に投稿

夏を涼しく!でろかる「かき氷」特集2019夏 vol.3

夏真っ盛りのこの季節。
食べたくなるのはかき氷ですよね!
そこで、暑気払いに「かき氷まつり」を開催したいと思います!
あまくてつめたい「涼」を、おたのしみください!

■どらやきとセットにお手頃サイズなかき氷はいかがですか?「米倉商店」

宇治金時(400円)

どらやき屋さんのかき氷。流行りのフワフワ系かき氷ではなく、氷の粒を感じる昔ながらのかき氷です。抹茶部分は、宇治の抹茶を蜜に溶かして作った自家製シロップ。底に敷かれたあんこには、どらやきと同じつぶあんが使われています。「大きすぎると食べきれないし、ちょっと食べたいというニーズを考えた」という小ぶりなサイズは、親子で別々の味を楽しむこともできます。
また、定番の「いちご練乳」に粒あんを入れたものや、地元宮前区産の梅で作ったシロップを使ったかき氷もあるので、こちらもオススメです!

米倉商店さんの店舗データ・お店への行き方は、お店の紹介記事からどうぞ!

■コーヒー店が本気で作ったコーヒーシロップ「シモト珈琲&インディアンレストラン」

カフェオレかき氷(350円)

お店で提供しているアイスコーヒーを、そのままシロップに使ったかき氷。普段のアイスコーヒーより濃く抽出してシロップにしているので、厚みのある風味を楽しめます。特筆すべきは「氷」の部分で、なんと、牛乳を凍らせてかき氷にしているんです。「普通の氷と練乳ではおもしろくないな……」と考えた店主の大森さんのアイディアで、ブドウなどのフルーツ系よりも、この「カフェオレかき氷」の注文の方が多いそう。普通の氷よりも口溶けが滑らかで、小さなお子さまから年輩の方まで人気のかき氷です。

シモト珈琲&インディアンレストランさんの店舗データ・お店への行き方は、お店の紹介記事からどうぞ!

に投稿

夏を涼しく!でろかる「かき氷」特集2019夏 vol.2

夏真っ盛りのこの季節。
食べたくなるのはかき氷ですよね!
そこで、暑気払いに「かき氷まつり」を開催したいと思います!
あまくてつめたい「涼」を、おたのしみください!

■冬は壺焼き芋、夏はかき氷を提供「壺焼き芋屋Kou」

川崎市宮前区にある「壺焼き芋屋kou」さんは、知る人ぞ知るお店。バス通りに面しているので、バスから見かけて気になって買いにくる方もいらっしゃるとか。こちらでは、冬はあまーいあまーい焼き芋を、夏はあまーいあまーいかき氷を提供しています。かき氷は9月16日(予定)までなので、暑いうちに食べに行っちゃいましょう!

やきいも(500円)

かき氷にかけられているのは、非常に糖度の高い紅はるかやシルクスイートを使った焼き芋のシロップ(ペースト)。その上にカットした壺焼き芋がトッピングされています。こちらのかき氷、ただ単に焼き芋のシロップがかけられているのではありません。特徴的なのは、なんと言っても芋から抽出した芋100%の「芋蜜」。「戦時中は砂糖が入手困難で、代替品としてサツマイモから作った芋蜜を使っていた」という話から、「じゃあウチでも芋から作れるな」と作ってみた自家製です。まだ今年始まったばかりのメニューなので、かき氷全体をこれからもブラッシュアップさせていくそうです。

いちご練乳(550円)

かき氷の上にイチゴシロップをかけて、さらにかき氷をのせた上に再びイチゴシロップを。そしてそのまた上に「凍らせてスライスカットしたイチゴ」をトッピング、イチゴづくしのかき氷になっています。イチゴはシロップにすると香りが飛んでしまうため、冷凍スライスにすることで香りと酸味を引き出しているんです。最後の一口・一滴まで甘く、イチゴの風味を心行くまでたっぷり感じられる非常に密度の高いかき氷でした。

なお、去年までとは違って、少量ではありますが、今年から「壺焼き芋」も一緒に提供しています。高糖度のジャムに引けを取らないほど糖度の高い壺焼き芋を、ぜひご賞味ください!

店舗データ

【住所】 神奈川県川崎市宮前区神木本町1-10-1
【電話番号】 044-866-6249
【営業時間】 11:00~18:00
【定休日】 月~金(土日祝が営業)

■バスでの行き方

に投稿

夏を涼しく!でろかる「かき氷」特集2019夏 vol.1

夏真っ盛りのこの季節。
食べたくなるのはかき氷ですよね!
そこで、暑気払いに「かき氷まつり」を開催したいと思います!
あまくてつめたい「涼」を、おたのしみください!

■かきごーらー垂涎!「fuwariの秘密基地」

6月27日にプレオープンしたばかりの新店「fuwariの秘密基地」さん。実はこちら、キッチンカーとして以前から各地でおいしいかき氷をみなさんに手作りしていたんです。実店舗を設けてまだ一ヶ月なので、いまこのタイミングならばまだ行列も少ないはず。行くならいまですよ!

しそみるく(600円)

漢字だと「紫蘇(シソ)」と言うくらいなので、その紫は鮮やか。シソの風味が爽やかに鼻腔をくすぐります。そんな目に美しい「しそシロップ」は、佳菜子さんのおばあさんが田舎でとても大切に育てたシソを、6~7時間も煮詰めたものなんだとか。そこにあわせる練乳は、もちろん邦雄さんの手作りです。こちらのメニューは当初期間限定品でしたが、お客さんからの要望が大きかったためひとまず現在も提供されています。

すももヨーグルト(800円)

予想以上に鮮やかな赤みが出ていたので、一見メニューにもある「はちみつ練乳いちご」に見えますが、実は「すももヨーグルト」。山梨の農家「ぶどう房さとう」さんから仕入れているスモモは、木熟の大石早生。木に生ったまま完熟させているので収穫の翌日までしかもたず、当日持ってきてもらって当日中に調理しているそうです。そのため酸味は仄か、豊かな甘みを感じるかき氷になっていました。

■店舗データ

【住所】東京都世田谷区玉川台1-12-8 102
【営業時間】※ 営業時間は当日SNSへ投稿されています。
【定休日】移動販売の日は休日/※ SNSに月間予定を掲載されています。
【HP】ブログ
【SNS】TwitterFacebookInstagram

■お店への行き方

■お店の元記事はこちらからどうぞ!

に投稿

キッチンカーのかき氷店が用賀で実店舗をオープン「fuwariの秘密基地」

作る人と考える人が、ふわふわのかき氷を手作り。
子どもたちもお小遣いを握りしめて、「旬の味覚」をシェアする。
「fuwariの秘密基地」さんはそんなお店です。

■用賀に現れた「fuwariの秘密基地」

柴田邦雄さん・佳菜子さんのご夫婦で営む、いま用賀で話題のかき氷のお店「fuwariの秘密基地」。フィンランドを旅行していた二人の何気ない会話から、「作ること、話すこと、かき氷が好きということ」といろいろ考えて、2017年に「fuwari」としてキッチンカーでの移動販売をスタートしました。そして2019年6月に誕生したのが「fuwariの秘密基地」。「ネギを入れたスーパーの袋を持っているお客さんがくる店っていいね」というお二人の発想で買い物帰りのご近所さんが気軽に立ち寄るお店を思い浮かべ 、実店舗を用賀にオープンしたそうです。

■用賀の住宅地にあるかき氷屋さんは、本当に秘密基地でした

気付かずに一度本当に通り過ぎてしまったほど「秘密基地」なお店は、開店前から「小さな子どもも一緒に楽しめるお店にしたい」という想いがあり、メインの席は赤ちゃんがコロンと横になれるように、横に長いシート状の客席にしたそう。そして「ひとり一杯注文しなければならない」という制限を設けず複数人でのシェアOKと誰にでも気軽に来てもらえるようにしているので、小学生がお小遣いを握りしめてかき氷をシェアすることも。

また、もともとアパレル関係の仕事をしていたお二人だけに、お客さんの服装や雰囲気を見て器の柄も変えるほどのこだわりよう。かき氷の容器にはスウェーデン製ロールストランドのボウルを、温かいドリンクの器はすべてマリメッコのマグカップで、トレイもスプーンもすべて北欧のものを使っています。

■「つくる」のはかき氷だけじゃない?

メニューの基本は佳菜子さんが考えて、それを邦雄さんが黙々と手作りする……という流れで動いているお二人。邦雄さんは「つくる」ことが大好きで、店内にある装飾も自作。針金で作られた「fuwari」のロゴや、壁に飾られているドライフラワーのスワッグも邦雄さんの手作りです。「本屋さんをやりたかった」という邦雄さんの言葉通り、お店の壁面には作り付けられた本棚が。佳菜子さんいわく「この人(邦雄さん)は女子力が高い」そうで、そのこだわりはとても強く、以前の職場では、仕事が終わって帰宅が23時になっても小籠包を皮から作ってしまうほどなんです。

次のページでは、そんな二人の「手作り」をご紹介します!

に投稿

自家焙煎コーヒーと本格インドカレーを奥梶で「シモト珈琲&インディアンレストラン」

コーヒーを楽しむ人、カレーを楽しみに待つ母娘、人とのふれ合いを楽しむ店主。
いろんな「楽しみ方」の見つかる居場所が、奥梶に。
「シモト珈琲&インディアンレストラン」さんは、そんなお店です。

■2つの店が合体した「シモト珈琲&インディアンレストラン」とは?

梶が谷駅からバスで10分程度のところに、「奥梶」と名付けられた地域があります。そこにはいくつかの飲食店が並んでおり、当サイトでもご紹介している「米倉商店」さんもその一つ。そして、2017年の3月にオープンした「シモト珈琲」さんもその中核をなすお店です。

店主の大森さん(46歳)は、大学を卒業後寿司職人として働き、チェーン店のカフェで店長を勤めたあとに、中央林間にある「珈琲新鮮館」さんで働いていました。ある時「自宅でも焙煎できる」ということを知り、独立を志します。田園都市線沿線で貸店舗を探していましたが、珈琲新鮮館さんから安く譲ってもらった「20年間使ったものと同型の大きな焙煎機」を搬入するため入口を解体せねばならず、今の貸店舗だけが許可してくれたのです。この焙煎機は圧力計や温度計程度しかついていませんでしたが、焙煎する際の「音・色・匂い」を学ぶための大きな教えとなったそうです。

■コーヒーと寿司とカレー!?「シモト珈琲&インディアンレストラン」誕生について

2019年5月30日からは、インド人シェフ「HIM SINNEGIさん」(37歳)と一緒にお店を開始。店名も改めました。実はこの方「インディアンハウス」として近所でお店を営業しており、同店の「ナンピザ」をシモト珈琲さんでも扱っていたそう。前の場所を退去することになって「一緒にやりたい」と相談を受けた大森さんは当初断っていたそうですが、物件探しや書類作成などを手伝っているうちに、共同運営を受諾。この長い店名が生まれたのです。

次のページでは、お店の人気メニューをご紹介!