の塔の図面と生命の樹の図面が展示されているところ。生命の樹に描かれた精細な動物の絵は必見です。

次のページでは、触れられる展示・パブリックアート・岡本太郎の想いなどをご紹介します!